第6話 欲張り

未知のものに憧れを抱く。好奇心。それは人間に与えられた贈り物だとされる。あるいは呪い。

生物の進化は、切羽詰まった状況を打破しようとして生まれたものが多いと聞く。人間が猿に近かった頃、集団のコミュニケーションは毛づくろいによっていたが、それも数が増えると回らなくなり、言葉が生まれたらしい。

果たして今の私の求めるものは、好奇心によるものか、それとも危機的状況を覆すための窮余の求めなのか。判別する術は持っていない。

私にとってはどちらでも構わない。

私は脊椎反射に勝る欲を肯定する。

金が欲しけりゃ欲せ。

女を抱きたきゃ好きなだけ抱け。

求めよ、されば与えられん。

欲の皮が突っ張っているのは、今に始まったことじゃないのだ。

欲に生きて、そして死ね。若人よ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます