風の歌がきこえる

作者 さかな

33

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文章が繊細で美しく透明感があり、それだけでもとても楽しめました。
内容も、主人公の純粋さに強く惹かれ、犬神の何かを抱えて苦悩する様に魅力を感じ、またそれが何なのか気になります。時に傷付けてしまいながらも、互いを求めて関わり合うふたりに胸が熱くなったり、幸せを感じて優しい気持ちになったりしました。
他の登場人物たちも個性的で、彼らが今後どのような物語を紡いでいくのか気になるばかりです。
(4章1話時点でのレビューです)

★★★ Excellent!!!

 少女の純粋な強さと弱さ。彼女の幸せを願うあやかしたち。犬神の揺れる心情。
 はまってしまいました。気づいたら最新話まで読んでいた。
 ただひとつだけ、犬神の名前の部分では、少し矛盾があるように感じましたが……。
 
 この雰囲気、きっと好きな人は多いはず。面白いです。

 他の方にもおすすめしたい。

★★★ Excellent!!!

清らかな「一人と一匹」の心のふれあいが、透明感あふれる文体で語られます。上橋菜穂子先生の「狐笛のかなた」を彷彿とさせる、美しい物語です。

主人公の彩花の戦う相手が何なのか、今後が大変楽しみです。
*4月22日現在の最新話(第3章ー8)まで拝読してのレビューです。