ビニールひもと包丁とわたし

作者 青見銀縁

8

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ヤンデレでした。
好きな人に殺してもらうことが幸せ、と恋した彼に告白する白原さん。
その告白に戸惑いながらも彼女を好きになる荒西くん。
好きな人に殺して欲しいという彼女の恋は奇妙だと思いつつ、殺すかどうかを悩みながらもそれを完全に否定せずに付き合う彼の恋も奇妙だと思いました。
そんな告白をされたら、自分なら多分逃げてしまうと思うのです。
拒絶しなかった彼は、優しいからなのか、彼女への思いが強かったからなのか……。

でも、最後の白原さんの決意に対して荒西くんはどう思ったのだろうと心配になります。

病んでるのが好きなので、なかなか楽しめた恋のお話でした。

★★ Very Good!!

作者さん。少しレビュー早くてすみません。
自分 昔からふつうに読んでるつもりなんですけど、周りから速読気味であると言われるものでして。。。

と。作者さんへのお詫びは以上にして、普段はミステリーものとか読んでる自分が初めて恋愛ものに挑戦しました。
はじめは、なんか恋愛ものって関係がベタベタしているとか、現実味が無い。そんな先入観に追いやられて避けてきたんですけど、見事にこの作品はそんな先入観を取っ払ってくれました。
この作品は現実味のある読みやすい小説です。

お話が少し変わりますが、とある出版社の方が著書されている本の中に、「アホ小説」と呼ばれている小説の書き方があるのですが、そんな書き方は全くされておらず、とても読みやすかったです。

これからもこの小説をフォローし続け、次の話を期待しています。