ブルーラグーンの戸惑い


「ふ、不倫? あは、何か、ドラマみたい。僕、あんまりそういうの見ないけど」


 征は、居心地悪そうに作り笑いをすると、二つ並んだコリンズグラスのひとつに手を伸ばし、その中身を一気に飲み干した。


「ごめんなさい。嫌な話を……」

「いえっ、別にっ。その、何っつうか、意外ですね。鈴置さんのトコ、お堅い職場だと思ってたけど……」


 征は、テーブルの向こうでうつむく美紗をちらりと見つつ、背徳的な話題を軽く受け流す言葉を適当につなぎながら、空になったグラスをコースターに戻した。

 グラスの中に残った氷が、カランと悲しい音を立てた。


「そっか、日垣さんにも、家族……」


 こげ茶色の髪の下の藍色の瞳が狼狽に揺れるのと、黒い前髪に半分ほど隠れた瞳から涙がこぼれるのが、ほとんど同時だった。


「ちょっと、何か作ってきます。ほら、鈴置さんのグラスも空いちゃってるし」


 征は早口で言うと、美紗にメニューを見せるのも忘れて、逃げるように席を離れた。



 窓の向こうに広がる大都会の街明かりが、店の隅のテーブル席にぽつんと座る美紗のところへ、光の波となって押し寄せ、過去の残像の飛沫を上げる。



 この店に誘ったのは、あの人

 でも、そうさせたのは、私


 この席で、優しい言葉を口にしたのは、あの人

 でも、そうさせたのは、私


 少し歩こうか、と言ったのは、あの人

 でも、そうさせたのは、……たぶん、私


 

 窓ガラスに人影が映った。美紗がはっと振り向くと、透き通った青いカクテルをトレイに載せたバーテンダーが立っていた。


「すみません。オーダーを伺うのを、忘れてましたね」


 征は、細身のカクテルグラスを静かに美紗の前に置いた。先ほどよりもゆっくりめに話す声は、ずいぶん落ち着いて聞こえた。

 美紗は、洗練された佇まいのバーテンダーに、潤んだ目を向けた。


「あの、日垣さんは……」

「これ、僕のオススメです。お口に合わなければ、別のものを作り直してきますから、取りあえず、どうぞ」


 テーブルの上に置いたグラスを美紗のほうに静かにずらした征は、藍色の目をそっと細めた。穏やかながら有無を言わせぬ口調が、美紗から言葉を奪う。


「ブルーラグーンです。ウォッカをブルーキュラソーとレモンジュースで割っています」


 美紗は、グラスの中の鮮やかな青に見入った。

 家族のいるあの人の残像が、その青い色に吸い込まれるように、薄くなっていく。


「きれいな、色ですね……」


 美紗の言葉に、征は静かな笑みを浮かべ、そして急に、恥ずかしそうに頭をかいた。表情を崩したせいか、包み込むような笑顔が、ゆるりと、愛嬌のある初々しい表情に変わる。


「本当は、水色に近い青になるはずだったんですけど、急いで作ったら、ブルーキュラソーを入れ過ぎちゃって……」


 確かに、サンゴ礁に囲まれた海のような色になるべきそのカクテルは、かなり青みが強く、紺色に近いように見えた。熱帯魚が泳ぐ浅い海というより、やや深い海の中を連想させる。


 美紗はグラスを手に取り、透明な青い液体にそっと口をつけた。ベースのウォッカに優しく包まれたレモンの香りが、顔の周りにじわりと広がっていく。


「あ……、思ってたより、甘いですね」

「ブルーキュラソーが多すぎたから、特に甘くなっちゃったかもしれません」


 軽く頭を下げる征の顔は、ますます子供っぽくなった。


「青い色は、どうやって出しているんですか? その、ブルー……」

「ブルーキュラソーという、オレンジのお酒を使ってるんです」

「オレンジ? それがどうして青いの?」 

「青は、実は着色料なんですよ。ホワイトキュラソーっていう無色のオレンジリキュールがあって、それに青い色をつけたのが、ブルーキュラソー。自然の色ではないんですけど、僕、青い色のカクテル作るのが好きで。こういう色を見ていると、嫌な事があってもすうっと忘れられそうな感じがするでしょう?」


 専門分野の知識を披露する征は、少年のように藍色の目をきらきらとさせる。

 美紗は、頷いて彼の言葉に賛同の意を示すと、再び青みの強いブルーラグーンを見つめた。


 美しく透き通るその色は、青と紺の間の色合いが一面に広がるあの場所を、思い出させた。


 この店からほど近いところにある、美しいイルミネーションで彩られた光の庭。


 今も訪れる二人連れを華やかに照らしているであろう、その青い空間は、些細なことに揺れ動く心を静め清めるような森厳さに満ちていた。

 そして、精一杯の切ない決意を惑わすには十分すぎるほど、幻想的だった。


       ******



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます