卑下とボイン

作者 一石楠耳

55

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

自信のないひとはこういうことを平気でいう。自分がそうだった。
そんなときにこうしてくれる人がいることがどれだけ嬉しいことだろうか?

自分の形に自信が持てないときに、掌を打ち付けてここにいると教えてくれる人がどれだけ大切な存在か。

彼女のわがままな怒りがどこまでも幸せなものであれと願うばかりである。