stray

作者 和泉ユタカ

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

行く先を持たないもの――『ストレイ』。
ストレイ達が押し込まれた灰色の世界の中、とあることから「僕」は彼と親交を深めることになる。
その出会いが、二人のはじまりだった。

自分達を拒絶する世界を必死に、ただただ生きようとする姿に心を打たれ、どこまでも二人を応援したくなります。
文章も非常に読みやすく、すんなりと物語に入りこむことが出来ました。おかげで読みながら情景もありありと浮かんで――いたのですが、……なるほど、と深く頷きました。
もちろん、頭に戻って読み直しました。そしてもう一度、なるほど、と漏らしました。
どうぞ、ご自身の目でお確かめください。

世界は確かに厳しいけれど、それだけではないかもしれない。
二人の先行きに幸多からんことを。

★★★ Excellent!!!

最後の最後で、見える世界が一変する。
最後の一文を読んだとき、ああそうだったのかとうならざるを得なかった。
1度目と2度目で、読んだときに思い浮かぶ風景は大きく変わる。

重厚な文章で巧妙に組み立てられた文章は、心地よい重さだ。
漢字の割合が多いが、読みにくさはあまり感じない。
ただ、私の無知さもあるのだろうが、難しい漢字にはもう少しルビがほしかった。

ただそれを差し引いても、素晴らしい作品だと思う。もっともっとたくさんの人に読んでほしい。そう思える物語だった。