第23話 恐怖

これは中学二年の夏の物語。学校への支度をする。

アルゴ≪今日から、プール開きというやつだな≫

良太≪去年はアルゴのせいで見学だったからね・・・≫

アルゴ≪俺のせいではない。お前の体力がなかっただけだろう≫

良太≪違うよ!!アルゴしてたら、怒られると思ったんだ、先生に≫

アルゴ≪なんだ、排除すればいいのか?≫

良太≪・・・あらゆるものが敵になるね・・・≫


学校に行きながらアルゴに問いかける。

良太≪外したら、だめかな?≫

アルゴ≪爆発したければいいぞ≫

良太≪・・・だめだね≫

アルゴ≪そうだな≫


そして、学校でプールの時間が来る。

先生「あれ、良太見学か?」

良太「はい・・・」

先生「保健室へいくか?」

良太「大丈夫です・・」


公太がそのやりとりに気付く。

公太「良太!!今日、元気だろう?」

良太「えっ?」

公太「さっきまで、俺とふざけてたし」

良太「それは・・・」

先生「仮病はよくないぞ!!」

良太「・・・」(どうしよう?)

アルゴ≪排除すればいい。簡単だ≫

良太≪学校これなくなっちゃうよ・・・≫

アルゴ≪それは、困るな≫

良太(アルゴが困ってる!!あるじゃないか!!困ること!!)

先生「で、本当はどうなんだ!!」

良太「いけます・・・」


そして、時計をしたまま、プールへ向かう。

良太(来てしまった・・・どうしよう)

アルゴ≪気にすることはないんじゃないか≫

良太≪・・・もうどうにでもなれ!!≫


準備体操が始まる。

良太(あれ・・・以外と気付かれてないぞ)

アルゴ≪人間ってのは、変化に気付きにくい生き物だから≫

良太≪そうかも♪≫

先生「それじゃあ、各自好きに泳げ!!」

生徒「は~い」

先生「くれぐれも、飛びこむなよ!!」


みんな、プールに入っていく。良太もドキドキしながらプールに入る。

良太(久々のプールだ!!楽しみだ!!)

  (くぅ~~この感覚だよ、プールに入った時の冷たいような気持ちいいような感覚)

  (お風呂とは違った意味で最高だね♪)

アルゴ≪俺にはわからん≫


公太が良太のところに近づいてくる。

公太「良太♪」

良太「公太♪」

公太「さぁ、なにするか!!」

良太「・・・お前の気合いは時々怖い・・・」(嫌な予感のフラグだ・・・・)

公太「えっ?」

公太「とりあえず、水の掛け合いっこでもするか!!」

良太「・・・待って!!」


公太の激しい水しぶきが良太を襲う。

公太「せい、せい、せい、せい、せい、せい、せい」

良太「ぶほーーーーー!!」

良太(息が苦しい・・・地上にいるのにおぼれてーーーーる!!)

  (公太と水も危険だーーーーーー!!)

アルゴ≪人間は簡単に溺れるからな。少量の水で水死する。≫

良太≪それより、アルゴ手伝って!!ペットが死んじゃうよ、ご主人様――――!!≫

アルゴ≪それは困るな≫


アルゴを使ってやり返す良太。

良太「このくそーーーー!!」

公太「ハハハ」


※水の掛け合いっこは過剰にやると、溺れる可能性があります。

みなさん気を付けてください。激しく連続でやると呼吸ができなくなります。

注意が必要です。下手したら殺人になります。


その二人の様子を眺める美紀。美紀の目には二人がまぶしく映っていた。

美紀(公太めーーーーーーーー!!良太君と・・・良太君とーーー!!)

  (プールで水の掛け合いっこなんて・・・うらやましいーーーーーーー!!)

  (うらやましすぎーーーーーーーーーーーーーーーーーる!!)

  (ずるい・・・・・・・ずるし、ずるし、ずるし!!憎し、憎し、憎し!!)

美紀「はぁ~」

  (けど・・・水着で近づくの恥ずかしいな・・・)

  (良太君に見られたら・・・嫌だな・・・)

  (あぁ・・・どうしたらいいの・・・神様!!)

  (ううぅう・・・もっとモデルみたいな体型だったら・・・)

  (違う・・・橋本環奈ちゃんに生まれれば・・・)

  (あぁ・・・武井咲ちゃんも捨てがいた・・・)



公太と良太の戦いがひとまず決着を迎える。

公太「まいった、まいった♪」

良太「はぁ、はぁ、はぁ、」

アルゴ≪俺に勝てるわけがないだろう。死体でも動かすぞ≫

良太≪・・・僕の生命維持機能も追加してほしいです・・・・≫

アルゴ≪考えとく≫


良太と公太は話す。

公太「次は何をするか・・・・」

良太「もう・・・公太の提案は無視する」

公太「ひどいぞ!!良太!!」

良太「こういう時は・・・末永さんがいれば・・・」


美紀を探す良太。

良太「いた!!末永さん!!」

美紀「!!」

 

良太が近づいていく美紀に。

良太「末永さ~ん、公太だけじゃ危ないから一緒に遊ぼう♪」

美紀(良太君が裸で近づいてくりゅーーーーー!!////)

  (だめだよ私たち・・・まだ子供だよ・・・そんなことーーーー!!////)

  (そんなにまぶしい笑顔で私のところに来ないで!!)

  (太陽が近づいてくるーーーーーーーーー!!////)

良太「末永さん?」

美紀「////」


良太は裸ではない。上半身が裸である。思春期の少女の妄想はたくましい。

詩的なものすら感じるほどに。


良太は美紀の手を引っ張っていく。

良太「こっち、」

美紀(手を手を!!おててを!!つないでまする!!良太王子!!////)

公太「おう、きたな末永!!」

良太「公太の危ない遊びを止めて欲しいんだ」

美紀「公太の?」

  (あぁ、またこいつか・・・公太があたしの邪魔をしている・・・)

  (殺意すら覚えてきたわ・・・公太!!覚悟なさい!!)

公太「なんだよ・・・そんな目でにらむなよ・・・こぇえよ」

良太「末永さん・・・・」


思春期の少女の恋愛に対する、憎しみは怖い。殺意ではないかと錯覚するほどに。


そして、楽しいプールの時間が終わる。

公太「たくさん、遊んだな♪」

良太「そうだね♪久々のプールで楽しかったよ」

美紀「私もおいしかった////」

良太「おいしい?」

美紀「なんでもない!!」

良太「うん?」


布団でアルゴと話す。

アルゴ「デデン、デン、デデン♪」

   「デデン、デン、デデン♪」

良太「それは・・・・ターミネータだね!!」

アルゴ「アスタラビスタベイビー!!」

良太「どういう意味?」

アルゴ「地獄で会おうと略されてるな。」

良太「地獄!!」

アルゴ「正式にはまた会う日までだ」

良太「ほっ・・・なぜターミネータを?」

アルゴ「生命維持機能の関係だ」

良太「アルゴ・・・・大好きだーーー!!」

アルゴ「それより、今日の感情をよこせ!!」

良太「今日はそうだな・・・・」

  「・・・溺れて死にかけた・・・・これは・・・死の恐怖・・・恐怖だ!!」

アルゴ「恐怖か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます