Dolls & Demons

作者 ∀zl

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

鯨の腹中のヨナ、ギリシャ神話等を精緻に組み込み、さながら神曲を思わせる程。
いやいや、そんな歴史や小理屈など、到底この尊さとは比べ物にならない。
唯唯、この物語は美しい。優しい。素晴らしい。
涙が止まらない程に優しく美しい。
この物語を読めて良かった。
皆にこの物語を読んで欲しい。
そう思います。

★★★ Excellent!!!

前編部はおじいさん側の一連のお話を語っておき、後編部分で物語の確信である悪魔側のお話が語られます。
いやあ、正直いって前編部分は「ふーん、まあ、面白いかな」程度でした。けれど後編は、こりゃあやられましたね。感動で泣きました。
頭の中をパイプオルガンをベースにする壮大な音楽が鳴り響くんですよ。悪魔カロンが羽を広げて神の世界へ単身乗り込むシーンは心が震えました。
これは、もっと多くの人に読まれるべき名作です。