邪馬台国と道の話

作者 楠 薫

6

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

特に福岡県人ならば、地元を再発見する良いキッカケになるでしょう。
私は英彦山には登った事が有り、へえっと思いました。
香春岳を訪れた事は無いです。その香春岳には邪馬台国研究家の福永晋三氏も着目していて、銅鉱山にも言及されてます。
個人的に腑に落ちてない点は、青銅は銅と錫の合金ですが、錫の手配については、作者に限らず誰も回答案を述べていない事。銅鉱山の存在は大きな優位点ですが、青銅器をバンバン製造していたと結論付けるのは早計かと思います。私の持論は、青銅の地金を大陸から輸入していたという仮説です。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。