八日目(2) 役立たずの魔術師

 天幕の中をそろりと覗く。

玉英ぎょくえい?」

 昨日の朝だ。もう一日経ったのだ。移動していても不思議ではないとわかるのに、いないと知ってがっかりした。

 振り向けば、兵士たちがガヤガヤ駆け回っている。

「おまえも手を貸せ」

 年嵩の男にそう言われ、また自陣営の者だと思われていたのかと笑った。

 ひょこひょこと付いていく。

「何をすればいい? っていうか、状況が分かっていないんだけど」

 問うと舌打ちされた。

「仕方ないだろ! 昨日はこっちに居なかったんだ」

「……今の騒動の原因は曲者だ。森から陣を探っていた三人組がいるという。征雲せいうん様がお戻りになる前に捕まえたいところだが、よりによって征雲様が出かけた方角へ逃走している」

「出かけているの? 森の方って、古い寺院があるって話だよね?」

 指さすと頷かれた。

「何しに行ったの?」

「護衛は連れて行かれたから心配はない。ただ、近寄るなというご命令だというのに……」

 ふうん、と鼻を鳴らすと、早くしろと言われた。

 肩を竦め、駆ける人たちの背を追う。

――森には結界があるっぽいな。でも、もう一回は綻んだっぽい。誰か破ったな。

思誠しせいか」

 また息を吐く。

 どやどや騒ぐ群れの中から抜け出して、茂みを抜けようとすると、肌をビリビリ擦る感触がした。

「ここで内外を分けているのか。まあ、当然、逃げ出さないようにだよね」

 この期に及んで征雲が捕まえておきたい相手。間違いなく桂雅けいがだろう。

「うん…… 何処にいるかな」

 深く長く息を吸い、気配を探る。

 大した魔力を持たない玉英は探しづらい。逆を言えば、征雲や桂雅といった面々は探しやすい。

「四つか。うち二つはくっついている。うーん…… 近いほうの一つにしよっかな!」

 ぐっと背伸びをして、円陣を描く。


 飛び込んで、抜け出して。


 たっと爪先で地面に立つ。

 目が合ったのは、金色と碧で対を成した眸だった。

「桂雅様」

「……おまえか」

 応じたその人の衣はあちらこちらが破れ、ほつれている。腕や頬には細い切り傷。

「何してたんですか」

「歩いていただけだが」

「そうは思えない傷ですけど」

 頬を引き攣らせて、彼の背にもう一人隠れていることに気が付いた。桂雅の袖を掴み、体を背に隠しながらも、きつく睨んでくる娘。

「君、は、もしかしなくても」

 さあっと冷えた汗が背を流れた。さらに睨まれる。

「悪かったよ」

「何が」

「ええっと…… 連れ去ってきてすみませんでした」

「本当」

「全くいい迷惑だな」

 桂雅が嗤う。

「見たくなかったものまで見る羽目になったではないか」

「はあ」

くない占いは当てたくないんだ」

「なんかよく分からないけどすみませんでした」

 うう、とそっぽを向いたが。

「思誠と来たのではないのか」

 問われ、向き直った。

「炎使いの男の子も一緒ですよ」

奏牙そうがか」

「ちょっと逸れてますけど…… って、何処に居るか分からないつながり。俺の弟の行方は占えませんか?」

 今度は桂雅の眉が跳ねる。

「こき使うと言うか」

「あああああああすみません! でも是非!」

 がばっと手と膝を土に着く。

 娘が目を丸くして、袖を引いた。

「森を来る直前は、一緒だったのよ。すごい痩せた男の子」

 それを桂雅が険しい顔で見遣る。

「凜が気にするようなことか」

「とても苦しんでいたわ」

 溜め息を吐いて、桂雅は髪を掻き上げた。その指先をすいっと宙に差し出すと、ゆらりと碧い蝶が飛び出す。

「それは?」

「思誠にこちらへ来てもらおう。自力で動ける者は、待っている方が早い」

 蝶が羽ばたくのを見送ってから、そして、とまた息を吐き目蓋を閉じる。

「お前の弟か――」

 二つ、三つ、と呼吸を繰り返して、きつくを眉を寄せた。

「まずいことになってます?」

 羅英が問うと、桂雅は目を開けた。

 袖を掴んだままの凜を見て、羅英を見て、彼は首を振った。

「さっさとこの森を出たい。征雲と縁を切りたいんだが」

「ですよね!」

「面倒なことを言ってからに」

 舌打ちされた。羅英は首を竦める。

 袖を引く凜の手に、桂雅は己の手も重ねた。そのまま歩き出す。

「え、ええ!?」

「行くぞ。自分の手で取り返せ」

 背中を向けたまま桂雅が言い放つ。羅英は唾を呑み込んだ。



 取り返せ、という言葉の意味はすぐに分かった。



「戻ってきたの。お疲れ様」

 大きな締め殺しの木の根元に腰掛けて、征雲が微笑む。

 その手前には抜身の大刀を下げた維祥いしょう。中間に仮面をつけたままの雄飛ゆうひ。そして、足元に。

「玉英!」

 叫ぶ。飛び出した目の前に、刃が突き出されて来た。

「美しいねえ、兄弟愛」

 刃も視線も動かさない維祥の後ろで、征雲が手を叩く。

「羨ましいと思わないかい?」

「そうですね」

 固い声で応じたのは桂雅だ。羅英はそっと刃の先の玉英を見遣った。

 地面に転がったまま、動かない弟を。

「玉英」

 かすれた声で呼ぶ。

「玉英。返事しろよ」

 ふっと征雲が唇を綻ばせるのが見えた。

「維祥」

 こくりと頷くや否や、呼ばれた大男は刃を突き出してきた。

 うお、と叫んで仰け反る。どすん、と尻餅をつく。

 刃が頭上から振り下ろされてきて、それを光の膜が弾き飛ばす。

「さっさと立て!」

 桂雅の声だ。飛び起きる。維祥の刃はまだ唸る。

「ぎゃあああああ!」

 叫び、転がるように走る。

 その目の前に、雄飛が飛び出してきて、思い切りよく突っ込んだ。

「ちょこまか動くな」

 がしっと体を掴まれる。

「維祥! 斬れ!」

 雄飛の声に、維祥が大刀を構え直し、そこに今度は炎の塊が飛び込んできた。

「あいつか!」

 雄飛が叫び、羅英は横に振り飛ばされた。

 地面に顔から突っ込む。

「うお…… 鼻血が……」

「転がってる場合じゃねえだろ」

 横を聞きなじんだ声が通り過ぎていく。

「思誠」

 顔だけ上げて、友人の名を呼んだ。彼が駆けていく先に居るのは玉英だ。

「思誠! 助けてくれ!」

 返事はない、だが背中は真っすぐに伸びていて、ほっと息を吐く。

 首を捩じれば、征雲が顔を歪めているのが見える。

「醜いですな」

 くくっと喉を鳴らして、桂雅が腕を振った。飛んでいったのは風の刃で、雄飛の胸を裂く。

 その向こうでは、炎使いの少年が維祥と取っ組み合いになっていた。

 ぐらりと雄飛が膝をつく。少年の頭を胸で受けた維祥がよろめいた。

「思誠!」

 今度呼んだのは桂雅だ。

「そいつを連れてこっちに来い!」

 玉英を担いだ思誠がよろめきながら歩く。

「おまえもだ、さっさと来い」

「あ、俺!?」

 羅英もふらりと立ち上がる。

「思誠。一瞬でいい、結界をまた破れ」

「お、おう?」

「一気に逃げ出すからな」

 そう言った桂雅は、凜を抱き込み足元に円陣を浮かび上がらせた。

 移動のための陣だと知って、羅英は踏み出した。

「あああああ! 逃げたい逃げたい逃げたい!」

 ぱり、と宙で音がした。そのままバリバリと空に亀裂が入る。

「逃げるな!」

 征雲が叫ぶ。彼が投げだした雷は思誠の背中を打った。

 甲高い声を上げて、彼が傾ぐ。桂雅の顔が強張り、円陣が消える。

「逃がさないって言ってるだろう!」

 征雲ががなる。桂雅はゆるり首を振って、凜の手を引いて倒れた思誠に寄った。

「お暇しますよ、叔父上」

 言って、もう一度、桂雅は円陣を描いた。まず、倒れ伏した思誠が、ピクリともしない玉英が、そして凜が吸い込まれる。

「行かせない!」

 叫んだ征雲がまた雷を放つ。桂雅の作った膜が吸い込む。

 その様に思わず足を止めると、羅英の一歩前の地面も雷は抉った。

「どこに行く気だ、役立たず」

「役立たずはもういらないだろう!」

 叫び返す。

 羅英はもう一度駆け出した。

 また大きな音が響いて、空の亀裂が小さくなっていく。

「早くしろ! 奏牙!」

 桂雅の声に、走ってきていたはずの少年を振り向く。

 彼の背中には立ち上がっていた維祥がいる。

「奏牙!」

 桂雅が叫ぶ。

 少年はゆっくりと笑んだ。

「俺、役に立ったでしょ?」

 羅英は足をまた止める。少年はもう一度炎を立てた――自分の体を包むように。

 ひっと叫び、円陣へと走る。最後の一歩は桂雅が引っ張ってくれた。

「熱い!」

 征雲の悲鳴も聞いた気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!