第35話 ご機嫌

3学期中の物語。教室で話す3人。

良太「ふふふ♪」

公太「ご機嫌だな♪良太」

美紀「なんか、嬉しそうだね♪」

良太「今日・・・」

美紀「今日?」

良太「久々にお父さんとお話しできるんだ♪」

公太「そうか!!海外にいるって言ってたもんな」

美紀「・・・」

  (未来のお義父様・・・あぁ素敵な人そう!!だって良太君のお父さんだもの!!)

良太「だから、楽しみ過ぎて♪」

アルゴ≪よくわからんな≫


良太と公太は帰り道話す。

公太「良太・・・聞いてときたいことがある」

良太「なんだ?公太?」

公太「好きなお菓子はなんだ?」

良太「お菓子・・・ポテトチップスかな」

公太「違う!!」

良太「えっ?」

公太「そういうのじゃなくて・・・甘いやつだ!!」

良太「う~ん・・・」

公太「もしかして、甘いものだめなのか?」

良太「いやそうでないけど・・・甘いものか・・・チョコレートかな」

公太「そうか!!ナイスだ!!良太!!」

良太「・・・そう」(ナイス?)


家に帰り母親と話す。

母親「夕方ぐらいに電話出来るって、おとうさん」

良太「は~い」

母親「時間も余裕ないみたいだから、話したいことをまとめておきなさい」

良太「わかった!!」


良太は部屋に戻り、父親と話すことを書き出す。

良太「何から、話そうかな?」

アルゴ「バカなことからだろう」

良太「なっ!!違うよ!!近況報告だよ」

アルゴ「最近あったことか・・・凶を引きました2年連続で」

良太「・・・それもあるけど・・・明るい話題がいい」

アルゴ「明るい・・・なんだろうな」

良太「・・・まずは友達の公太のこと」

  「それから・・・末永さんのこと」

  「それと・・・学校のこと」

アルゴ「学校?」

良太「引きこもり脱出したこと」

アルゴ「そうだな」


良太は色々書き出していく。話したいことを。

アルゴ「・・・書きすぎだぞ」

良太「終わらないや・・・書くのが」

アルゴ「・・・話す時間もなくなるぞ」

良太「えっ?」

アルゴ「余裕があまりないと言ってたぞ」

良太「そうか・・・どうしよう?」

アルゴ「どうしようもないな。優先順位を決めて話せ」

良太「いっぱい・・・書きすぎた」

アルゴ「書いた順番からでいいんじゃないか、そしたら。」

良太「そうだね♪」


夕方になり父から電話がくる。

母親「はい、良太」

良太「もしもし」

父親「おっ、天才くん久しぶりだな♪」

良太「天才君?」

父親「・・・いじめのことは母さんから聞いたよ」

良太「・・・そう・・ごめん言えなくて」

父親「今は楽しいんだろう?」

良太「うん、楽しい!!でね、話したいことがいっぱいあって」

父親「どうした?」

良太「公太っていうやつがいてね♪そいつが、バカなんだけどすごいやつでね」

  「消防士になるって!!絶対なるやつだけど・・・金髪でね」

母親(あらあら♪)

アルゴ≪全然話がまとまってないな・・・時間だけ過ぎそうだ≫


父親との会話を楽しむ良太。ただ、終わりの時間はやってくる。

良太「次は・・・」

父親「良太・・・そろそろ時間だ。」

良太「そうか・・・」

父親「今度続きを聞かせてくれ。」

良太「うん」

父親「ひとつだけ言っておこうと思う」

良太「なに?」

父親「来年、受験だが・・・お前のやりたいことにあった学校にいきなさい」

  「まぁ、見つかればだけどな」

良太「わかった!!」

父親「けど、安心したよ。お前が楽しそうで」

良太「うん♪」

父親「次話せるのを楽しみにしてるよ♪良太♪」

良太「僕も!!」

アルゴ≪結局、書き出した奴の3分の1も話出来てないな≫

良太≪そうだね・・・≫

アルゴ≪・・・もう少し、会話の勉強もしたほうがいいぞ≫

良太≪頑張ります!!≫


父親は研究に戻る。

父親「さてと」

研究員「はじめましょうか。」

父親「そうだね」

研究員「天才くんの様子はどうでした?」

父親「楽しいってさ♪」

研究員「そうですか♪」


良太は夕食を食べながら母親と話す。

母親「お父さん元気そうだったわね♪」

良太「そうだね♪」

母親「それにしても・・・いつ研究終わるのかしら?」

良太「早く終わってほしいね・・・」

アルゴ≪研究は終わらんのではないか?≫

良太≪なんで?≫

アルゴ≪探求に終わりなどはないからだ。≫

良太≪難しいことをいうね・・・≫


布団でアルゴと話す。

アルゴ「じりりりりん」

良太「何?」

アルゴ「じりりりりん」

良太「なんか・・・怖いよ。その音。」

アルゴ「黒電話だ。ガチャ」

   「あたしアルゴちゃんよ」

良太「えっ?」

アルゴ「今あなたの目の前にいるの」

良太「メリーさんの怪談だね!!やめてよ、怖いのは苦手なんだ」

アルゴ「あなたの感情を教えて」

良太「今日か・・・う~ん・・・今日は」

アルゴ「早くしないと、爆発するわよ♪」

良太「ちょっと待って!!お父さんと話せてご機嫌かな!!」

アルゴ「ご機嫌か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます