書店配布特典のしおりって意外と役に立ちますよね。

 こんにちは。またしても久しぶりになってしまい申し訳ありません。


 

 前々回に販売拡大のためのPOPについてお話させていただいたと思うのですけれど、出版社さんから届くのはPOPばかりではありません。

 ライトノベルで売れ行きがいいものであったり、アニメ化したりなどの理由でフェアの対象だったりしたりした場合、たとえばポストカードやしおりなど、ちょっとした特典がついてくることがあると思います。


 アニメイトさんや文教堂さんなど一部系列のお店では、店舗限定の特典がつくこともしばしば。

 お店別に違う絵柄のものが用意されている場合はどれにするのか選ぶのにああどうしようとお悩みになった経験もある方、いらっしゃるのではないでしょうか? 

 中には「い、いやこれは保存用、布教用だから……」とか言いつつ何店もはしごしてコンプリートしちゃう猛者も……(笑)

 今回はその特典に絡むお話をしましょう。


 

 まずライトノベルの特典と言われて最初に浮かぶのは、電撃文庫さんの毎月恒例のポストカードではないでしょうか? 

 毎月主だったタイトルの表紙をプリントしたポストカードを、購入したらつけてくれるお店もあるということは、多くのラノベ読みの方がご存知なはずです。


 といっても実は私のいたお店に配布されたのは、記憶する限り最後の1ヶ月間くらいのものでした。最初に勤めた書店さんでは毎月のごとく来てましたけど。

 あのポストカードをくれるお店はライトノベルの扱いが強いと見て間違いないはずなのでそのへんもふだんのお買い物で書店選びをなさる際の指標にされるといいかもしれません。


 あとポストカードといえば、コミックの話になってしまいますが、『東京トーキョー喰種グール』のポストカードをお客様のいらっしゃるレジ前で広げて、数種類の中から選んでいただいたのはよく覚えています。

 それだけ差し上げる機会が多かったのでしょうね。


 

 私の勤めていたお店は昔からのご家族で経営されておられたようなところで、店舗限定特典などのものとは無縁ではありましたが、アニメ化などのフェアの際に出版社さんから配布される全国的な特典については、何度か配布させて頂く機会がありました。


 たとえば『銃皇じゅうおう無尽むじんのファフニール』がアニメ化された際には講談社さんからしおりが届きました。

 ヒーロー文庫さんは定期的に人気タイトル詰め合わせセットみたいなフェアを展開しており、その際には人気タイトルのしおりがつくのが常でした。

 

 個人的にはしおりはいくつあっても足りないくらいでありまして、そういうしおりがたくさん手に入る機会が多いのはありがたいです。

 今読んでるところと原注と訳者注と特別気に入ったページとか……割と1冊にいっぱいしおりをはさむマンなので……珍しいのでしょうかね?


 個人的な使途はさておき、このように、思えば書店特典といえば『しおり』か『ポストカード』というのがポピュラーでしたね。


 近日映画が公開される『艦隊これくしょん ―艦これ―』がTVアニメ放送された時はカドカワさんから、関連書籍用にメインの登場キャラ(艦娘かんむす)であった『吹雪』と『赤城』をあしらったブックカバーがありました。


 このあたりは集英社文庫さんの『ナツイチ』キャンペーンや、それこそ角川文庫さんのカドフェスなどでも、文庫購入者にお渡しするブックカバーなんかもあり、前述の2つに次いで代表的な特典ですね。艦これの絵柄があった頃は『加賀』さんでしたっけ?


 私が勤めていた時は集英社さんがジャンプコミックス購入者さんにくじ方式で缶バッジを引いていただいたこともありました。このあたりも特典としてはメジャーでしょうか。

 少女漫画だとかですとメモ帳だったり、変わり種だとあぶらとり紙とかもありました。



 さてこうして特典のことについて振り返っていますと忘れられないのが、角川さんのニコニコカドカワ祭りキャンペーンです。


 カドカワさんのコミック、ライトノベルなどをご購入の方に、シリアルコード付きのしおりがもらえるというキャンペーンです。シリアルコードをスマホで入力しましたら特典画像がもらえます。私が文庫を担当するようになったあたりから定番化しておりますね。


 今やっているキャンペーンですとSNSなどで使えるスタンプ用画像みたいです。

 『いきのこれ! 社畜ちゃん』などのほか、ライトノベル関連ですと『異世界居酒屋 のぶ』(ヤングエースコミカライズ版)ほか『エイルン・ラストコード』『賢者の孫』『ゲーマーズ!』『エロマンガ先生』『幼女戦記』などがあるみたいです。

 ちびキャラのアクア様がかわいい。


 ( ͡° ͜ʖ ͡° )アッシェンテ←この顔文字じゃないですけどこれもあります

 

 その他図書カードやニコニコポイントなどが抽選で当たったりするらしいですよ?

わあお得だ! 欲しい本があるなら今すぐ書店にGO!(ダイレクトマーケティング)



 ……ゴホン。

 私のいた間はスクラッチサイズと通常よくイメージされる縦長のしおりの2通りがありましたでしょうか。『エヴァ』のような超有名コミックからビーンズ文庫の『告白予行練習』シリーズまで、実に多種多様なタイトルの絵柄が準備されただけでなく、しかもそれが特定周期で更新されます。


 それ自体はたいへんに力が入っているなあと思ったのですが、カドカワさんの書籍をお買上げの方に絵柄を選んでいただくのですが、悲しいかなけっこうお選びいただくのが偏ってしまうというのもありまして……



「なんでこれが残るんだよおおお面白いのにいいいい!!!」



 とかなりまして、せつなさのグラデイション(いい加減にしないと怒られるぞ)

 


 ……ゴホホン。失礼しました。

 ともかく、どんどんくるものですから、最終的にものすごい数になっちゃって。

 一時レジ横の特典を置かせていただいていたスペースがこんもりとしてた、なんて久しぶりに思い出して部屋でひとりくすりとしちゃいました。


 こらそこ寂しい独身ライフとか言わない。……泣いてませんよ?

 


 などなど、小さな書店ではあったかもしれませんが、みなさまがご想像されているよりも多種多様な書店用の特典アイテムというのはたくさん出版社さんがくださいます。

 これも書店での売り上げアップのため知恵を出してくださっている賜物でしょう。

 渡すことを忘れてしまうなどの大ポカをやらかしたりもありましたし、どこまで売り上げに貢献できたのかと言われたら微々たるものでしたでしょうけれど……

 これからも電子書籍で買うという部分との差別化を図るためのさまざまな取り組みのひとつとして個人的には続いていってほしいなあと思うところですね。


 

 さて今回はこのへんとさせていただきましょう。

 実はツイッター上でも弱音を吐いてしまったのですが、ロクでもない話で恐縮ですが

 


 ネタが尽きてきました!!


 

??「本当にろくでもないっ!」


 ……はい、すみません。このネタわかる人どれだけいるんでしょうか……(焦)

 

 『私書店員、ラノベ担当。』というタイトルでいままでやってきて、脱線するところもありながらも一応はライトノベルについてのトピックに主眼をおいてこれまで更新させていただいたのですが……ライトノベルのみの話題では流石にそろそろ限界も近いなあと。


 雑誌担当時代も含めたお話で面白いこともたくさんありますし、文庫担当としてこれまで触れてこなかった時代小説など、これまで以上に内容を広げるならばやれるネタも大きく増えるので、タイトルを変えることも含めてひそかに思い悩んでるところです。


 もっと書店員あるあるの分野を広げていきたいと思う一方、それでこれまでの読者さんがついてきてくださるのだろうか、という不安はあります。

 こういう時にコメント機能がほしいところですね。


 みなさまはどうお感じでしょうか?



 今後はその点も含めて試行錯誤がこれまで以上に続きますが、よろしければ変わらぬご愛読をお願いできればと思っております。それでは、みなさまのカクヨムライフがよいものでありますことを。

 


 ……うわ、最後は珍しくまともな〆だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!