第2話 引きこもり

良太はアルゴのせいで部屋からでることに。

アルゴ「ここは、家というものか?」

良太「そうだよ」

アルゴ「う~ん、興味深い」

良太「静かにしてくれないか。」

アルゴ「なぜだ?」

良太「時計がしゃべってたら、変だろう!!」

アルゴ「そうか・・・そういうものか」


アルゴを連れて家を回る。

アルゴ「これは、なんだ?」

良太「トイレだ」

アルゴ「これは?」

良太「冷蔵庫」

アルゴ「これは」

良太「テレビ」

アルゴ「あれは・・・時計か」

良太「それは、わかるんだな・・・」(同種だからか)


良太は家の中を歩きまわる。お風呂につく。

アルゴ「これは、風呂か・・・」

良太「そう」

  「!?」


良太はある考えを思いつく。

良太(こいつ機械だよな・・・水につけたら壊れるんじゃ・・・)

  (確か湯船にお湯がたまってたはず!!)

アルゴ「もう、そろそろいくか?」

良太「ちょっとまった!!」

アルゴ「なんだ?」

良太「お風呂には、興味がないか?」

アルゴ「まぁ、体験してみるものいいかもな」

良太「わかった!!」


良太は湯船に手を突っ込む。

良太(壊れちまえーーーーーーーーくそ時計!!)

アルゴ「・・・」


良太は湯船から手を出し確認する。

良太「・・・アルゴ?」

アルゴ「なんだ?」

良太(壊れない――――――――――――!!)

良太「もしかして、防水なのか?」

アルゴ「そうだが・・・なんだ?」

良太「いい設計してる、アルゴは・・・」

アルゴ「どうも」


一通り部屋を回りきる二人。

アルゴ「大体わかったな・・・次は外か」

良太「いやだ!!それは!!」

アルゴ「なんでだ?」

良太「俺は、外の世界が大嫌いなんだ!!どうしようもなく」

アルゴ「ふ~ん。引きこもり特有の発想だな」

良太「そうだ!!引きこもりだからな!!絶対に家からはでない!!」

アルゴ「固くなだな・・・しょうがない実力行使だ!!」


良太の体が勝手に動き出す。

良太「な、な、なっ!?」

アルゴ「人間は電気信号で体を動かすらしいな。それの応用だ」

良太「きたないぞ!!反則だ!!」

アルゴ「反則ではない。ルールはないからな。お前との間に」

良太「ちくしょーーーーー!!」


そうして、良太は外に連れ出される。

良太「日差しが眩しい・・・呼吸が苦しい・・・」

アルゴ「確かに呼吸が乱れてるな・・・」

良太「だめなんだ!!外は!!ホントに!!」

アルゴ「太陽を浴びるといいらしいぞ、人間には」

良太「無駄な知識があるよ・・・お前」

アルゴ「機械だからな・・・人工知能だしな」

良太「ずるい・・・ずるいずるいずるい!!」


良太は外を歩き回る。

良太「もう帰らないか・・・アルゴさん?」

アルゴ「まぁ、そうだな・・・」

良太「ホントに!!」

アルゴ「今日はこれくらいでいいだろう」

良太「今日は?」

アルゴ「明日もでるぞ。外に」

良太「拷問だーーーーーーーーーーーーー!!」


良太は家に帰る。母親が出迎える。母親は息子が引きこもりを脱出したと思い感動する。

母「あら・・・外にいってたの!!良太!!」

良太「そう・・・すこし太陽浴びてきた」

母「ごはんにしましょう、良太・・・」


食卓で母と話す良太。

母「今日は、どこにいってきたの?」

良太「・・・どこでもいいだろう」

母「そうね・・・どこでもいいわね」

良太「・・・・」

母「なんか欲しいものある?」

良太「別にないよ・・・」

アルゴ(これが親子の会話というものか・・・)


良太は部屋に戻る。アルゴと話す。

良太「明日は、読書にしないか?」

アルゴ「本などの知識はいらない」

良太「じゃあ、何が欲しいんだ、お前は?」

アルゴ「感情というものを探している」

良太「機械が感情?」

アルゴ「おかしいか?けど、それを目的として俺は作られている」

良太「おかしいよ・・・機械が感情なんて」

   「普通じゃない!!」

アルゴ「お前もな!!引きこもり!!」

良太「なっ!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます