一日目(3) 裏切り者の魔術師

 地に描かれた円陣が淡く光る。

 その中から、にゅっ、と右手が突き出た。続いて、腕、肩、刺青の入った頬が現れる。すぽん、と爪先まで飛び出してから、円陣の外に着地。

「あ~、疲れた!」

 背伸びした青年に、陣の傍らの影が低い声で呼びかけた。

羅英らえい

 びくっと肩を揺らし、そっと影の方へ顔を向ける。

 長身に、裾の翻る長袍アオ・テー、赤く塗られた長い爪。目元口元以外は緋色の仮面で覆われているのに険しい表情をしていることが伝わる相手に、羅英は頬も引き攣らせた。

「まさか、ずっとここで待ってたわけじゃないよね、雄飛ゆうひ

「そのまさかだ」

 すいっと胸を反らす雄飛に、羅英はさらに身を竦める。

「おまえが遅いのだ。転移魔術というのは、瞬時に移動できるものなのだろう。行って帰ってくるのにいったい何時間かけるつもりだ」

「行って帰ってくるだけってことはないよ。出先で情報収集してるんです! その時間を考慮してください!」

 ぶうっと頬を膨らませても効果はない。雄飛はくいっと顎をしゃくった。

征雲せいうん様がお待ちだ。早くしろ」

 溜め息を吐き出してから、羅英は歩き出した背に続いた。


 ぐいぐいと進んだ先は、ゆったり流れる川の岸に張られた陣の中だ。

 西日から逃げるようにして木陰に座りこむ兵士たち。そこかしこに転がる剣や槍、凹んだ盾。立ち上る錆びた匂い。

「あれ? もしかしてもう勝った?」

「あのように弛んだ軍など、我らの敵ではない」

星博せいはく様だって、王族、名うての魔術師でしょうに」

 羅英が言うと、雄飛は高い声で笑った。

「たかだか一人が強いところで何の意味もなさぬ。お互いが軍としてぶつかれば、強い者をより多く揃えたほうが有利だ」

「強い者、ねぇ。でも、この軍、一人一人の腕っぷしは強いって言っても結局は征雲様の傀儡かいらいばかりじゃないか」

「それがいいのではないか」

 振り返った雄飛は、仮面からのぞいた唇の端を上げている。

「傀儡とは、操り手の魔力を受け、その魔力を使いこなし、時には操り手の思うままに動くようになった人間のこと。そうなることは忠誠の何よりの証だろう」

 他ならぬ自身も傀儡である相手を見上げ、羅英は低く呟いた。

「……そうならざるを得なかった場合もあると思うけど?」

「つべこべ言わず、おまえも早く傀儡になればよい」

「それは……」

 羅英が身を縮めると、雄飛の口元はすっと真っ直ぐに伸びた。

 後は黙ったまま進んで行って、最後の一枚の幕を潜った先。そこだけは、地にも布が敷かれ、繊細な造りの椅子と机も置かれた、ゆったりとした空間だ。

「征雲様」

 雄飛が甘ったるい声で呼びかけると、椅子に座っていた人が振り返った。

「お帰り、羅英」

 そう言って、微笑まれる。

 均整のとれた身体を包むのは柔らかな衣と輝く鎧。整った顔立ちの真ん中には、金色の眸。切り揃えられた髪が眸をより輝かせて見せる。

「おまえが出かけている間に戦は終わったよ。既に、星博の骸も確認した。僕の完璧な勝利だよ」

 朗らかな声に唾を呑み込んでから、羅英は片膝をついた。

「それで。おまえは何処に行ってたんだっけ?」

 声は真上から降ってくる。

「西寧へ行ってきました」

「ああ、桂雅けいがが居る街だね。彼は元気にしてた?」

「桂雅様には直接会っていませんよ。桂雅様の下で働いている友人を訪ねてきただけです」

「ふうん。あ、桂雅に『様』は不要だよ」

「すいません」

「で? あいつは元気にしてるの?」

「元気なんじゃないですかね。今朝方、噂の娘を捕まえたそうですけど、問題の鍵は全くの役立たずだったって話ですよ?」

 は、と息を吐いて、羅英が先程交わした話を掻い摘んで伝えると、征雲が目を細めた。

「そうか。がっかりしているかなー?」

 ふふふ、と笑う。

「ねえ、維祥いしょう?」

 征雲の後ろに控えていた、これまた長身の、肩の広い青年がすっと立ち上がる。

 山奥の上の草原と同じ色の眸を全く揺らさずに、彼は言った。

「鍵が役に立たぬと知れば、落ち込むのが定石ですが」

「でも、そこで逆ギレするのが桂雅だよね」

「確かに。この先も秘術にこだわるか否かが気になりますね」

「秘術を会得する以外、あいつが玉座に近づく手段はないからね! 拘るだろうよ」

 征雲は高い声を立てて、椅子に座りなおした。

「怒って落ち着きをなくしているだろうところを、一気に攻めようか」

「よろしいですね。星博は死に、残る邪魔者は比陽と桂雅。蹴散らしてしまうのも一策。いい加減この戦いも終わらせたいものです」

「そうだね。疲れたものね」

 宙に息を吐き出して、征雲は羅英に向き直った。

「おまえはどう思う?」

「……どうでしょう。桂雅様は、強力な魔力をお持ちと聞きますから。もしかしたら、鍵なしでも秘術を会得なさるかもしれませんよ?」

「随分と買い被っているね」

 ふふっと征雲は鼻先で笑う。

「確かに魔力は強いよ? でも、強いだけ。伝統の傀儡の術は使えないし、王族の証である金色の眸も持っていない。そんな奴が新しい秘術を会得するなんて無理な話だよ。そもそもこの戦いに名乗りを上げた時点で厚顔無恥というものさ」

 鋭い声音に、羅英はそっと顔を伏せた。

 それから征雲は、ふう、と息を吐いて手を振った。

「お疲れ、羅英。下がっていいよ」

「その前に……」 

「何。まだ何か用?」

 征雲が眉を寄せ、声を低くする。

 ぞくり、と背筋が震えた。


 そうだこの眸が怖いんだ、と改めて思う。

 この国を支配する王族だけが生まれながらに持つ、金色の眸。


 その強すぎる征雲の眸を見上げながら、羅英は両膝をついて両手を差し出した。

「お約束の物はください」

「うん?」

 ぱちぱちと目を瞬かせてから、征雲は手を打った。

「そうだった。おまえにはご褒美が必要だったね」

 にこりと笑って、彼は維祥に見向いた。

 維祥は頷き、傍に置いてあった櫃から、小さな紙包みを五つ取り出す。

 それは征雲の手を経て、ふわりと羅英の掌の上に落ちる。

「持っておいき」

「これだけ」

「文句あるの?」

 すうっと冷えた金色の眸に睨まれる。もう一度背を震わせて、それでも。

「これが無いと生きていけないのです」

 と口を開く。

「知ってるよ」

 さら、と征雲は髪を掻き上げ、目を細める。

「お慈悲を」

 ぐっと唇を噛んで、膝をつき頭を垂れる。すると、征雲の高笑いが響いた。

「いいなぁ! 美しいね、兄弟愛」

 するりと衣の裾を翻し、羅英の前に屈みこんで、くいっと羅英の額の髪を掴み上げた。

「僕はがいなかったからね。ほんっとうに羨ましいよ」

 じっと金色の眸に見つめられながら、羅英はがくがくと首を振る。

「僕が怖い? 当然だろうなぁ。でもその怖い僕にも立ち向かえる勇気を与えるほどの、兄弟愛?」

 ひとしきり肩を震わせてから、征雲はゆっくり首を振った。

「じゃあ、次はもっと頑張れるね。楽しみだなぁ」

 立ち上がり、手を振る。

 羅英もゆらりと立ち上がった。



 そのまま、羅英は静かに幕の外に出た。雄飛が付いてくる。

「まだ、こき使うつもりなの」

「もう一度、西寧に行ってもらおうか。桂雅の動きを探ってこい。変わらず秘法にこだわるつもりなのか、それとも武力を押し出すつもりなのか、な」

「そうですか」

「私も動こう」

「本気で!?」

 羅英は目を丸くした。

「それが征雲様のためとあらば」

「う、うん」

「すぐ向かうぞ」

「や、せめて、待って。すぐ戻ってきますから。薬を弟のところに届けに行かせて?」

 ね、と首を傾げる。

「いいだろう。今度は待たせるなよ」

 雄飛はふっと吐息を零して、踵を返した。

 羅英はとぼとぼと足を引きずって、先ほどの円陣に飛び込んで。




 次に飛び出した場所は、家の中。

 木の壁に囲まれた部屋、堅牢な作りの棚にはぎっしりと本が詰め込まれ、象や花の刺繍の入った掛布がかかっている。

 窓からは赤く染まった空。

「お帰り、兄さん」

 その赤を背にして陣の傍で待っていたのは、よく似た顔立ちの少年だった。

 橙の眸と顔かたちは似ていても、その頬に刺青はない。肌は蒼白く、頬は痩け、指先は骨ばっている。

「ただいま、玉英ぎょくえい

 笑うと、笑い返される。頬が緩む。

「体調はどう?」

「今日は調子がいい。薬が効いているんだ。ありがとう、兄さん」

「ああ……」

 そっと頷いて、玉英の手に紙の包みを落とした。

「こんなに沢山! いいの!?」

「勿論!」

「ありがとう。早く、薬に頼らなくていいように、病気治さないとね」

 弾んた足取りの弟が薬を戸棚にしまいに行くのを見送って、羅英は唇を噛んだ。

 本当は、病気なんかではない。

 あの薬は、体を健やかにするものではない。

 飲めば飲むほど、体を蝕む毒。一度飲むと、飲まずにはいられなくなる、毒だ。


 最初にそれを呑ませたのは、維祥。そして、呑ませるように命じたのは征雲だ。

 いったい何がいけなかったのか、と思う。自分が、弟が、何をしたのが気に食わなかったのか。逆に気に入ったのか。自分たちを追いこもうとあの王子が考えたのは何故だったのか、と解けない問いがまた首をもたげる。

 一つ確かなのは、の金色の眸に映る世界は、すべて彼らに従っていなかればいけないものらしいということだ。

――毒を持っているのは僕だけだよ。もっと欲しかったら…… 弟君を狂わせたくなかったら、毒を取りに来るんだね。むろん、タダでは譲らないよ。

 頷くしかなかったと唇を噛む。長年の友人をあざむいているという後ろめたさも同時に追いかけてくる。

 それでも、弟の命には代えられない。

「だってねぇ…… こんな世界でも生きていたいって思うんだよ」

 ぽつんと吐き出された言葉は、すぐに空気に溶けていった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!