第30話 困惑

皆さま、ツインシュートというものをご存じだろうか?

とある少年サッカー漫画で使われた技だ。


良太と公太はサッカーをしている。

公太「いくぞ、良太くん!!」

良太「いくぞ、公太くん!!」

良太・公太「ツインシュートだ!!」

公太「おらぁあああーーーー!!」

良太「ぎゃぁああああーーーーーー!!」

アルゴ≪あほかこいつら≫


公太のシュートが良太の足へ炸裂した。

普通こうなる。危ないからやめましょう。


それでは本編へ戻ります。


まだ、秋である。良太は日曜に家で過ごす。

訪問者が現れる。

チャイム「ピンポ~ン」

良太「あれ・・・宅急便かな?」

アルゴ≪母親がいないんだ。お前がでろ≫


良太が家の扉をアルゴの力を借りて開ける。

良太「あれ・・・」

美紀「・・・」

良太「末永さん・・・?どうしたの?」

美紀「あ、あのね・・・お菓子作ったんだけど・・・余っちゃって・・」

  「もし・・・良かったら食べて欲しくて!!///」

良太「ありがとう♪一緒に食べる?」

美紀「えっ///」

良太「あがっていいよ♪」

美紀(これは・・・チャンス!!ホモがたきがいない今が!!)

  (絶好のチャンスよ―――――!!)

  (公太・・・今日、空気読まずに良太君家に来たら・・・殺してあげるわ)

  (あたしの鉄腕アタックを脳天に直撃させてやるーーーーーー!!)

良太「・・・末永さん?」


思春期の恋する少女の手は、鉄並みに固いらしい。ほんとかどうかはわからない。

※何度でもいう。殺人は絶対しないでください。命は大切です。


そして、美紀が良太の部屋にいく。

美紀(二人っきりなんて・・・緊張しちゃうな)

良太「紅茶いれてくるね♪」

美紀「はい・・・」


良太は紅茶をいれる。

良太「クッキーか♪おいしそうだったな」

アルゴ≪毒入りかもな≫

良太≪さすがに・・・それはないよ≫

アルゴ≪自白剤入りかもしれないな≫

良太≪・・・どっちも毒っぽいよ・・・≫


美紀は一人部屋で待つ。

美紀(あぁ・・・どうしよう・・・このチャンスを。チャンスを)

  (どうレシーブして、トスを上げて、アタックすればいいの・・・)

  (公太ブロックがない今が・・・チャンス。やはり、Aクイックあたりかしら)

  (速攻を中心に組み立てて・・・)

良太「おまたせ♪」

美紀「///」(きゃあーーーーー!!あたしの心にアッタクが!!態勢が保てない!!)

良太(なんか・・・様子おかしいな・・・・)

アルゴ≪このメスはいつもこんな感じだぞ≫

良太≪そうかな・・・≫


二人でクッキーと紅茶を食す。

良太「うまいね♪」

美紀「ありがとう///」

良太「今日はどうしたの?」

美紀「えっ?」

良太「いや・・・なんかあったのかなって?様子が変だし?」

美紀「それは・・・」(ここで、言わなきゃ!!勇気を出して)


そして、美紀は言葉にする。

美紀「美術の勉強を一緒にしようかなって!!」

良太「えっ!!」

美紀「・・・それだけ」(あぁ・・・違う・・・心にもないことを)

良太「・・・」(家に上げてしまった以上・・・クッキーも貰ったし・・・断りずらいな)

アルゴ≪よかったな!!勉強教えてくれるぞ!!≫

良太≪・・・はい。バカだから学習いたします。≫

アルゴ≪しつけが功をそうしてきたな♪≫


美紀の携帯にある美術の画像を見ていく二人。

美紀「この絵がね・・・」

良太「ふむふむ」

美紀「この作者はね・・・」

良太「ほーほー」

美紀「時代背景がね」

良太「時代か・・・」

アルゴ≪ほんとにわかってるのか?思考が読み取れないが・・・≫

良太≪わかってはいない・・・雰囲気で感じようと思う≫

アルゴ≪・・・好きにしろ≫


そして、良太は美紀の携帯に顔を近づけていく。次第に二人の距離が近くなる。

美紀「えっ・・・////」

良太「こうなってるのか・・・」

美紀(体が近すぎるよ!!)

良太「・・・なんだろう・・・」

美紀「・・・///」

良太「・・・少し!!芸術がわかってきたかも!!」

美紀「///」

良太「あれ・・・末永!!」


良太も体が近づいてることにここで気が付く。

良太「あ、あ、あのごめん!!////」

美紀「い、い、いえいえ////」

アルゴ≪?≫

良太「・・・////」(どうしよう・・・気まずい)

美紀「・・・////」(どうしよう・・・言った方がいいのかな)

アルゴ≪・・・≫


そこからは無言の時間が続いた。そして、美紀が帰る。

美紀「お邪魔・・・しました・・・」

良太「う・・・ん」

美紀「また・・・」

良太「また・・・」

アルゴ≪・・・≫


美紀は帰り道考える。

美紀(あぁ・・・ホモがたきブロックがない今日がチャンスだったのに)

  (レシーブすらできなかった・・・サービスエースを決められたときの気分)

  (けど・・・なんか)

  (よかったかもーーーーーーーーーーーー!!)

美紀「おっしゃーーーーーーーーー!!ナイスサーブーーーーーーーーーー!!」

モブ「!!」


思春期の恋する少女の殺害計画は未遂に終わった。そうはさせません。殺人させません。

一人のホモがたきの命は救われた。


布団でアルゴと話す。

良太「・・・」

アルゴ「お~い」

良太「・・・」

アルゴ「お~い」

良太「・・・」

アルゴ「お茶♪」

良太「・・・」

アルゴ「ほうほうほう。シカトとはいい度胸だな!!」

良太「あっ・・・違くて!!」

アルゴ「今日の感情を言え!!」

良太「今日は・・・なんだろう・・・なんだったっけ?」

  「・・・これは・・・そう」

アルゴ「・・・おい、頑張れオス!!」

良太「そう!!困惑だ!!何が何だか、わかららず困ってる」

アルゴ「・・・困惑か。覚えておく」


※わかららずは誤字ではありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます