第36話 無

今日はバレンタイン。より、前のお話し。教室で話す3人。

美紀「ちょっと・・・公太いい?」

公太「わかった・・・いく」

良太「また・・・二人で」

公太「色々あるんだ・・・良太」

良太「僕もいれてよ!!」

公太「だめだ!!こうなってるのも!!お前が原因だ!!」

良太「なに・・・それ」

アルゴ≪のけものだな。≫

良太≪ほんとだよ≫


美紀と公太は良太のいないところにいく。

美紀「例のぶつはこれです」

公太「おい・・・怪しいものに聞こえるやめろ!!」

美紀「改良してパワーアップしました」

公太「お前・・・変な粉とかいれてないよな?」

美紀「粉砂糖を少々」

公太「とりあえず、食うから」

美紀「味見お願いします」

公太「もぐもぐ」


公太はチョコレートを食べる。

公太「普通に・・・うまいよ」

美紀「まだ・・・普通か」

公太「おい・・・何を目指してるんだ?」

美紀「最高のものを」

公太「俺を虫歯にする気か?」

美紀「なってもいいとは思ってる」

公太「・・・協力者に失礼だぞ」

美紀「めんごめんご♪」

公太「お前の・・・俺に対する扱いは・・・たまにひどい」


良太は一人教室でモヤモヤする。

良太(なんだろう・・・二人でよくでかけて・・・あぁモヤモヤする)

アルゴ≪お前、モヤモヤ・・・モヤモヤ・・・そればっかり最近いってるぞ≫

良太≪だってそうなんだもん≫

アルゴ≪俺が計算するに・・・あのオスとメスはできてるな≫

良太≪えっ!!≫

アルゴ≪身体機能的に釣り合っている。あれはいい遺伝子を残す≫

良太≪つ、つ、付き合ってるということーーーーーーーー!!≫

アルゴ≪そうともいうな!!≫


良太は考えを整理する。

良太(そういえば・・・公太は・・・末永って呼んでるし)

  (末永さんも・・・公太って・・・呼んでるし)

  (僕は・・・良太君で・・・末永さんで・・・)

  (あれ・・・そうなのか・・・)

  (なんだ・・・胸が苦しい・・・)

  (あれあれ・・・モヤモヤが大きくなっていく)


公太と美紀が帰ってくる。

公太「良太・・・どうした?険しいぞ、顔が?」

美紀「良太君・・・?」

良太「・・・なんでもない・・」

公太「元気ないぞ~?」

良太「なんでもない!!」

公太(なに怒ってんだ?・・・一人置いてったからかな・・・)

アルゴ≪なにをイライラしている?≫

良太≪わかんない!!≫


良太は公太と帰る。

公太「わりぃな・・・最近一人にして」

良太「別に・・・いいよ」

公太「ごめん」

良太「・・・お邪魔虫だし・・・僕は・・・お邪魔で無視されても」

公太「えっ?」

アルゴ≪会話を勉強し始めたな!!≫

良太≪・・・≫


布団でアルゴと話す。

良太「はぁ~」

アルゴ「ため息が多いな」(29回目だな。)

良太「なんか・・・モヤモヤするからね」

アルゴ「モヤモヤ・・・感情か?」

良太「ちょっと違う気がするけど・・・感情表現ではあると思う」

アルゴ「う~ん。とりあえず、保留だな」

良太「そうしておいて。」

  「はぁ~」

アルゴ「本日、30回到達!!ためいき記録おめでとうございます♪」

良太「はぁ~」

アルゴ「31回に更新です♪」

良太「はぁ~」

アルゴ「文字数を稼ごうとしてるのか、貴様?」

良太「はぁ~」


そうして、バレンタイン当日を迎える。

生徒「公太君、チョコレート」

公太「ありがとう」

生徒「じゃあ///」

良太「公太はモテるね・・・」

アルゴ≪嫉妬か?≫

良太≪嫉妬かも≫

美紀「モテるわね・・・公太のくせに」

良太(末永さん・・・やきもちかな・・・)

アルゴ≪食べ物だな≫

良太≪そっちじゃない!!≫


また、公太と美紀が良太のいないところにいく。

美紀「はぁ、はぁ、はぁ」

公太「息遣いが荒いな・・・落ち着け末永」

美紀「だって、だって///」

公太「今日は決戦の日だ・・・このために俺は死にかけたところもある」

美紀「どうやって・・・渡せば」

公太「ストレートだ。それが一番強いと思う俺は。まっすぐ渡せ!!」

美紀「まっすぐ・・・」

公太「練習しておくか?」

美紀「おねがい!!」


チョコレートの渡し方を練習する二人。美紀は箱をもたずに、両手を真っすぐ伸ばす。

美紀「これ、受け取ってくださいーーーーー!!」

公太「ぐぉ!!」


公太の顔面に見事にストレートが炸裂した。美紀の渾身のストレートパンチが。

鉄腕から放たれるストレートパンチ。これを鉄拳という。

公太「いてて」

美紀「・・・ごめん・・・わざとじゃにゃいの・・・想いが余って」

公太「余りすぎだ!!アゴが砕けてチョコレートどころではなーーーい!!」

美紀「めんご・・・」

公太「良太だったら・・・死んでるかもしれないぞ・・・鍛えてないからな」

美紀「・・・反省します」

公太「落ち着いて、ゆっくり渡せ!!」


美紀は公太にチョコレートを渡す。

美紀「これ・・・協力してくれた・・・お礼」

公太「たくさん・・・食いすぎたけど・・・」

美紀「・・・」

公太「もらっとく。頑張れよ末永!!」

美紀「うん!!」

公太「ゆっくりを忘れるな・・・」

美紀「・・・はい」


教室に戻る二人。

良太(帰ってきた・・・!!)

公太「・・・」

美紀「・・・////」

良太(公太が手にチョコレートもってる・・・)

  (やっぱり・・・そうなんだ)

  (二人は付き合ってる・・・)

アルゴ≪オリンピック候補が誕生するかもな!!≫

良太≪・・・≫

アルゴ≪返しがないぞ≫

良太≪そんな気分じゃない・・・≫


良太は落ち込んでしまう。公太は気付く。

公太「どうした?良太?」

良太「・・・お幸せに・・・」

公太「えっ?」

良太「・・・放課後も一緒じゃなくてもいいよ・・・」

公太「何を言っている・・・良太?」

良太「・・・祝辞を述べてるよ」

アルゴ≪なかなか、成長してきたな。祝辞とは!!≫

良太≪・・・≫

アルゴ(先ほどから・・・返しがないな・・・なんだ?)


ただ、時間だけが過ぎていく。休み時間を何度も通り越す。

公太(いつ、渡すんだ末永!!)

  (学校終わっちまうぞ!!)

  (俺の日々はどうなる!!)

  (死を体験した俺の経験を無駄にする気か!!)

  (末永――――――――――――!!)


そして、放課後になる。

良太「じゃあ・・・帰ります。さようなら」

美紀「また・・・明日」

公太「!!」


良太が教室から出ていく。公太が美紀に話しかける。

公太「おい、末永!!」

美紀「・・・去年も結局渡せなかったし・・毎年こうなの」

公太「お前・・・追いかけろ!!良太を!!」

美紀「・・・」

公太「大丈夫だ!!きっとうまくいく!!お前は頑張ったんだ!!」

美紀「・・・公太」

公太「最高のものを作った!!あとは、渡すだけだ!!」

  「いってこい・・・末永」

美紀「うん!!いってくる!!」


美紀は走って良太を追いかける。公太はそれを見送る。

公太(やばい・・・気合いがのりすぎてる・・・鉄拳が炸裂しないよな!!)


良太は帰り道をとぼとぼ歩ていると後ろから美紀がくる。

美紀「良太くんーーーーーー!!」

良太「・・・うん?」

美紀「はぁ、はぁ」

アルゴ≪?≫


思春期の恋する少女はひたむきである。誰もが応援したくなるほどに。


美紀は話始める。

美紀「あ、あ、あ、////」

良太「・・・どうしたの?」

美紀「あの///」

良太「あぁ・・・あの件ね」

美紀「えっ?」

良太「公太とお幸せに・・・」

美紀「・・・なんで・・・そうなるの・・・」


美紀は悲しそうな悔しそうな怒りを良太にぶつける。もっていたチョコレートをぶつける。

美紀「良太君のばかーーーーーーーーー!!」

良太「!!」


美紀は去っていく。良太は一人呆然と立ち尽くす。

良太「・・・末永さん」

アルゴ≪・・・俺でもわかってきたぞ≫

良太≪えっ?≫

アルゴ≪機械以下だな・・・お前は≫

良太≪なにそれ・・・≫

アルゴ≪その箱を拾え≫

良太「これって・・・・?」


良太は箱を確認する。

良太「チョコレート・・・」

アルゴ≪食べろよ!!≫

良太≪・・・・うん≫


布団でアルゴと話す。

良太「・・・」

アルゴ「・・・」

良太「・・・」

アルゴ「感情を」

良太「・・・感情は・・・無だよ・・・何も考えられない・・・」

アルゴ「無か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます