ドミネーション

作者 ツヴァイリング

722

276人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

面白いけど父を殺されかけたり貴族の長男なのに自分の国からの手紙無視して無理やり雇われた国の側にたったような振る舞いなど内政物というか貴族にしては理解不能な行動展開が残念

全体的には凄く面白いです

★★★ Excellent!!!

難病によってその生涯を閉じてしまったゲームクリエイターの主人公が、異世界の貧乏貴族の長男オルクスへと転生し、現世で果たせなかった願いを叶えるため、領地を開拓していく姿がワクワクする。

戦争で亡くなった父親に代わって、たった五歳で領地の運営を引き継ぎ、早熟の天才として頭角を現していくオルクスに、さまざまな無理難題を押し付ける周囲の大人たちが大人気ないが、いかなる無茶振りも軽々と乗り越えて功績を積み上げていくから痛快なのだ。
ときに幼子とは思えぬ思慮と見識で大人たちを諭すこともあり、いったいどちらが大人か子供かわからない。

そんなオルクスだが、うっかり出世してしまったために隣国に出張させられたり、戦争に出兵させられたりと、余計な仕事を抱えて本来の領地開拓から離れていってしまうという誤算に頭を悩ませる姿が可笑しい。
五歳にしてすでに大物感を漂わせる彼が、次はどんな活躍をして周囲の度肝を抜くのか楽しみだ。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

開拓物と言えば村からの街県(領都)国(王都)
と順当に進んで行く物ですが、彼は王に対面してからの村の発展に着手する訳で、他国の公務員になり、ダンジョンの攻略からの戦争の結果二つの国での領主になり、学校に入学。あれ内政よりも立身出世物語かなぁ。
展開が早くイラって来ないのも良いと思います。早く領主として領土も発展させて欲しいです。

Good!

箱庭ゲームとありますが、アイテム配置だけして後は時間経過に任せて、たまにちらっと様子をのぞくだけの放置系のようです。
タグには、開拓・領地運営とありますが、最初の方を除き、物語の大部分が王宮で起きたあれこれを描く内容が延々続くため、育成系を求めて読むとガッカリします。
王宮ものとしても、関係未修復の敵国にいるのに、自国に相談もせずに重大な出来事を勝手に決めてしまったりするので、読んでいて物凄いもやもやしました。
文章は読みやすく、設定やキャラクターも魅力的です。
が、半分以上読みましたがその大部分が王宮が舞台の話で、開拓に戻る気配がないのでリタイアします。
延々開拓風景出てこなくてもいつか出てくるなら大丈夫! という気の長い人は読んでみてもいいかと思います。

★★★ Excellent!!!

連載中の現段階は、まだ主人公が年齢を重ねてない時点です。
文字数も結構あるので長文好きにお勧め。
類似した設定で開始する作品が多いけど、作品により過程に個性出るから、そのへんは気にしない感じで。
最初の低年齢ゾーンで色々やりすぎ?。主人公が成人するまで作者のモチベ持てばいいのだが。