第40話 恥ずかしい

ホワイトデー翌日の物語。学校に登校する良太。

良太≪あぁ・・・ドキドキするーーーーー!!≫

アルゴ≪うるさいぞ!!≫

良太≪ごめん・・・でもドキドキするよーーーーーーーーーーー!!≫

アルゴ≪うるせぇーーーーーー!!電流流すぞ!!≫

良太≪流された方がいいかも・・・落ち着きを取り戻すために≫

アルゴ≪・・・それでは罰にならない・・・≫


学校に着く良太。

良太「・・・おはよう////」

美紀「・・・おはよう////」

公太「じゃあ、退散しますかね♪」

美紀「ちょっと待って!!」

公太「うん」


去ろうとする公太を美紀が呼び止める。公太も立ち止まる。

美紀「ちゃんと聞いてて!!公太!!」

公太「え・・・」

美紀「良太君、好きです!!////」

良太「僕もです・・・////」

公太「・・・おめでとう♪」

アルゴ(小娘も目が曇ってるな・・・こいつを選ぶなんて)


二人は晴れて付き合うことに。美紀と公太は二人で話す。

美紀「これで完全決着ね♪ホモがたき」

公太「やめろ・・・その呼び方」

美紀「あたしの勝ちよ」

公太「よかったな♪」

美紀「・・・公太・・・ちゃんと聞いてたでしょうね?」

公太「え・・・聞いてたよ」

美紀「そう♪これで結婚式のスピーチは完璧ね♪」

公太「・・・お前の、思考回路はどっか、ぶっ飛んでるぞ!!」

美紀「うん?」

公太「まだ、付き合いはじめだろうが!!」

美紀「結婚するもん」

公太「・・・すごいな」

美紀「テへへ」

公太「お前に惚れられたら、おしまいだな」

  「鉄拳持ってて、思考回路がぶっとんでて、歪んでて・・・」

  「良太も大変だ。」

美紀「・・・ありがとう、公太」

公太「えっ?」


美紀は泣きながらその言葉を何度も公太におくる。

美紀「ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・ありがとう」

公太「もういいよ。わかったから」

美紀「うううう、ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・ありがとう」

公太「うんうん」


良太は公太と帰り道話す。

良太「公太ありがとう」

公太「まぁ・・・そうだな。言われるくらいは頑張ったか。死にかけたしな・・・」

良太「えっ?」

公太「まぁ、気にするな。大切にしろよ♪」

良太「うん///」

公太「一件落着♪」


布団でアルゴと話す。女子アナ風に話すアルゴ。

アルゴ「良太さん、今日はどうでしたか?」

良太「今日の感情はね・・・」

アルゴ「違います♪今日の告白の話です。インタビューさせていただきます」

良太「・・・いや・・・照れるよ///」

アルゴ「末永さんのどこがいいんですか?」

良太「・・・いっぱいありすぎて///」

アルゴ「おっぱいがありすぎて?」

良太「違うよーーーー!!///」

アルゴ「会いたいですか?」

良太「会いたいけど・・・まさか、来てるの!!ご本人登場的な!!」

アルゴ「会いたいんですね。震えてますか?」

良太「えっ?」

アルゴ「いや・・・どこかに会いたくて震えるやつがいるらしいからな」

   「ほんとにいるのか、お前で確認してみた」

良太「震えないよ・・・そのためだけに・・・この流れを」

アルゴ「そうだ。今日の感情をよこせ」

良太「今日か・・・・恥ずかしいかな・・・・どうしたらいいか////」

  「わかんないやーーーー!!///」

アルゴ「うるせぇーーーーーー!!母親に聞こえるだろう!!」

   「恥ずかしいか。覚えとく」


※末永さんは巨乳キャラでは、ありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます