星使い ティンクル・ライツ ~願いは流星とともに~

作者 想兼 ヒロ

色んな種類の心に来る作品だと思います。

  • ★★★ Excellent!!!

是非ご自身で読んでいただきたいので、ネタバレは避けます。

心を通わせていく過程が素晴らしい作品。
妖精と人と人が徐々に互いを受け入れていく過程は感服しました。

この作品の素晴らしさは、読者に理解させる労力を消費させない文章力によるところが大きい。

ファンタジーな世界観なのですが、読んでいく内に「ああそういうものなんだなぁ」って受け入れてしまう文章です。

キャラクター達も変に自己主張せず、そういう性格なんだと自然に受け入れてしまえると思います。
ゆえにそれぞれが等身大の悩みを持っており、悩みへの共感が心を通わせた時のカタルシスとなっています。

他のレビューを書かれた方が仰っていた通り、読んでいる内にそういう子なんだなと感じ取ることができます。

感じ方は人それぞれだとは思いますが、何か一つは心に残る作品だと思います。
ぜひ読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

西原 学さんの他のおすすめレビュー 3