第14話 達成感

良太たちの特訓は続いた。だが、美紀の歌は向上しなかった。

美紀「・・・ごめん」

公太「えっ?」

美紀「付き合ってくれてるのに全然うまくならなくて」

良太「そんなことないよ」

公太「何言ってるんだ、末永?」

美紀「だって・・・」

公太「お前の歌は、俺の魂の歌をかき消したんだぞ・・・うまいだろう」

美紀「えっ?」

良太「公太・・・そうだな・・・個性かもしれないよ」

美紀「個性?」

良太「末永さんにしか歌えない歌なんだよきっと♪」

美紀「二人とも・・・ありがとう」

アルゴ≪物はいいようだな≫

良太≪そうかもしれないけど・・・落ち込んでる末永さんを見たくはないんだ≫

アルゴ≪不思議なものだな・・・お前らは。理屈がチンプンカンプンだ≫

良太≪そうだね、アルゴ≫


そうして、クラスでの練習もこなしていくが事件が起きる。公太が言いかけると先に良太がいう。

女生徒「末永さん・・・下手だわ」

美紀「えっ・・・」

女生徒「歌わない方がいい」

デブ男「そうだ、そうだ!!」

デブ川「俺もそう思う!!下手過ぎる!!」

公太「お前ら」

良太「お前ら何様だーーーーーーーーーーーー!!」

公太・美紀「!?」

良太「お前らがどんなに歌がうまかろうが、俺は知らないよ」

  「心が汚い奴の歌声は聞いてて、気持ちが悪いんだ」

  「お前らこそ歌うな!!」

アルゴ(屁理屈ばかりだな・・・)

女生徒「なに、心が汚いって!!」

公太「だって、そうだろう」

女生徒「なっ!?」

良太「言い過ぎたけど・・・末永さんだって、必死に練習してるんだ。それを馬鹿にするのは良くないと俺は思う。」

 「だって、みんなで歌うから合唱なんだよ」

アルゴ≪それはお前が正しい。合わせなければ、合唱にはならんな≫


美紀はそれを聞いて涙ぐんでしまう。

美紀「・・・・」(あの時と一緒だ・・・)


美紀と良太は小学校が一緒だった。そのときも同じようなことが起きた。

女生徒「末永さん・・・歌声が汚いよ・・・」

美紀「えっ・・・」

良太「やめろよ!!」

女生徒「なによ!!」

良太「みんなで歌うから合唱なんだ。一人かけてもだめだよ!!」

先生「良太のいう通りだ。みんなで歌うから合唱なんだ。末永もちゃんと歌え♪」

美紀「・・・はい」


そして、美紀は良太に感謝する。ただ、6年生の時クラスが違ったため、良太の事件にはあとで気付いた。

美紀(あれ・・・良太くん学校にいないな・・・転校!?)


慌てて、教師に確認しにいく美紀。

美紀「あの、良太くんって転校しちゃったんですか?」

先生「転校はしてないんだけど・・・いや・・・ちょっとな・・色々あって・・」

美紀「え・・・」


美紀は事情を聴きだす。良太がいじめられていたことを。後悔した、恩を返せなかったことを。

美紀(私は助けてあげられなかった・・・あの時助けてもらったのに・・・)

  (ごめん良太君・・・ごめんね)


教室に話は戻る。

公太「まぁ・・・良太の意見に賛成だ、俺は!!」

男子生徒「なんとなくそうだな」

女生徒「なっ?優勝したくないの?」

男子生徒「する必要がそんなにあるか?」

良太「・・・」(あの時とは違う・・・公太がいる)

公太「いいじゃん!!楽しく歌えばそれだけで!!優勝して何かもらえるわけでもないし」

美紀「公太・・・」

女生徒「それは・・・」

アルゴ≪優勝に意味がないなら、なんでもいいだろう。それに、お前ら非生産的なことしてるのに、何を求めてるんだ?≫

良太≪う~ん・・・自己満足ってやつかな・・・≫

アルゴ≪わからん≫

良太≪僕もだよ、アルゴ≫


教室に先生が入ってくる。

先生「なんか、騒がしかったけどなんかあったか?」

女生徒「先生は優勝したいですよね?合唱コンクール?」

先生「えっ?」

公太「それか、みんな楽しんで歌う方がいいか?」

先生「・・・そういうことか」


先生は話始める。それを聞いて良太は閃く。

先生「俺は、みんながたのしければいいと思う。ただ、優勝したいってやつがいてもいいとは思う。どっちも大事だからな」

女生徒「答えになってません!!」

良太「そうか!!」

女生徒「えっ?」


良太は話始める。

良太「それでいいんじゃない!!両方で!!楽しんで優勝する!!」

  「どっちかだけにしなくても♪」

公太「それはいいな♪良太さすがだ!!」

先生「俺もそれがいい」

女生徒「・・・」

アルゴ≪うん?優先順位の問題だろう・・・どっちをとるかだ≫

良太≪違うんだよ・・・どっちもとるのがいいんだと思ったんだ≫

アルゴ≪条件が成り立つのかそんなもの?≫

良太≪条件はわからないけど・・・可能性は0じゃない≫

アルゴ≪そうか・・・納得した≫


そうして、クラスは一つの目標を立てる。

目標「みんなで楽しんで、優勝する!!」


放課後美紀が良太に話しかける。

美紀「また・・・助けてくれてありがとう」

良太「えっ?」

美紀「覚えてないか・・・そうだね。良太君はそういう人なのかもね♪」

良太「うん?」

美紀(自然に誰かを助けちゃうのかもしれないね、良太君は)


そして、合唱コンクール当日を迎える。

先生「じゃあ、みんなで楽しんで、優勝しよう!!」

生徒一同「ハイ!!」


合唱コンクールが始まる。結果は。美紀は泣き出してしまう。

先生「やりきったな」

女生徒「やりきりました」

美紀「・・・」

良太「やったね、末永さん♪」

公太「優勝だ!!」

美紀「うん・・・ううう」


コンクールでは、公太の魂と末永さんの魂がうまくまじり、人に感動を与えた。

公太なしでは、だめだったかもしれない、末永さんなしでは、だめだったかもしれない、他の生徒達がいなければ、だめだったかもしれない。みんなでとった優勝だ。


布団でアルゴと話す。

アルゴ「ららら、今日の、ららら、感情は♪」

良太「アルゴまで、歌いだした♪」

アルゴ「何故かわからんが、そういう気分なんだ」

良太「気分か?おもしろいな、アルゴは」

良太「そうだな・・・達成感かな。やりとげたから♪」

アルゴ「達成感か。覚えておく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます