写不真

「ねえ、これ見てよ」と眉間に皺を寄せた彼女が一枚の写真を渡してきた。


 そこには、彼女とその友達が仲良くポーズを取っている。背景はどこかの水辺だろうか。


 しかしその写真を見て、僕は単純に「楽しそうだね」と言葉にすることはできなかった。それには理由がある。彼女の不穏な面持ちが隣りにあったからだ。


 自分の思い出を共有したいというなら、こんなに不安げな表情はしない。渡されたこの写真に原因があるのだろうと理解できるが、いったいこれのどこにその原因があるのか。


「これその友達から送られてきたんだけど……」


 送られてきた写真。彼女はこれを見てすぐにその違和感に気づいたという。僕も目を皿にして違和感を探す。


 写真は、真実を写すと書いて“写真”というぐらいだ。ここに写っているものが真実だとするなら、違和感はひとつしかない。


「この君の隣りにいる友達は、本当に友達なのかい?」


 そう言うと、彼女は首を傾げた。


「何言ってるの、当たり前じゃない。そこじゃないわよ。ここ。ほら、湖のところに人の足みたいな物が出てない?」


 彼女はそう言って写真の一部を指さす。しかし、僕の目に映る違和感は、彼女の隣で幸せそうに写る男にしか感じなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!