第15話 パクチー




パクチー嫌いの夫が


パクチー好きの私の為に


パクチー味のポッキーをお土産に

帰ってきた昼下がり。


「こういうの好きかな、と思って。」


そう言って笑う 夫の笑顔に


きゅん。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

《つぶやきポエム》 彼と私と猫と。 来ノ宮 志貴 @siki0210087

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ