ふたつのファンタジー作品

  GWが明けましたね。みなさまは長い休みを満喫できましたでしょうか?

 私ですか? 私はほとんど仕事でした!(泣)


 というわけで更新も久しぶりになります。

 今回は2015年春アニメ原作のお話ですね。


 『ダンまち』と『俺ガイル』のおかげでこのシーズンは業績を伸ばすことができた、というお話はすでにさせていただいたと思います。

 それではほかの作品はどうだったのでしょうか?

 いくつかピックアップしていきたいと思います。



 まずは『ハイスクールD×D』(第3期)。

 えっちな展開にシリアスもほどよく加味された、男子の好きな微エロラノベのお手本のような作品ですね。

 さすがに第3期ですから、上記の2作と比べ原作売り上げがあったわけではありませんが、最初と間の巻がポツポツ売れていたので、多少の新規さんが手に取ったようです。

 (私の行っていたような小型書店では)新刊が2桁単位で売れるのはごく一部だったのですが、この『ハイスクールD×D』もその1つ。

 富士見ファンタジア文庫ではいちばん売れていたのではないでしょうか。電撃の人気シリーズと肩を並べられる数少ないシリーズだったと思います。

 

 ……お○ぱい!

 

 続いてはライトノベルの括りではございませんが……

 『アルスラーン戦記』はご存じ、SFとファンタジーで数々の名作を世に送り出した大御所作家さまの作品です。

 新書版を分割し文庫化した新装版を、一般文芸の文庫コーナーで棚2面使ってびっしり目立つように展開しました。

 『ハガレン』の荒川ひろむ先生がコミカライズしたものがアニメではベースとなっておりましたが、そのコミックとは別にやっぱり原作をお求めになる層も多かったように見受けられます(コミックもとても売れました)


 1冊あたりが読みやすいサイズに抑えられていたこともあり、多くの方にお買い上げ頂けたと思います。だいたいの方は、まとめ買いでしたね。

 こちらも入荷するたびすぐ売れるいたちごっこの状態でした。

 


 というわけで、2015年春シーズンの話はこのへんにいたしましょう。

 ライト文芸方面の作品でひとつ触れていないのがありますが、それは次のシーズンのある作品と関連してお話しさせていただきたいと思います。

 それでは、さまざまな方面から怒られなければ、また次回お会いしましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料