第8話 おっさんですが何か?

おっさんおっさん言われて普通に傷つくんですけど。まだ二十代なんだからね、アラサーだけど。

もういいよ、おっさんで。おっさんて書けばいいんでしょ、プロフィールに。

なろうの方にも書いてやる。

こんな文章書いている間に、他の小説書く時間がなくなるんです。

今日は、なろうで連載してる、異世界もの八百字しかカケマセンデシタ。

主人公が自分を慕ってくれる女の子を油臭いと思うシーンで終わりました。

速筆になりたいです。

私のこと、酔っ払ってるみたいとか、ブコウスキーか。読んだことないけど。

あ、でも、なろうにはそういう人が結構多いので、影響を受けたのかもしれませんね。カクヨムにはあんまりそういう人見かけないけど、多分潜伏していると思う。

いやー、人から見た自分ってこんなに違うんだ。カクヨムでこれだけ賞賛のレビューがないの珍しいよ。みんな、お世辞言わない。ハラショー。

もっとこう、人生変わりました! とか、彼女ができました! とか、言われたいんだけどね。そういう実用性みたいの皆無だからな、私。社会のお荷物かもしんない。

でもさ、芸術って無駄を科学する学問みたいな側面があってもいいと思う。経済だけではない、抽象的な何かを取り出すこともある。

役に立つかどうかっていうのも、物差しになるのか、疑問だしな。ニュートリノとか重力波ってよくわかんないけど、今すぐ役に立たないよね。

立つよ(迫真)って科学者もいるだろうけど、私はどっちでもいいよ。興味あるのは、本当だし。

おっさんて、肩書きも役に立つ時が来るのかな。

実験してみる?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます