第16話 願望

2学期も終わりに近づいていた。学校への支度をする。

アルゴ≪また休みにはいるのか。よく休むな、人間は≫

良太≪そうかな・・・もっといっぱい休みたいけど≫

良太≪けど・・・もっと学校にいきたい気もする・・・≫

アルゴ≪矛盾だらけだな≫


教室で、3人で話す。

良太「もうすぐ、クリスマスだね」

美紀「今年はサンタさんに何を貰おうかな♪」

良太「そうか・・・クリスマスプレゼントか」

公太「サンタはいないよ」

良太「えっ?」

公太「だって、俺のところにこないもん」

良太「・・・」(そうか、公太は・・・)

美紀「・・・う~ん。確かにね、公太は馬鹿だけど悪い子じゃないしね」

公太「だろう」

良太(公太が悪い奴なわけがない・・・いいやつだよほんとに・・・)


放課後の帰り道で良太は話す。

良太「あのさ、公太、クリスマスの日はなにやってるんだ?」

公太「家に一人だ。かあちゃん仕事だし」

良太「じゃあ、うちにこいよ!!」

公太「良太の家に?」

良太「そう!!一緒にクリスマス祝おうよ」

公太「クリスマスか・・・あんま好きじゃないけどな」

良太「絶対こい!!公太!!」

公太「お前の頼みじゃ断れないな・・・」


良太は家に帰り、母親と相談する。

良太「おかあさん、頼みがあるんだ」

母親「なに、クリスマスプレゼント?」

良太「そう!!」

  「あと、公太がクリスマスに家に来るからお祝いしたいんだ!!」

母親「公太君?家の方は?」

良太「一人なんだって・・・母子家庭でおかあさん働いてるから」

母親「えっ?・・・それはやってあげないとね。公太君のお母さんには私が連絡いれとくから♪」

良太「うん」


良太は部屋に戻り、考える。

良太(どうしたら、公太が楽しめるかな・・・)

アルゴ≪お前、そればっかりだな、今日≫

良太≪だって、友達だから・・・≫

アルゴ≪そういうものか。友情につけくわえとく≫

良太≪そうだね≫


2学期の終了の日がきた。通知表が返される。美紀は公太の通知表に愕然とする。

美紀「公太・・・」

公太「どうした?」

美紀「それが原因かもね・・・サンタも勉強しない子のところにはこないのかも。」

  「頭が悪い子・・・悪い子」

公太「なっ!?」

良太「あのさ!!」

公太・美紀「?」


良太が二人に話始める。

良太「みんなで、クリスマスパーティをやろうよ♪」

美紀「えっ?」

公太「俺はいくけど」

良太「僕の家で♪」

美紀「えっ、良太君のおうち///」(やったーー!!)

良太「そう!!」


良太は家でクリスマスパーティの飾りつけをしながら、母親と話す。

母親「ほんとにあれでいいの?プレゼントは?」

良太「うん!!あれがいい!!」

母親「そう・・・」(流行ってるのかしら・・・?)

良太「ふふふ♪」

アルゴ≪人間の考えることはわからんな。キリスト教徒でもないお前がなぜ祝うんだ?≫

良太≪それは、楽しいからだよ♪きっと≫

アルゴ≪楽しければなんでもいいのか?≫

良太≪なんでもじゃないけど・・・楽しい方がいい≫

アルゴ≪ふ~ん≫


公太は支度をする。良太の家に向かうために。

母親「いってらっしゃい、ご迷惑かけないようにね」

公太「おう、行ってくる」

母親「楽しんできなさいね」

公太「うん・・・」


公太は歩きながら、考える。

公太(この日は一人でいることを感じるから嫌いなんだよな・・・)

  (周りはみんな楽しそうで・・・取り残された気がする・・・)

  (どこも家族でわいわいして・・・俺だけ一人みたいな・・・)


公太は、良太の家につく。良太が外で待ち構えていた。

公太「良太?」

良太「来たな公太!!」

公太「えらいやる気だな・・・」

良太「むしろ、公太がいつもに比べてテンションが低い!!」

公太「そうかもな・・・寒いの、嫌いなんだ」

良太「じゃあ、早く上がれよ♪末永さんも来てるし」


公太は良太の家のリビングに向かっていく、リビングのドアを開けると大きな音がした。

母親・美紀「メリークリスマス♪」

公太「おわっ!?」


そして、後ろからも良太がクラッカーを鳴らす。

良太「メリークリスマス♪」

公太「おわっ!?びっくりするだろう」

良太「ふふふ♪」


良太の母親が公太を連れていく。テーブルにはフライドチキン、ジュースやお菓子が置いてあった。そして、リビングには飾りつけがされていた。

母親「ほら、ここに座って♪公太君」

公太「あ、はい」

良太「どうだ!!クリスマスは?」

公太「・・・こんなのは・・・したことはないな・・・」

良太「なんでもあるぞ♪」

美紀「そうよ!!なんでも♪」


公太は考える。

公太(そうか・・・みんなこうやってたのか)

  (親父がいたころは俺も少しは楽しんでたな・・・)

  (なんだろうな・・・胸が苦しい・・・)

良太「公太!!チキンが冷めるぞ!!」

美紀「ほら、ジュースも飲みなさい!!」

公太「なんか、今日二人ともおかしくないか?」

良太「クリスマスだからな♪」

美紀「クリスマスだからね♪」

公太「そうか・・・」

アルゴ≪クリスマスになるとおかしくなるのか?≫

良太≪ならないよ・・・公太に元気でいて欲しいんだ≫

アルゴ≪元気だろう?健康だろう?≫

良太≪そういうんじゃなくて・・・笑顔になってほしいんだ≫

アルゴ≪笑顔か・・・≫


公太はおそるおそる、戸惑いながら食べ物や飲み物を口にする。

公太「うまい・・・」

美紀「もっと食べなさいよ♪消防士になるんでしょ!!」

公太「なるよ!!」

美紀「・・・なれるよ・・・公太なら・・・」

良太「俺もそう思う!!公太がならなかったら誰もなれない!!」

公太「・・・くうぞーーー!!」


通知表を渡された日、良太は美紀に相談していた、公太のことを。

良太「あの末永さん!!」

美紀「どうしたの?」(な・・・なんだろう///)

良太「公太のことで相談が・・・」

美紀「公太?」


そして、公太の家の事情をしる。美紀は号泣する。

美紀「ううううう、」

良太「そんな、泣かないで・・・」

美紀「だって・・・あいつ・・・サンタがこないもんって・・・サンタが・・・ううう」

良太「そうだね」(末永さんも優しいひとだな・・・相談してよかった)


美紀が落ち着いたところで良太が話始める。

美紀「あのバカ・・・大変なら大変そうにしなさいよ・・・気付かないじゃないの」

良太「だから・・・手伝ってほしいんだ。公太がクリスマスを好きになれるように」

美紀「わかった。良太君手伝う!!」

良太「ありがとう」


そして、今日にいたる。クリスマスに。ゲームをやる三人。

公太「ここで、どうするんだ?」

良太「公太!!ジャンプだ。二段ジャンプ!!」

美紀「う~ん、アイテムが重要ね」

母親(楽しそうね♪)


ケーキが登場する。公太は感動する。

公太「おぉ、ホールケーキ!!」

良太「どうしたんだよ♪公太」

公太「いや、丸いのは初めて見た・・・」

美紀「・・・」(そんなこと言わないでよ・・・泣きたくなるじゃないの・・・バカ)

良太「いっぱい食べろよ、公太♪」

美紀「食べろーーー!!」

公太「食べるよ♪」


そうして、クリスマスの夜が近づく。

美紀「じゃあ、私は家に帰るね」

公太「俺も帰るか」

良太「お前は泊りだよ!!公太!!」

公太「えっ?」

母親「公太君のおかあさんにもちゃんと連絡して、OKもらってるから♪」

  「泊まってきなさい」

公太「・・・」

美紀「泊まりなさいよ!!」

公太「わかったよ・・・良太とお泊りか♪」

美紀(少しうらやましい・・・)


家の外に美紀を送ってく良太。

良太「今日はありがとうね、末永さん」

美紀「公太・・・楽しんでたかな・・・」

良太「わからないけど、頑張ったから。・・・・・今年だめでも来年頑張る!!」

美紀「・・・そうだね」


美紀を送って、家に戻る良太。家で公太がゲームしていた。

公太「おっ、良太、助けてくれ!!こいつが倒せないんだ!!悪い奴が!!」

良太「まかせろ!!」


お風呂に一緒に入り、布団に入る良太と公太は話す。

良太「公太・・・どうだったクリスマスは?」

公太「う~ん・・・悪くないかもな・・・」

良太「そうか」(まだ、好きではないか・・・来年だ!!)

公太「・・・サンキューな良太」

良太「えっ?」

公太「なんでもない////」

良太(こいつが恥ずかしがるなんてめずらしいな)

アルゴ≪ホモか?≫

良太≪だから違うっていってるだろうーーーーーーーー!!≫


朝になる、公太は起きる。

公太「ふぁ~。うん?」


公太の枕元に小さなプレゼントボックスがあった。

公太「なんだ?」

良太「サンタが来たんだよ」

公太「えっ?」


箱についてる紙をみる。

紙「サンタより、いい子の公太君へ♪」

公太「・・・」

良太「あけてみろよ!!」

アルゴ≪回りくどいな、ほんとに≫


公太が中を開けると、どくろの腕時計があった。

公太「これって!!」

良太「かっこいいんだろう?」

公太「かっこいい!」

アルゴ≪なぜ、俺をもう一体作らないんだ?≫

良太≪自爆機能付きはプレゼントにあげられないよ・・・≫

アルゴ≪テロ行為だな≫


公太はうれしそうに腕時計をはめる。

公太「お揃いだな♪」

良太「お揃いだな♪」

アルゴ≪性能は圧倒的に俺が上だがな!!≫

良太≪そうだね♪≫


その夜、布団でアルゴと話す。

アルゴ「ジングルベル、感情は、メリーどうなの?」

良太「もう・・・言語を超えてきたね」

アルゴ「季節感を出したんだがな・・・不要か」

良太「う~ん・・・今日は」

  「願いかな・・・願望。公太がいつか、クリスマスが好きだって言えるように!!」

アルゴ「願望か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます