第13話 心配

秋も終わりごろ、合唱コンクールの季節がやってきた。教室で話す三人。

美紀「はぁ~」

良太「どうしたの?末永さん?」

美紀「合唱コンクール・・・嫌いなの」

良太「えっ?」(そういえば、あまり歌がうまくなかったような・・・)

公太「歌えばいいだけだぜ!!楽勝だろう♪」

良太「公太の歌って・・・どうなんだろう?」

公太「魂がこもってるとよく言われる」

良太「魂?」

美紀「あんたぐらい、単細胞なら楽なのにね」

公太「なっ!?」


そして、音楽授業で練習が始まる。

教師「はい、課題曲はこれです」

生徒「は~い」


最初のうちは整わない合唱。

良太(大声出すの恥ずかしいな・・・・うん?誰かでかいな!?・・・公太!!)

公太「――――――――――!!」

良太(これが魂か・・・)

公太「♪♪♪♪♪♪」

良太(下手ではない・・・なんか気分がよくなる歌い方だな♪魂だ!!これは♪)

アルゴ≪何を訳のわからんことを≫

良太≪合唱中はやめてくれ!!無理だよ、歌いながら会話するのは!!≫

アルゴ≪キャパシティが無さすぎる・・・≫

美紀「・・・・」


そして、放課後全体練習が行われる。

女子生徒「じゃあ、みんなで合唱の練習しましょう」

男子生徒「お決まりのパターンだな・・・何故か一部の女子がやるき出し始める」

女子生徒「なんかいった?」

男子生徒「なにもいってません・・・」

良太(気合いが入ってるな)

アルゴ≪練習して、なんになるんだ?歌手になるのか?≫

良太≪いや・・・ならないけど・・・やっとけ的な・・・≫

アルゴ≪非生産的だな。人間というのは≫

良太≪何も言い返せません≫


そして、練習が始まる。

女子生徒「公太君、すこしボリュームを下げて」

公太「えっ?」

女子生徒「他の人の声が、かき消されてわからないから。本番はいいけど」

公太「う~ん。納得」

良太(う~ん。意外と公太の歌を聞くのが好きな俺は納得できないな・・・)

美紀「・・・・」


女子生徒は気付く。

女子生徒「末永さん!!ちゃんと歌ってる?」

美紀「歌ってます・・・」

女子生徒「あまり、声が聞こえないんだけど」

デブ田「そうだ、そうだ!!」

デブ川「いつもうるさいくせに、なぜ静かなんだ!!」

良太「いいだろう!!そんなの!!」

デブ田「お前!!」

公太「あん!?」

デブ田「すいません・・・」

良太(ナイスだ、公太♪もう少しで排除機能を使うところだった)

アルゴ≪いつでもいけるぞ♪≫


そうして、練習が終わる。三人は話す。

公太「あぁ~、思いっきり歌いたい」

良太「魂がこもらないとな」

美紀「・・・・」

良太「末永さん?」

美紀「嫌だな・・・」

公太「どうした?悪いものでも食べたか?」

美紀「違うわよ。デリカシーがないわね」

良太「少し、一緒に練習する末永さん?」

美紀「・・・良太君・・・」


そうして音楽室で練習することに。

良太「じゃあ、携帯で伴奏ながすからみんなで歌おう」

公太「これは思いっきりいっていいやつだな!!」

良太「頼む!!いってくれ公太!!」(お前の魂を待ってる!!)

公太「まかせろ!!」

美紀「・・・」

良太「末永さんも思いっきりいけばいいよ。公太みたいに♪」

美紀「やってみる・・・」


そして、地獄の合唱が始まる。

美紀「@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@」

公太「―――――――――――――!!」(だめだ、かき消される!!)

良太「うううううう」(心が引き裂かれそうな歌声だーーーー!!)

アルゴ(なかなかやるな・・・既存の曲をここまで無視して、オリジナルに昇華するとは!!)

良太(ぎゃあーーーーーーーーーーーーーーーーー!!)

アルゴ≪楽しそうだな≫

良太≪それは、間違えてる!!この前、教えたろーーーー!!≫

アルゴ≪うん?≫



地獄の合唱第一幕がおわる。

良太「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、」

公太「はぁ、はぁ、やるな・・・末永・・・俺の魂をかき消すとわ」

美紀「・・・どうだった?」

良太「もう少し練習していこう・・・」

美紀「だよね・・・・」


地獄の合唱第二幕が始まる。

良太(ぎゃあーーーーーーーーーーーー!!)

アルゴ(楽しそうだけどな・・・)


そして、悲劇の地獄の合唱練習何幕も日々続いてく。良太は考える。

良太(体がもたない・・・コンクール前に廃人になってしまう)

公太(くそ、レベルがあっちのほうが高いのか!!末永、恐るべし!!)

良太(なにかいい手はないか?歌がうまくなる、いい手は・・・)

アルゴ≪それなら、簡単だろう≫

良太≪アルゴ先生!!≫

アルゴ≪リズムとテンポと音階だ。これだけで、音楽はなりたっている。≫

良太≪なるほど。で末永さんは、どれを直せば?≫

アルゴ≪うん?あれはオリジナルだろう、あいつの?≫

良太≪・・・違う・・・同じ曲だ≫

アルゴ≪なんだとーーーーーーーーーーー!!≫

良太(機械でも驚くのか・・・・そういえば教えてたな、驚きを)


そして、アルゴから指示が出る。

アルゴ≪じゃあ、すべてを直せ。≫

良太≪そうですよね・・・≫

アルゴ≪まぁ、最低限リズムとテンポでごまかすというものあるな≫

良太≪先生!!ありがとうございます!!≫


良太は美紀に伝える。

良太「まずはリズムとテンポだけやってみよう。」

美紀「リズムとテンポ?」

良太「そう・・・」(あれ・・・なにすればいいんだ?)

アルゴ≪携帯でメトロノームのアプリをダウンロードしろ。それであとは楽譜に書いてあるテンポに合わせる。≫

良太≪はい先生!!≫

アルゴ≪つぎは、音符の長さを意識しろ。何分音符かだ≫

良太≪えっ?≫

アルゴ≪あたりまえだ!!一拍の間に何があるかわからなきゃできないだろう≫

良太≪・・・≫


良太は提案する。

良太「とりあえず、鼻歌で合してみる?」

美紀「えっ?鼻歌」

公太「鼻歌?」

良太「そう!!それで、テンポとリズムを合わせよう!!」

アルゴ≪俺の指示を無視するのか!!≫

良太≪時間がかかりすぎてしまうよ!!数えるだけでコンクールがきちゃう!!≫

アルゴ≪処理速度が遅すぎるな・・・≫


そして、布団の中でアルゴと話す。

アルゴ「う~ん。今日の感情はどうした」

良太「・・・・疲れた・・・」

アルゴ「それは感情でないような気がする。ちゃんと言え!!」

良太「心配だ・・・そうだ・・・これは心配だ・・・」

アルゴ「心配か。覚えておく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます