ベランダにつがいの鳩が入ってきたので追い払った。姿は見なくなったが毎日フンは落ちている。

 おちょくられてるのかと頭に来ていた矢先、洗濯物にフンを落とされ怒りが頂点に達した。隠れて待ち伏せし、入って来たところを箒で思い切り振り払ってやった。急な脅しをかければもう来ないだろう。

 だが、まともに箒を当ててしまい一羽が死んだ。殺すつもりはなかったのに。

 残った一羽が丸い目で一部始終を見ていた。

 それからも鳩は来た。一羽が二羽になり三羽になり、今やベランダは鳩で埋め尽くされていた。大量のフンと抜けた羽毛で洗濯物や布団が干せず、臭いと鳴き声にも悩まされた。

 どこに行くにも付きまとわれるようになり外出もできない。この頃は家の中にまで入り込んで家具の上からわたしを見下ろしている。

 鳩の呪いだ。


 確かに妻は鳩を誤って殺してしまいました。ですがその後、鳩は来なくなり、ベランダには何もいません。

 いったい妻は何を見ているのか。

 罪の意識なのか、それとも本当に鳩の呪いなのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます