事の端あはせ

作者 佐久良 明兎

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初から最後まで、雰囲気と登場人物に惹き込まれて一気読みしてしまいました。壮大な物語の第一部、という感じですね。
しかし、優しい白淳や手厳しい千瞑、健気な八重があんな結末を迎えることになるとは……個人的には、白淳が残念でした。ああいうキャラは好きなのに……。
三人のその後だけでなく、過去も気になります。彼らの輪廻の一欠片、読んでみたいです。

★★★ Excellent!!!

情景と色がはっきりと目の前に浮かんでくるような、柔らかく美しい文章で描かれる物語。
中心となる三人はかみ合わない部分もたくさんあるけれど、それでも各々は相手を思いやっている――そんなところがとても素敵です。

重いテーマの中で重すぎない読了感、程よい寂寥感と余韻が残ります。冒頭の部分、初めに読むのと終わりに読むのでは、重さが全然違います。

いつか、千暝の願いが叶う日が来ますように。そう祈らずにはいられません。