第31話 青春

中学二年生の2学期も終わりに差し掛かっていた。学校への支度を準備する。

良太≪ふふん♪≫

アルゴ≪俺にお前の歌を聞かせるな≫

良太≪あっ?ごめん。つい・・・会話しながらやってしまった・・・≫

アルゴ≪謝罪しろ!!≫

良太≪ごめんなさい≫(謝罪を教えてから・・・大変だ・・・)


良太は学校に着く。

良太「おはよう♪」

公太「おっす」

美紀「おはよう///」


そして、休み時間に美紀はある作戦を実行する。

美紀(あの本に書いてあった・・・押してダメなら引いてみろ)

  (そう・・・あれよ!!あれを試すのよ!!)

公太「でさ~」

良太「へぇ~」

美紀「良太君!!」

良太「どうしたの?末永さん?」

美紀「べ、別に・・・・良太君のことなんて好きじゃないんだからね///!!」

良太「・・・え」

公太(前から・・・なんとなくは気付いていたが・・・殺意の理由はこれか・・・)

良太「・・・ごめん・・・なんかした?」

美紀「えっ?」

公太(・・・良太・・・それは違う返しだ)

良太「・・・」

アルゴ≪お前は気付かずに悪いことをする時があるからな≫

良太≪・・・そうだね・・・≫

美紀「な、な、なんでもないんだからーーーーーー!!////」


美紀は走り去っていった。どこかへ。

良太「・・・」

公太「良太・・・お前が悪い」

良太「えっ?」

アルゴ≪俺も同感だ!!きっと、お前が悪い!!謝罪しろ!!≫

良太≪・・・≫

公太(あいつも悪いけどな・・・・ツンデレ・・・か・・・ツンだけしかなかったぞ・・・末永・・・・)


思春期の恋する少女は、勉強熱心である。恋愛について、よく学習する。

ただ、間違ったものもあるので気を付けて欲しい。効果を発揮せず、逆効果になる時がある。


良太と公太は帰り道一緒にかえる。

公太「良太は・・・にぶいな」

良太「えっ?」

公太「・・・まぁ・・・ほっとくけどな」

良太「なんだよ!!公太!!」

公太「考えろ」

良太「・・・誰かにもいわれたな?」

アルゴ≪考えろ!!≫

良太≪はい・・・≫(なんのことだろう?)


良太は家で過ごす。ゲームをやっていた。

良太「・・・」

アルゴ「右から敵がくるぞ!!」

良太「えっ?」

アルゴ「ぼーっとしてるな。」

良太「いや何を考えるのか・・・わからない」

アルゴ「全部だ!!」

良太「えっ?」

アルゴ「常に考えろ!!思考を止めるな!!」

良太「・・・そうだね!!全部考える!!」


日が経ち、バレー部の応援にいく良太と公太。

良太「おぉ、大会って感じだね」

公太「そうだな・・・末永でるのか?」

アルゴ≪あのメスも身体機能が高い!!あれを使わなかったら、監督が頭おかしい≫

良太「大丈夫だよ!!」

公太「そうだな」


そして、美紀たちの試合が始まる。美紀は部長になっていた。

美紀「じゃあ、みんないくよ!!」

部員「はい!!」

良太「頑張れーーーー!!末永さんーーーーーー!!」

公太「イケイケ、末永♪押せ押せ、末永♪」

美紀(見にきてくれたんだ!!頑張んなきゃ!!)


試合は進んでいく、攻防は均衡していた。

良太「くそ~」

公太「点差が開かないな」

良太「あと、ちょっとなんだけどね」

アルゴ≪チーム制というのは、あれだな。足の引っ張り合いだな≫

   ≪小娘が6人いれば、楽勝だ≫

良太≪そうじゃないよ!!それは違うアルゴ!!≫

アルゴ≪なぜだ?≫

良太≪みんなでやるから楽しいものもあるんだ!!一人でもできるものもあるけど・・≫

  ≪バレーはみんなでやるものだから≫

アルゴ≪子供っぽい理屈だな・・・≫

良太≪だって、子供だもん♪≫

良太(けど・・・かっこいいな末永さん!!)


コート上の美紀は誰より声を出す。味方を鼓舞する。

美紀「まだ、終わってない!!」

  「ここから、決めてくよ!!」

部員「ハイ!!」

良太・公太「頑張れーーーー!!」


美紀にトスが上がり、アッタクする。

美紀(ここで、決めなきゃ!!私は部長だ!!)


その、熱意が緊張に近いものでもあった。ボールはアウトの判定をされる。

審判「アウト!!試合終了」

美紀「・・・・ごめん・・・みんな」

部員「・・・次、頑張りましょ!!」

良太「くそ~」

アルゴ≪おい!!審判間違えてるぞ!!あれは入ってる!!ライン上だーーー!!≫

   ≪俺の目は確かにみた!!あいつの目は腐ってるのかーーーー!!≫

良太≪アルゴ・・・熱くなってるね・・・≫

アルゴ≪・・・熱血してしまった・・・・・≫


良太と公太は、拍手を送る。頑張った人たち全員に。美紀は下から、良太たちを眺める。

良太・公太「お疲れ様です!!」

美紀「・・・」


良太と公太は帰る。

良太「いや~、熱かったね!!」

公太「そうだな!!スポーツも悪くはない!!」

良太「お前は・・・消防士だろう!!」

公太「・・・危ない・・・それるところだった・・・」

アルゴ≪どう考えても、あれは入っていた!!≫

良太≪アルゴ、まだ言ってる♪≫


布団でアルゴと話す。

アルゴ「そうか、そうか、リベロというのがあるんだな」

良太「リベロ?」

アルゴ「最強の攻撃は、サービスエースで全点をもぎとることか」

良太「・・・」

アルゴ「やはり、ライン上のボールは有効として扱われる」

   「あいつは審判やめたほうがいいな」

良太「・・・」

アルゴ「人間の目ではだめだな。やはり、機械でやらなければ」

良太「バレーに・・・詳しくなったね・・・」

アルゴ「・・・なかなか興味深いなチーム制も」

良太「そうでしょ♪」

アルゴ「今日の感情はどうだ?」

良太「・・・う~ん。なんか、青春って感じかな。輝いてた、末永さんが!!」

アルゴ「青春か。覚えとく」




急きょ次回予告!!


ついに、思春期の恋する少女の戦いに決着がつーーーく!!

因縁の敵、ホモがたきとの死闘がはじまーーーーるーーーー!!


「神に代わって、おしおきよーーーーーーーーー!!」


その日、聖なる日、少女は神殺しを決意する。絶対に見逃すな!!


衝撃の問題作『疑問』


カミングスーン。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます