白子

 海に沈む夕日を眺め、優しく繰り返す穏やかな波の音を聞きながらあふれる涙を拭いた。

 なぜ、わたしはふられたの? 

 そんなのわかりきってるわ。彼を引き留めておく魅力がなかったからよ。

 でも、いきなり「別れよう」はないんじゃない?

 ショック過ぎて気付けば名前も知らない遠い海に来てしまっていた。

 でも海に来たのは正解だった。子守歌のような波の音に傷ついた心が少しだけ癒された。

 夕焼けの砂浜には他に誰もおらず、白い波も堤防も優しいオレンジ色に染まっている。

 空と海を見つめながら微笑み、「もう大丈夫」と尻の砂を払った。

 堤防の階段を振り返った時、視野の端に何か見えた気がした。

 視線を移すと十数メートル先に、本当に『何か』としか言いようのないものがいた。

 よろよろと二本足でこちらに向かってくる様は人の姿に似ている。だが、どう見ても人には見えない。

 風が吹き、えづくほどの腐敗臭が流れてきて思わず鼻を押さえた。

 頭の中で警告音が鳴り響いているのに目を逸らせず、足も動かない。

 数メートルまで近づいてきてやっと足が弾けた。全速力でコンクリートの階段に向かって走る。

 砂に足を取られつまずきながらも転ぶのだけは何とか避けた。

 追いかけてこないか確認したかったが、振り返る余裕はない。

 あれはいったいなんなのだろう。

 青白くふやけていたが太腿から下は確かに人のそれだった。

 だが、上半身がまったく違う。

 タラの白子のようなものがぽんっと両太腿に乗っかっているのだ。うねった生白い身がてらてらと夕日に光っていた。

 階段に辿り着くと堤防を越え、国道に出たところでやっと振り返れた。

 だが何もいない。堤防を覗き込んでみても階段にも砂浜にもどこにもいなかった。

 何かを見間違えたのだろうか。

 潮風にじめつく首筋を撫でながら堤防にもたれ、靴を裏返して中の砂を払った。

 まだ動悸が治まらない。

 水を飲みたいと思ったが、道路を挟んだ向かいにある寂れた食堂はガラス戸がぴたりと閉まり、茶色い染みの浮いたカーテンが引かれている。見回しても自販機すらない。

 微かな、腐臭がした。

 漂ってくる方向に目を向けると岩をくりぬいたままのトンネルがあった。奥の暗がりから白子がゆっくり出てくる。

 うねった白い身がもぞりと動く。一本また一本とほどけるのを見て、あれは白子などではないと気付いた。

 身のように見えていたものは絡まりあったたくさんの腕だったのだ。

 腕の塊が花開くようにほどけたかと思うと再び絡みついて閉じる。それを繰り返しながらこっちに近づいてきた。

 ほどける度、手の平が誘うようにひらひら揺れる。

「いやあああああ」

 ここが国道だということも忘れ、道路の真ん中を思いきり走って逃げた。カーブの向こうから来たダンプカーに気付いた時は背中から地面に叩きつけられた後だった。

 だんだんとかすんでくる視界には夕闇の迫る美しい空が広がっていた。

 わたしの顔を覗き込み、白子がその空を遮る。絡まりあった腕の真ん中に指をそろえた手の甲が見えた。

 その手がゆっくり開くと魚のようなまん丸い眼が自分を見下ろしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます