第10話 愛

良太の家は朝からバタバタしていた。

母親「良太、支度出来た?」

良太「いましてる!!」

アルゴ≪早くしろ≫

良太≪わかってるよ!!≫


そして、家のドアの前に立つ。

良太(まだだめだ・・・)

アルゴ≪開けるぞ≫

良太≪お願い≫


良太と母親は電車に乗る。

母親「きょうからおじいちゃん家ね♪」

良太「うん♪楽しみだ♪」

アルゴ(遠出というやつか・・・おもしろい!!)


おじいちゃんの家に夏休みを利用して、遊びに行く。ごく普通の旅行だ。

良太「おじいちゃん♪」

おじいちゃん「お、良太。大きくなったな。また」

良太「エヘヘ」

アルゴ≪もうオーバーホール間近だな。≫

良太≪そういうのは良くないぞ!!≫

アルゴ≪わからん≫


おじいちゃんの家に上がる、良太達。

アルゴ≪日本家屋か!!なかなか、いい情報が集まりそうだ≫

良太≪アルゴは、情報大好きだな≫

アルゴ≪あたりまえだ!!機械だからな!!≫

良太≪わからん≫


おじいちゃんが良太に話しかける。

おじいちゃん「将棋でもやるかい?良太?」

良太「うん♪」


良太はおじいちゃんと将棋をさす。

おじいちゃん「王手だ」

良太「待った!!」

おじいちゃん「良太は、待ったが得意だな♪それだけはうまい」

良太「だって・・・これしないと勝てないもん」

アルゴ≪手伝ってやろうか?≫

良太≪えっ?≫

アルゴ≪俺なら楽勝だ。こんな老いぼれ≫

良太≪おじいちゃんを馬鹿にするな!!お前の手は借りない!!≫

アルゴ≪わからん≫


将棋が終わる、おじいちゃんがおやつを持ってくる。

おじいちゃん「せんべい食うか?」

良太「食べる♪」


バリバリ音を立てながら食べる良太。それを優しく見てる、おじいちゃん。

おじいちゃん「慌てなくてもおやつは逃げないよ」

良太「わかってるよ」

アルゴ≪なにを当たり前なことを≫

良太≪比喩表現だよ≫

アルゴ≪くだらん。言葉遊びというやつか≫

良太≪会話っていうのはそういうもんだ≫

アルゴ≪なんでやねん!!≫

良太≪どうしたの・・・アルゴ≫

アルゴ≪言葉で遊んでみた・・・やっぱりつまらない≫


夕食を食べるときに、母親が話す。

母親「おじいちゃんもこっちに来たら・・・」

良太「そうだよ。一緒に暮らそうよ」

おじいちゃん「うれしいけど・・・断るよ♪」

母親「・・・」

おじいちゃん「ここには、ばあさんとの思い出がいっぱいつまってるんだ」

      「わしはここがいい♪」

アルゴ≪思い出が詰まってる?目に見えないぞ、そんなものは。詰まりもしない≫

良太≪アルゴ・・・思い出はみえないんだよ≫

アルゴ≪過去ログだろう。文字列で残しておけ≫

良太≪文字列とは違うんだよ・・・≫

アルゴ≪奇奇怪怪だな≫


おじいちゃんと一緒のお風呂に入る良太。

おじいちゃん「腕時計壊れないか?」

良太「これは防水仕様だから」

おじいちゃん「お風呂にまでつけるなんて、偉く気に入ってるんだな、それ」

良太「う・・・・ん」(どうだろう?)

アルゴ≪しつけが必要だな・・・電気でも流すか≫

良太≪勘弁して下さい。おじいちゃんも感電しちゃうから!!≫


布団に入る良太とおじいちゃん。

おじいちゃん「どうだ、中学校は?」

良太「楽しいよ。友達もできた」

おじいちゃん「そうか、よかったな。どんな子だ?」

良太「金髪だけど・・・すごくいいやつなんだ。公太って言って。」

  「金髪だけど不良じゃない。」

  「俺の為に怒ったりしてくれるんだ。」

おじいちゃん「そうか。公太を大事にしろよ」

良太「えっ?」

おじいちゃん「人の為に怒れるやつはいいやつだ。そいつは手放しちゃいけない」

      「出会いってのは、多いようで少ないものだ」

      「だから、それは大事にしろ」

良太「うん」

アルゴ≪多いと少ないって矛盾してるぞ≫

良太≪強調してるんだよきっと。少ないことを≫

アルゴ≪わかりづらいな・・・いつも≫


そして、楽しい時間はあっという間に過ぎていく。最後の日になってしまう。

良太「おじいちゃん・・・また来るね・・・」

おじいちゃん「いつでもおいで。」

       「それと、悪いことはしちゃいけないぞ」

       「人の為になることをしなさい。」

良太「はい」(いつも、最後はこの言葉だな、おじいちゃん)


良太は家に帰ってくる。そして、布団にはいる。

アルゴ「久々の感情コーナ♪」

良太「安定しないな・・・その機能は」

アルゴ「どうだったんだ?この旅行は?」

良太「そうだな・・・これは・・・」

  「愛なのかな・・・やさしさなのかな・・・おじいちゃんが」

  「いっぱい遊んでくれた。孫への愛情かな」

アルゴ「そうか・・・愛か。」

良太「う~ん。そうしておこう」

アルゴ「愛か。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます