恋人を撃ち落とした日

作者 濱野乱

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


俺不覚にも、最後、浮気?

と思った時、ショックで目に涙浮かびましたよ(爆)。


ここしばらくのうちで最高の作品です。


俺、大正ロマン喫茶、袴の女給いたら、絶対、通う。

世界観、最高です。よもぎちゃんがあんまり可愛くなくて、学生さん、って呼んでくれるのもすごくいいです。

あんまり可愛くないけれど、出て行かれたら泣きそうな気分です。

家事が面倒、そんなふうに考える女性に惹かれることが少ない俺ですが、すごく癒されます。

こういう生活力のある寺の娘さんっていいですね。最高!最高!


袴、袴姿の女給!!実は俺、大正ファンです。大正時代に生まれたかった。

★★★ Excellent!!!

 大正時代をコンセプトとする喫茶店の店員・よもぎ。彼女はスナイパーに憧れる、ちょっと変わった女の子だった。主人公の僕は、よもぎに誘われるようにして喫茶店に入店する。この出会いが、主人公の日常に変化をもたらす。
 大学生になったものの、大学生活にもアパート暮しにも慣れることができなかった主人公。精神的に弱り切っていた。そんな時に出会ったのがよもぎだった。二人の距離は徐々に近づいていく。
 しかし、そんな矢先によもぎの勤務先が潰れた――――。
 その時主人公は、自分でも思いもよらなかった提案をするのだった。
 よもぎちゃんに萌えること間違いなしの恋愛物語。
 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

大正浪漫たっぷりの袴姿。カフェで働くよもぎさん。
彼女は、スナイパーにあこがれている。一体何を撃ち落としたいのやら。

主人公はこのよもぎさんにどんどん侵食されていくの。
不器用で美人と言うわけでもなく、頼りなくて、でも気になって仕方ない。
最初の出逢いで学生さんは完璧に負けてるものね。

唐突で悪びれない。絶妙に間合いを詰めることができる女の子には
保安官が☆バッジを差し上げます。

星の王子さまもある意味狙撃手ですね。ハート系のね。
すごくかわいい。またよもぎさんに会いたいな。