酔いどれヒグマと少年

 とあるサーカス団の一員に、少し変わった芸をするヒグマがいました。

 そのヒグマの芸というのが、お酒を飲みながらボールに乗ってステージを回ると言うのです。ヒグマの人気は高く、劇団のエースでもありました。


 そんなあるショーの後、ヒグマが寝床としている檻の中で、いつものように一升瓶を抱えながらくつろいでいると、一人の少年が迷い込んできました。


「あ、クマだ」


「ん? なんだお前。勝手には行ってきちゃダメだろう」


「寝る時もお酒飲んでるの?」


 ヒグマの話を聞いていないのか、少年は訊いてきます。


「ああ、オレにとって酒は水みたいなもんだからな」


「お酒おいしい?」


「さあな」


 その曖昧な返答に、少年は納得がいきません。


「わからないのに飲んでるの? じゃ、ショーの時に飲むのは何で?」


「ショーの時に飲んでいるのは団長の指示でもある。元々はオレは玉乗りなんて朝飯前だった。そんなある日、オレは水と間違えて酒を飲んでからショーに出た。初めてだったんでな、結構酔っ払っていた。それでも難なく乗りこなした。その姿がおかしかったんだろうな。観客にも好評で、団長はそれからも酔っ払った状態でショーに出るように言われたんだよ」


 そう言うと、ヒグマは抱えていた一升瓶を口に運び、ごくごくと喉を鳴らしました。


「酔っ払うってどんな感じ?」


 少年の素朴な疑問に、ヒグマは少し置いてから答えます。


「そうだな。夢見ている感じかな」


「ゆめ?」


「夢と言っても、寝ている時に見る夢のほうだ。自分で好きなように世界を作れる。自由の世界さ。ただ、たまに怖いものも見るがな」


「それじゃ、クマさんは夢を見るためにお酒を飲んでいるの?」


「最初はそうだったが、今は逆かな。夢を見せることをしている。お酒を飲むことが仕事の一部になると、好きだったものもそうでなくなってしまう。むなしくもな」


 ヒグマはそう言うと、空になった一升瓶を床に転がしました。すると丁度転がった一升瓶が、檻の外にいる少年の目の前まで転がっていきました。

 少年はそれを何の躊躇いもなく拾い上げ、僅かに残っていた中身を自らの口の中に入れてしまいました。


「お、おい! お前にはまだ早いぞ」と慌ててヒグマは言いましたが、少年は頬を赤らめる訳でもなく、平然として言いました。


「ほんとうに、水みたいだね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料