物語のすすめ

作者 草詩

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あくまで自分のやり方は、という前置きをして、作者さんが丁寧に物語の作り方を解説されておられます。
内容は基本、最初の最初から。

「俺には/私には、もっと感覚的で、勢い重視のやり方がいいなあ」そう仰る方もいるでしょう。
でも、キッチリしたやり方を知っているというのが大事かな、と。


突飛なアイデアや手法ではなく、正攻法の創作論です。
スケジュール配分から話を始められるのは、真面目に、堅実に執筆されている作者さんらしい切り口でしょう。

どうやったら10万字を書けるのだろう。
プロットって何だろう。
そんな疑問を持つ方は、是非のぞいてみてください。

基本を押さえ、予定が組めたら、あとは書くのみ!
いずれは自分自身のやり方が身につくはずですが、この創作論で読んだ内容は、決して無駄にはならないはずです。

★★★ Excellent!!!

プロットのたてかたの説明が丁寧でとても分かりやすかったです。

「あくまで個人の書き方ですから」と物語の作り方を紹介してくださる著者は、初めにシーンが出てくるそうです。


こういうシーンを入れて物語を作りたいと思っている方は試しに読んでみてはいかがでしょうか。