皆が知りたいなぜ戦争は起きるのか構造解析。戦争平和心理学哲学 #戦争 #平和 #心理学 #哲学 #とは #定期

作者 D みと作家

26

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 私はまだ第27話しか真っ当に読んでおりません。
 だから私の認識は、このエッセイに追いついていないと考えるのが真っ当だと思います。
 その上で他人に紹介云々などと痴がましい行為だとは思うのだけども、それでもこの場で自分なりの発信をしたいと我慢できませんでした。
 この作品は、非常に内容の濃い形で書かれています。教えるというよりも、考えろというスタンスであり、その為に非常に濃い内容で要点が書かれていると思います。
 居るか居ないかは知り得ませんが、一見して難しいと匙を投げた人が居たなら、もう少し匙を投げるタイミングを遅らせても良いと思います。
 たとえば、分からないと思った最初の単語の意味を、その背景を自分なりに探してみては如何でしょうか。
 私なりに重要だと思っているのは、概念は概念として理解し、その結果と思える表面的な形ばかりに囚われてはならない。
 それでは概念を捉える意味がないと思います。
 ……とはいえ、私には難しいですが。





 ここからは、またしても痴がましい行為になるのでしょうけども、紹介者なりに私なりの意見を少し書き足させて頂くことを許してほしいと思います。

第27話 差別者の思考の誤作動構造正常性バイアスに逃げ込む人々

 を読んで私が思うところを書きたいと思います。
 私は難しい言葉を知らないので、自分の言葉で書くけどもこれも許して欲しいと願います。そしてここから敢えて私なりに間違いだと思う話を進めます。

 差別は間違いだとの合意の元、非常に強力な道徳学習が行われた時代に私は育ちました。今はどうだとか過去はどうだとか、そのようなことは知らないのだけど、自分が経験したこととして、それを意識しています。
 その教育(この内容を説明するのはあまりにも時間がかかるので省きますが、これを問題だとは認識しております)は今それなりに成功したと思っています… 続きを読む