第8話 驚き

学校では期末テストが行われていた。1学期も終了を間近に控えていた。

アルゴ≪そこは・・≫

良太≪だめだよ!!アルゴ!!テストは教えちゃだめだ!!≫

アルゴ≪わからんな・・・仕組みが・・・≫


そして、テストが終了すると公太が話しかけてくる。

公太「全然できなかった。だめだな」

良太「俺もだよ・・・公太」

公太「良太ができないならあれだな♪テストが難しかったのか!!」

良太「そうでもないと思うけど・・・」

公太「今日、うちに来ないか?」

良太「えっ?公太のうち?」

公太「そう♪」

良太「別にいいけど////」(久々だな・・・友達の家なんて)

アルゴ≪もしかして、ホモってやつなのか?≫

良太≪違うよーーーーーー!!≫

アルゴ≪やおいともいうな。ゲイとも。BLとも。どれだ?≫

良太≪僕はノーマルだ!!≫

アルゴ≪人間のノーマル程信用できないものはないな。あいつらはすぐに基準を変える≫

良太≪哲学的思想まで・・・搭載されてる≫


公太に連れられて良太は家にいく。そこには小さなアパートがあった。

良太(あれ・・・小さいな・・・)

公太「どうぞ、あがってくれ」

アルゴ≪貧乏というやつか≫

良太≪裕福ではないかも・・・≫

公太「どうした?」

良太「あ、ごめんごめん。お邪魔します」


公太の家にあがると2Kの間取りだった。

公太「今、飲み物入れるな」

良太「ありがとう・・・」

アルゴ≪お前の家と比べると情報が少ないな≫

良太≪うん・・・・≫

アルゴ≪二人暮らしか≫

良太≪えっ?≫

アルゴ≪衣服が公太用のと、大人の女性用しかない≫

良太≪お父さんは?≫

アルゴ≪さぁな。俺が知るわけがない≫

良太≪そうだね・・・≫

良太(なんかわけありかな・・・・)


公太が飲み物を入れてきてくれる。

公太「ほい、良太♪」

良太「ありがとう公太♪」

良太・公太「プハ~」


ゆっくり時間が流れる中公太が話し始める。

公太「家に友達あげたの、良太が初めてだ」

良太「えっ?」

公太「いや、なんか悪いやつと友達になることが多くてさ」

  「あとから気付くんだ。あれ、こいつ悪いやつって」

良太「それは・・・公太が金髪だからだと思うぞ。不良と、勘違いしちゃうよ。」

公太「これのせいだったのか!!」

良太「そのせいだよ・・・」

  「黒に染めないの?」

公太「これは・・・変えたくない・・・」

良太「そうか・・・」(なんかあるんだろうな・・・前も理由があるみたいだったし)

アルゴ(合理的ではないな。)


一人の派手な女性が家に入ってくる。公太の母親だった。金髪だった。

母親「あら・・・お友達?」

公太「そう、俺の友達の良太だ」

良太「お邪魔してます」

公太「こっちが俺のかあちゃん」

良太「お母さん!!」

アルゴ≪何をそんなに驚いてる?メスが子供を産むのは当たり前だろう≫

良太≪いやだって・・・若いし派手だし!!≫

アルゴ≪雄は若い派手なメスを好む。自然の摂理だ。≫

良太≪それは・・・わからないけど≫


母親が良太を見る。

母親「まじめそうね♪よかった」

良太「えっ?」

母親「いや、うちのが悪いことしてないか心配で」

良太「公太はいいことしかしてませんよ!!」

母親「え・・・・そう♪」

良太「あ、はい////」

公太「良太♪」


公太の母親は出かける支度をする。

母親「じゃあ、仕事行ってくるから♪良太君、ゆっくりしていって」


そして、家から出ていく。

良太「お母さん働いてるの?」

公太「働いてる!!うちの父ちゃん死んでるからな」

良太「えっ!?」(死んでるって・・・)

公太「母子家庭ってやつだ・・・確か?あれ?ぼし?ははこ?どっちだっけ?」

良太「公太・・・」

公太「まぁ、気にしてないけどな♪俺は♪」

良太「・・・俺も気にしない!!お前が母子家庭だろうと!!公太は公太だ!!」

  「俺の友達の公太だ!!」

公太「・・・ありがとう良太」


公太の家から帰る良太。

良太(そうか・・・俺の父さんは海外にいるから・・・生きてるけど・・・公太の)

アルゴ≪何を気にしてる?気にしないんだろう?≫

良太≪アルゴのいう通りだよ。≫

アルゴ≪うん?≫


そして、布団の中でアルゴと話をする。

アルゴ「今日の感情はなんだ?」

良太「普通に戻ってる・・・」

アルゴ「どっちでもいいかと思ってきた」

良太「今日か・・・・」

アルゴ「ないのか?感じたことは?」

良太「・・・驚きかな・・・びっくりした・・・それだけのことだったな。そうそれだけだ!!」

アルゴ「驚きか・・・覚えておく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます