2015年春

やはりこれは取って間違いない。

 こんばんは。1日以上空いてしまいました。

 数日間体調が悪かったですが、仕事前に半日潰して思いっきり寝たらだいぶスッキリしました。 

 やはりベストの体調で机に向かうのがいちばんですね。

 などと、松先生の訃報を思い考えました。

 改めましてお悔やみ申し上げます。


 

 今回から2015年春アニメ原作のライトノベル展開について書き出していきますが――結論から申し上げましょう。

 

 ウハウハでした。

 

 嬉しい悲鳴出まくりでした。


 この時期のアニメは、例によって『Fate』シリーズが圧倒的である中、『血界戦線』が人気爆発したシーズンでした。原作コミックもとんでもない勢いで売れて、入荷待ち状態が非常に長く続いていました。

 それもそのはず、『血界戦線』の内藤先生はその昔『トライガン』ですでに名を馳せていたベテランの方。そこにあの高クオリティのアニメです。ヒットしないわけがなかったのです。 


 そんな中、ライトノベル原作の作品たちも非常に奮闘したシーズンであったといえるでしょう。

 1期からすでに抜群の人気と知名度があった『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』、通称『俺ガイル』。まずこれがありましたからね。

 

 ……相変わらずタイトルが長い!

 

 ……ゴホン。

 それはともかくとして、2期ものの作品というのはですね。

 「すでに1期で多くの方がお買い上げになってるのでは?」

という計算が働き、えてして発注は慎重になってしまいがちです。


 

 ですが、これだけははっきり言いますと例外中の例外。

 それはもう、ガンガンに入れてやりましたよ。


 

 現在専用コーナーが広く取られている書店さんも多いようなライトノベルではありますが、コミックと比べてしまうと、やはりどうしても平積みしても飛ぶように売れるシリーズは限られています。

 いわゆるアニメ専門店や、大型書店ではその限りではないのでしょうけど、なんの変哲もない小さな書店の場合の話としてお考えいただけるとさいわいです。


 そして平積みしても2桁余裕で売れるシリーズはだいたい『電撃文庫』レーベル作品。非『電撃』で考えると、レーベルさんごとに片手で数えた方が早いくらいでした。

 後発の非カドカワレーベルさんとなると、さらに少なくなります。

 そんな非カドカワさんで、後発レーベルであるS館さんの『ガガガ文庫』が擁する、平積み爆売れ必至の例外的ビッグタイトルが『俺ガイル』です。


 S学館さんも事前に思いっきり増刷して準備してくださったのか、放送中に切れてしまった巻の補充注文がほかのアニメ化作品と比して圧倒的にスムーズであったことも大きく功を奏しました。

 2期ものとしては異例中の異例としてかなりスペースを取った展開をしましたが、結果としてとてもよく売れてくれました。


 作品自体のコンテンツ力に大きく助けられながらも、前シーズンでの一部売り上げを伸ばしきれなかった反省点を生かし、販売を上向かせることができたかなと、手応えを感じた3ヶ月間となりました。  

  

 渡航先生ありがとうございました!(調子に乗るな)



 次回は、オタク内で一大ブームを巻き起こし、非カドカワさんのレーベルさんで急速に台頭した、ある作品についてお話させていただくことにしましょう。


 相変わらずカドカワさんの俎上そじょうでカドカワさん以外を持ち上げるスタイル。


 いい加減本気のお説教が入ってしまいそうではありますが――

 次回もまた無事にお会いできることを、私自身願ってやみません。では。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!