第21話 情熱

まだ、春の物語。道徳の授業が行われる。

先生「今日は、みんなで議論しよう」

生徒「は~い」

先生「じゃあ、学級委員前にでてきてくれ」

良太「・・・はい」


良太と美紀が前に立つ。

先生「今日のテーマはいじめについてだ」

良太「えっ・・・・」

美紀「それは・・・」

先生「みんなで議論してほしい。じゃあ、始めてくれ」

公太「・・・・」


美紀が心配そうに良太に尋ねる。

美紀「大丈夫?良太君・・・」

良太「・・・大丈夫だと思う」

アルゴ≪その件は解決したんだろう≫

良太≪そうだったね・・・≫


議論が生徒達で始まる。先生は議論を見守る。

良太「どうしようか・・・・」

美紀「じゃあ、まずは・・・いじめはいいことなのか・・・わるいことなのか」

公太「悪いに決まってる!!」

生徒「そうだ、そうだ!!」

良太「・・・良くないよね・・・いじめは」

美紀「私もそう思う」


ただ、それでは議論にならないので、美紀は次の話題を考える。

美紀「いじめは・・・なぜ悪いのか・・・を話し合いましょう」

良太「そうだね」

生徒「なぜって・・・」

公太「悪いからだ!!」

美紀「それじゃあ、議論にならないでしょ!!」

公太「・・・・とても・・・悪いからだ・・・」

アルゴ≪別に悪いことでもないだろう≫

良太≪えっ?≫

アルゴ≪強いものが生き残って弱いものが淘汰されていくそれが、進化だ≫

良太≪けど・・・弱いものはどうすればいいの・・・?≫

アルゴ≪さぁな。隠れて生き延びればいいんじゃないか≫

良太≪・・・≫


良太がみんなに向かって、話始める。

良太「別に悪いことでもない!!」

生徒達「えっ!?」

良太「強いものが生き残って弱いものが淘汰されていくそれが、進化だ!!」

  「弱いものは、隠れて生き延びればいいんじゃないか!!」

先生「!?」

美紀「それだと、弱い人はだめってことになるよ!!」

公太「そうだ!!良太!!何言ってんだ!!」

アルゴ≪お前、何やってんだ?≫

良太≪アルゴの代わりに僕がしゃべったんだ≫

アルゴ≪ほ~、おもしろそうだな。じゃあ、続けてもらうか≫


良太はアルゴの言葉をみんなに話す。

良太「いじめられるやつも悪い!!弱いことをいいことに被害者ぶっている!!」

生徒「おい!!言いすぎだぞ!!」

先生「ちょ・・・」

良太「強くなろうとしない!!弱い奴は淘汰されて当然だ!!」

  「もともと種の起源として、強い遺伝子を残す役目がある!!」

  「それが、本能というものだろう!!お前たちの!!」

アルゴ≪そうだ、続けろ≫

先生「・・・」(妙に説得力があるな・・・)

良太「そもそも、何が傷ついただ!!お前らの感情というものはほんとくだらない!!」

  「少しのことで動揺して、落ち込んで、喜んで!!」

  「まったく、合理的ではない!!」

美紀「それは違うわ!!」

美紀「感情がなければ、何も感じなくなってしまうわ!!」

生徒「そうだ!!弱い奴が悪かったら・・・悪かったら・・・いじめてもいいことになっちゃうだろう!!」

良太「じゃあ、何故いじめる!!」

公太「えっ?」

良太「なぜ、人が人をいじめる!!」

先生「・・・」(こんなやつだったのか・・・良太って)


みんな考え始める。なぜいじめるのかを。

良太「どうした!!誰も何も言わないのか!!」

美紀「人が人をいじめるって・・・」

良太「だって、そうだろう!!いじめは現に起きている!!この瞬間にもだ!!」

美紀「そうだけど・・・」

生徒「・・・」

先生「そうだな・・・起きてる良太!!」


先生が議論に参加し始める。生徒たちは二人の議論のやりとりを見ている。

先生「人は人をいじめる生き物かもしれない!!」

良太「そうだ!!」

先生「けど、人をいじめたくないと思う生き物だ」

良太「なんだと?」

先生「だって、全員がいじめてたら、人は増えない」

良太「それはそうだな」

先生「お前のいう通り、いじめは起きてる。ただ、失くしたいとも思ってる」

良太「けど、なくらないだろうな」

先生「そうかもな・・・」

良太「何故なら、お前らには勝手に傷つく機能があるからな」

先生「機能?」

良太(まずいか・・・)

アルゴ≪続けろ!!≫

良太「そいつが、いじめと認識をしてないもので、勝手に傷ついたという被害者もいる」

先生「・・・」

良太「どれがいじめか!!境界線があいまいなんだ!!」

  「だから、おかしいことになる!!」

  「しっかり、境界線を引くべきなんだ!!ここからはいじめだと!!」

先生「そうだな・・・」


良太の一人の演説に近いものになっていた。

美紀「それでも・・・私は間違ってると思う」

良太「論理的にしゃべれ」

美紀「うまくはしゃべれないけど・・・」

公太「良太・・・」(どうしたんだ・・・お前はいじめられたことがあっただろう)


良太は話す。アルゴと。

良太≪アルゴありがとう。ここからは僕の意思で話す≫

アルゴ≪あいつらもう言い返してこないからな≫


良太が話始める。生徒たちはざわつく。

良太「みんなごめん、言い方がきつくて」

美紀「えっ?」

良太「みんな、聞いて欲しい!!僕はいじめにあったことがある!!」

生徒「えっ」

良太「だから、不登校だったんだ!!」

公太「・・・」


良太が話を続ける。

良太「確かに僕が勝手に傷ついただけかもしれない・・・」

  「被害者ぶってたのかもしれない・・・」

  「あれが、ほんとにいじめだったのかもわからない」

アルゴ≪あいかわらず、めちゃくちゃだな・・・お前は≫

良太「けど、傷ついたんだ。体が動かなくなった」

美紀「良太君・・・」

良太「知らないうちに誰かを傷つけてしまうのかもしれない」

先生「良太・・」

良太「それが、いじめかもしれない・・・悪意がなかったりするのかもしれない」

公太「・・・」

良太「だから、傷ついた人も言わなきゃいけないんだと思う!!」

  「やめてって!!傷ついたって!!」

  「それでやめなきゃ、いじめだと僕はおもう!!」

  「僕はあの時・・・それをちゃんと言わなかったんだ・・・」

生徒「・・・」

良太「あと、傷つけてたら・・・謝ればいいとおもう。」

  「ごめんって」

先生「そうだな」

アルゴ≪それがお前の境界線か・・・まぁまぁだな≫

良太≪アルゴのおかげだよ・・・僕一人じゃ全然考えつかなかった・・・≫


公太が手を挙げる。

公太「周りで見て見ぬ振りする奴もおれは同罪だと思う」

良太「えっ?」

公太「あきらかにわかるときは、俺は止める!!」

良太「公太・・・」

公太「暴力はいけないことだとは思う・・・ただ、その時俺は暴力を使う多分」

先生「それはだめだ!!」

公太「俺は馬鹿だから、教えて欲しい!!どうすればいいか!!みんなに!!」

生徒「止めるのはどうだ!!」

美紀「取り押さえる・・・」

良太「・・・」

先生「これを言うとあまり学校にいい顔はされないがな・・・」


先生が話始める。

先生「まずは、教師に相談しろ!!」

  「それでも、学校に抑えられて大人がうまく動けない時がある。情けないがな・・・」

  「その次は親に相談しろ!!」

  「それでも、だめなら、いじめ相談室だ」

  「それでも、だめなら、教育委員会というものがある。そこに言え!!」

  「ここの学校はいじめを隠す、最悪な環境の学校ですと!!」

  「それでもだめだったら・・・俺に相談しろ!!一緒に考える!!方法を!!」

良太「そうか・・・そういう方法もあるんだ」

アルゴ≪権力の活用だな≫

先生「まず、大事なのは生きることだ」

  「それ以外は特に重要じゃないと俺は思ってる」

  「だから、学校のせいで死にたいと思うやつは」

  「学校を変えればいい。転校しろ。」

  「別にここだけがお前らの居場所じゃない。」

  「世界は広いんだ。」

良太「そう思います。だって、世界にはいろんなひとがいるから。公太みたいなやつとか」

公太「///」

良太「どこかに自分を受け入れてくれる場所があると僕も思います!!」

美紀「良太君・・」

良太「そうか・・・生きるのが重要なんだ、きっと!!」

アルゴ≪あたりまえだ。死んだら終わりだ。≫

良太≪そうだね♪≫

生徒達「そうか・・・色々あるんだな」


チャイムの音が聞こえる。いつの間にか終業を迎えていた。

先生「熱くなってしまった・・・」

良太「そうですね。僕は我を忘れてました」

先生「お前はすごい奴かもな良太!!びっくりしたぞ」

良太「すごいのは僕じゃないんです・・・」

先生「?」

良太≪すごいのはアルゴだよ≫

アルゴ≪わかりきったことを≫


布団でアルゴと話す。

アルゴ「今日の感情はどうなんだ?」

良太「なんだろうな・・・熱くなってしまった・・・我を忘れて・・・」

  「情熱かな!!」

アルゴ「情熱か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます