第9話 やさしさ

学校では一学期が終わり、夏休みに入った。公太が良太の家を訪れる。

公太「良太!!」

良太「公太、あがってくれ」


良太の部屋へ移動する。

公太「すげぇ、色々あるな」

良太「あんまり見られると恥ずかしい」

公太「わぁ、ゲームじゃん♪」

良太「公太・・・今日は宿題やりにきたんだろう・・・夏休みの」

公太「そうだった。そうだった。」


良太の部屋のテーブルに教科書を広げる二人。

公太「う~ん」

良太「う~ん」(だめだ・・・あんまわかんない)


良太はアルゴに話しかける。

良太≪アルゴ先生教えてください≫

アルゴ≪この前は教えるなと言ってたぞ≫

良太≪あれはテストで。これは宿題だ!!≫

アルゴ≪勝手だな・・・お前は≫


良太が問題を解きだすアルゴにならって。

アルゴ≪そこの漢字は、境内だ≫

良太≪きょうないって書いて、けいだいなの?≫

アルゴ≪お前らが作ったんだろう?≫

良太≪僕ではない・・・≫

アルゴ≪中国か・・・≫


公太は良太に質問する。

公太「ここがわからん。良太」

良太「どれ?」

公太「この方程式ってなんに使うんだ?」

良太「えっ?」

アルゴ≪馬鹿だなこいつは、めちゃくちゃ使うぞ。≫

良太≪そうなの・・・・≫

アルゴ≪当たり前だ!!未知数の解を求めるんだ!!使わないわけがない!!≫

良太≪アルゴはそうだね・・・めちゃくちゃ使ってそうだね・・・≫

良太「公太・・・めちゃくちゃ使うらしいよ・・・方程式って」

公太「げっ!?」


母親が入ってくるお菓子と飲み物をもって。

母親「これ、休憩の時食べてね♪」

公太「ありがとうございます!!」

母親「ふふふ。いい子ね、公太君は」

公太「えっ?」

母親「人は見た目じゃないわね。良太をよろしくね♪」

公太「まかしてください!!」

良太(・・・今俺がまかされてるほうが多いきがするぞ・・・公太)

アルゴ≪俺がまかされてる方が多い気がするぞ、良太≫

良太≪アルゴ先生のおっしゃる通りです・・・≫


そして、休憩に入る二人。

公太「うまいな♪こんなお菓子初めて見た」

良太「父さんが海外にいるから送ってくるんだ」

公太「良太のとうちゃんって、なにやってんの?」

良太「なんかの研究・・・よくわかんないけど」

公太「頭よさそうだな」

良太「いいとは思う・・・」

アルゴ≪そっちに作ってほしかったな≫

良太≪失礼な!!≫ 


公太が話ははじめる。

公太「俺の父ちゃんは消防士だったんだ」

良太「えっ?」

公太「自慢の親父だ。かっこよくて。火事の中、人を助けて死んだんだ」

良太「・・・」

公太「だから、俺は悪いことはしない。とうちゃんに迷惑かけたくないからな」

  「あっちで怒られたら怖いし♪」

良太「助けるか・・・すごいな。公太の親父は」

公太「おう♪」

アルゴ≪善意ってやつか?世の中の役に立たないんだろう?≫

良太≪・・・公太のお父さんは違うよ・・・≫


公太は続けて話始める。

公太「俺が金髪な理由は」

良太「えっ?」

公太「あれ、もう興味ない?」

良太「いや・・・言いたくないって」

公太「良太には話したくなったんだ。俺の全部を」

良太「えっ?」

公太「良太になら話していいと思った。話したいんだ」

良太「わかった。聞くよ」

アルゴ(まどろっこしい生き物だ・・・人間は)

公太「俺が金髪にしてるのは、かあちゃんとのつながりなんだ」

良太「つながり?」

公太「かあちゃん金髪だったろう」

良太「そうだね」

公太「だから、息子である証として、俺も金髪にしたんだ!!親子っぽいから」

良太「そういうことか」

公太「これは親子の証なんだ。かあちゃんは嫌がってたけど・・・」

良太「俺は好きだぞ!!公太の金髪!!」

公太「へへへ」

良太(公太は、いいやつだほんと・・・)

アルゴ≪わからんな≫

良太≪アルゴにはまだ早いかもね。この感情は≫

アルゴ≪良太先生に教えてもらわなければな≫


良太が話始める。過去の出来事を。

良太「俺も公太に話しおきたいことがある。俺は、昔いじめにあったんだ」

公太「そうか・・・」


そして、良太の過去の出来事を聞く。公太は荒れ狂う。公太は最後唇を噛みしめながらいう。

公太「なんだーーーーー!!それーーーーーーーーーーー!!」

  「ふざけやがって!!俺は許さないぞ!!」

  「今からそいつらを殴りにいく!!」

良太「ちょ、ちょっと公太!!」

公太「良太は何も悪くないだろう!!ダメだそいつら!!」

  「悪いやつだ!!俺が成敗してやる!!」

良太「もういいんだ」

公太「良くないだろう!!そんなの!!」

   「なんで悪いことしてない良太だけが傷ついてるんだーーー!!」

   「俺の友達に手を出して傷つけたんだ!!許すわけにはいかない!!絶対に!!」

良太「公太、落ち着いてくれ」

公太「良太・・・でも・・・」

良太「俺はお前と友達になれたから・・・それでいいんだ。もういいんだ」

公太「・・・納得はできない・・・」

良太「・・・・ありがとう公太・・・」

アルゴ≪友情ってやつか≫


公太は帰り際に良太の母親に告げる。

母親「いつでも来てね♪公太君♪」

公太「おかあさん!!良太がいじめられたら俺が助けますから!!」

母親「えっ?」

公太「絶対助ける!!次は!!」

母親「・・・ありがとう・・・」

良太「・・・」(ばかだな・・・公太は)


そして、食卓で母親と話す。最後そっと良太を抱きしめる母親。

母親「いじめにあっていたのね・・・」

良太「うん」

   「けど、もう大丈夫だよ。ごめん言えなくて」

母親「気付いてあげられなくてごめんね・・・良太」

良太「・・・・」


良太は布団でアルゴと話をする。

アルゴ「きょうの感情は?」

良太「やさしさかな・・・」

アルゴ「どうしてだ?」

良太「公太がやさしくて・・・かあさんがやさしくて・・・胸がいっぱいだ」

アルゴ「胸がいっぱい?俺に胸はないからな。わからん」

良太「そうだな。けど、感情がわかったらそうなるかもな♪」

アルゴ「?」

   「まぁ、覚えとくよ。やさしさ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます