光合成

作者 めろんぐま

121

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

冒頭の意味深な惨劇を皮切りに、各地で次々と起きる怪事件。
友人達とサバイバル・ゲームの特訓に勤しんでいた平井優は、謎の廃墟で常軌を逸した存在と遭遇してしまう。
この日を境に彼の意識と身体に異変が起こり始め、彼を取り巻く環境も変わっていく……。

興味をそそるあらすじから本編へ。スピード感のある展開にハマること間違い無しです。
要所で英文が差し込まれる「攻める演出」などが、物語のミステリアスな部分に彩りを加えていて斬新。
読者を決して飽きさせない工夫が随所に盛り込まれ、読み進めるほど広がっていく謎に魅了されます!

★★★ Excellent!!!

光合成を題材とした物語――SFと聞けばかなり難解な物語を想像してしまいがちな私ではありますが、お話の一話一話に「必要最低限」なる試みが見受けられたような気がしました。よって読みやすい、たんたんと内容が頭に入ってきて、気づけば最新話にまでたどり着いてしました。なるほど、作者様の構成力のたまものなのでしょう。この先、どう展開されていくのかとても楽しみです。