向かいの庭

 新築マンションへの引っ越しに伴い、妻に禁煙を約束したものの、私は三日ですでに我慢の限界に来ていた。

 買い物に出かける妻の目を盗み、洗濯物がはためくベランダで煙草をくゆらせる。

 三階に吹く夕刻の秋風は心地よかった。

 深く吐き出した紫煙の向こうに透ける下界を眺める。

 道路を挟んだ向かいの一軒家が目に入った。

 長い間手入れしていないのか草がぼうぼうに生えた庭の片隅に、その家のご主人か、しゃがみ込んで草むしりしている人物がいた。

 何人もの焼け焦げた人たちが彼を取り囲み、うつむいてじっと見つめている。

 赤黒く爛れた皮膚に、燃え残ったぼろぼろの衣服、全身が真っ黒い煤で汚れ、こちらまで肉の焦げたにおいが漂ってきそうだった。

 明らかに生きている者たちではない。

 どんな表情で見つめているのだろう。うつむいた顔はこちらからは見えない。

 もし彼がアレらに気付いたらどうなるだろうかと興味を持ったが、まったく気付いていないようだ。

 霊感があり怖い思いをすることが多い自分からすれば、視えたり感じたりしない人がうらやましい。

 そう思いながら二本目の煙草に火をつけ長い煙を吐く。

 視線を戻すとご主人がこっちを見上げていた。

 あっ――

 赤く焼け爛れた顔をして、真っ黒な眼でじっと私を見つめている。

 ヤバい。彼も生きた者ではなかったか。

 慌ててうつむき視線を外したがもう遅い。

 手足の自由が利かなくなり、顔も上げられない。

 焼け爛れ、煤で汚れた何人もの足が自分を取り囲んでいる。

 咥えた煙草を消すことができず、火がじりじりと唇に近づいてくる。


「あなたっ、何やってんのっ! 洗濯物に臭いがつくでしょっ。ったく、何が禁煙してるよ、三日坊主も甚だしいわっ」

 いつ帰ってきたのか、ベランダに顔を出す妻のえらい剣幕で金縛りが解け、自分を取り囲む足も消えていた。

 慌てて携帯灰皿で煙草をもみ消し、向かいの庭を見下ろす。

 だがそこには家などなく、鬱蒼とした木々に囲まれた古い墓地があるだけだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます