第29話 謝罪

秋も深い時、学校で過ごす三人。

良太「この前の中間はできたぞ♪」

公太「おれは・・・どうも・・だめだ」

美紀「まぁ、公太。頑張んなさい♪得意でしょ頑張るの♪」

公太「そうだな・・・なぜ頑張ってもこれだけは結果がでないんだ?」

アルゴ≪馬鹿だからだ!!≫

良太≪・・・≫


ふと、話題がそれる。そして、公太が黙る。

美紀「けど、消防の知識はあるからできるんじゃない?」

公太「・・・そうだな・・・好きなことだからかもな」

良太「そうだよ♪」

美紀「あんたの死んだお父さんの為にも、頑張んなさいよ」

公太「えっ?」

良太「そうだよ♪」

公太「・・・」


公太が良太に話しかける。

公太「なんで、末永が知ってるんだ?」

良太「えっ?」

公太「俺はお前にしか話してない・・・」

良太「それは・・・」

美紀「いや・・・クリスマスの時に・・・」

公太「良太―――!!」

良太「・・・」

公太「お前勝手に話したのか!!」

良太「けど・・・良かれと思って・・・」

公太「お前は人の秘密を言いふらすのか!!」

良太「違うよ!!」

美紀「ちょっと、二人とも」


公太と良太がつかみ合いになる。美紀は先生を呼びにいく。

公太「それは悪いことだろうーーー!!」

良太「俺はそんなつもりじゃなかった!!」

美紀「やめてよ・・・」(先生を呼んでこなきゃ!!)

公太「つもりじゃなくても、俺は傷ついた・・・」

良太「・・・」(お前のことを思ったんだ、僕は・・・)

公太「お前とはしばらく口を聞かない!!」

良太「勝手にしろ!!バカ公太!!」

アルゴ≪・・・≫


そして、先生が駆けつける。

先生「どうした!!二人とも」

公太「なんでもありません・・・」

良太「なんにもないです・・・」

先生「いや・・」

良太・公太「何にもない!!」

先生「・・・」

美紀「・・・」(私のせいで二人が・・・)


それから、良太と公太は口を聞かなくなった。

美紀「ねぇ、二人とも」

公太「・・・」

良太「・・・」

美紀「仲直りしようよ・・・」

公太「・・・末永、俺は口を聞かないんだ」

良太「・・・末永さん、俺もだ」

美紀「・・・」(やだよ・・・そんなの・・・)

アルゴ≪何を意地になってる?≫

良太≪意地になってないーーーーーーーーー!!≫

アルゴ(はぁ~・・・よくわからん・・・・ほっとくか・・・)


良太はひさびさに一人で帰る。

良太(あぁ、ムシャクシャする・・・何が悪いんだ・・・・)

アルゴ≪・・・友情はどうした?≫

良太≪・・・今は無理だ!!≫

アルゴ≪・・・あきれる。お前に!!≫

良太≪アルゴまで!!知らない!!アルゴとも口を聞かない!!≫

アルゴ≪ご勝手に≫


良太は家で一人で過ごす。漫画読んでいた。

良太「・・・」(全然・・・楽しくない・・・公太のせいだ!!)

アルゴ(こいつはいつも矛盾だらけだな・・・楽しいのが好きなんじゃないのか・・・なぜ・・・つまらないことをする・・・)

良太「くそ~~~」


夕食を母親と食べる、良太。

良太「・・・」

母親「どうしたの?ムッとして?」

良太「公太と喧嘩したんだ・・・口を聞かないあいつとは!!」

母親「少し頭を冷やしなさい!!」

良太「かあさんまで・・・なんだよ!!」

母親「・・・良太・・・忘れちゃいけないことがあるの・・・考えなさい」

良太「忘れちゃいけないって・・・」(なんだよ・・・考えろって)

アルゴ(バカだから無理かもな・・・考えるのは)


翌日も口を聞かない二人。美紀もしゃべれなくなっていた。

良太「・・・」

公太「・・・」

美紀「・・・」(空気が重いよ・・・)


そして、放課後を迎える。美紀が勇気を出して二人にいう。

美紀「私が悪いの・・・勝手に聞いちゃったから・・・」

良太「末永さんは悪くないよ!!僕が勝手に話したんだ!!」

公太「わかってんじゃん。勝手に話したんだよ、お前が!!」

良太「そうだよ!!」

美紀「もう、やめてよ・・・バカだよ、二人ともーーーーーーーー!!」

アルゴ(この娘のいう通りだ。いつまで自覚しないんだ。この二人は?)


そういうと美紀はいなくなってしまった。

良太「・・・」(末永さんまで・・・)

公太「・・・」(なんでだよ・・・良太・・・なんでだ・・・)

アルゴ≪おい、馬鹿者!!≫

良太≪なんだよ!!≫

アルゴ≪お前以前、傷つけたらごめんって言えって、言ってたぞ!!その矛盾はどうするんだ!!≫

良太≪それは・・・≫

アルゴ≪あいつはちゃんとお前に傷ついたといった!!お前がおかしい!!≫

良太≪だけど・・・≫

アルゴ≪感情か・・・感情のせいにして、また逃げるのか!!≫

良太≪・・・≫

公太「・・・」

良太「公太・・・話がある」

公太「俺はない!!」

良太「僕が、話があるんだ!!」

公太「・・・いいよ、言ってみろよ!!納得したら許してやるよ!!」


放課後の教室で二人で話す。

良太「ごめん」

公太「えっ?」

良太「公太を傷つけた・・・だから謝るよ・・・ごめん」

公太「・・・」

良太「けど、悪いことをしたとは思ってないんだ・・・」

  「俺は公太がクリスマスを好きになってほしいと願ったんだ!!」

  「公太がクリスマスが好きって言えるように!!」

  「だから、末永さんに協力してもらうために・・・」

  「公太の秘密を・・・・しゃべっちゃったんだ」

公太「・・・そうか」

良太「いいよ。殴るなら殴れよ・・・一発だけだぞ・・・」

公太「じゃあ、遠慮なく!!」


公太が思いっきり良太に右腕を振り上げる。

良太(痛そうだな・・・)

公太「・・・」


ただ、手前でスピードを緩め、軽くほほをはたく。触るに近いのかもしれない。

公太「・・・俺も悪かった・・・ごめん」

良太「公太・・・ごめん」

公太「帰ろうぜ・・・良太」

良太「う・・・・ん」


放課後の帰り道、良太と公太は話す。

良太「明日・・・末永さんにも謝らなきゃね」

公太「そうだな・・・」

アルゴ(・・・そうか・・・それを待つか・・・)


そして、布団に入りアルゴと話す。

良太「アルゴ・・・聞かないの?」

アルゴ「・・・」

良太「ねぇ、アルゴ・・・・アルゴ?」

アルゴ「・・・」

良太「・・・」


翌日学校で美紀に謝る二人。仲直りを確認し、泣いてしまう美紀。

良太・公太「ごめんなさい!!」

美紀「・・・仲直り・・・したの?」

良太・公太「した!!」

美紀「バカちん・・・ううううう・・・心配したんだから・・・」

良太「泣かないで!!」

公太「そうだぞ!!」

美紀「あんたたちのせいよーーーーー!!ばかちんーーーーー!!」

良太・公太「・・・・ごめんなさい」


そして、布団でアルゴと話す。

良太「アルゴ・・・ごめん」

アルゴ「ようやく言ったな」

良太「アルゴも怒ってたの?」

アルゴ「そんな、感情はまだ知らん。」

良太「そうだね・・・ごめんアルゴ」

アルゴ「・・・聞いてやる・・・今日の感情は?」

良太「・・・謝罪かな。・・・僕が間違えてたよ・・・母さんがいったこともやっとわかった・・・考えなきゃいけなかったんだ・・・もっと」

アルゴ「そうだな!!母親にも謝れ!!」

   「謝罪か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます