34・グレートダギャーソード


 魔法少女になった。

 活躍していたのは10年前だ。いまや、少女とはいえない年齢となっている。

 けれど、これこそが本当の姉の姿なのだろう。

 ドレスのようなコスチュームは、年齢的な無理さはあるけど、しっくりとしている。

 よくよく見れば、真っ赤となった髪の毛の他に、肌に刺青のような模様が入っていた。

 蜘蛛の足のような角張った線が、横顎から目元に向けて数本引いていて、中々シャレていた。


「うわあ、お姉ちゃんかっこええなあ」


 変身した姉を見るのは初めてのようで、澄佳は感嘆と手を叩いていた。


「あんがと」


 そっけなく礼を言って、右手をクイっと上へと動かした。

 長さ三十センチほどの短剣が、手品のようにパッと現れる。

 アラビアで使われていたジャンビーヤのような湾曲した形をしていた。俺たちの世界に存在する金属ではなさそうだ。見る角度によって、銀、金、緑、黄、赤など、輝きが変わっていく。

 姉はその短剣を、俺の前のテーブルに突き刺した。


「あげるわ。日本刀じゃ、長くて重いし、接近戦で不利になるでしょ」

「いいのか?」

「かまわない。最初のころはこれを使っていたけど、戦うにつれ、魔法と肉弾戦がメインになっていったんだ。鏡明のことだから、戦うなって言ったって無駄でしょ。だったら、魔法力のある武器を与えたほうが安心だもの。これね、ナホカソードっていうの。世界で唯一のものだから、大切にしなさいよね」

「名前は変えさせてくれ」

「勝手にしな」


 手に取ってみると驚くほどに軽い。


「切れ味すごいから気をつけて。あたしがこれ初めて手に入れたとき、学校の机やら壁やらスパッと切っちゃって、大変だったんだから」

「赤沢先生はほんと、頭が回らないわね」

「なによ、文句あるってゆーの?」

「姉弟愛に文句はないわ。武器をプレゼントするのはいいけど、丸裸な状態で持ち歩くのはぶっそうじゃない。鞘なんてないんでしょ? 銃のようにベルトにはさんでたら、体を切ってしまう恐れがある」


 だから貸しなさい、と手を出した。

 渡すと、美桜は短剣に向かって、


「アレス、ハルズ、クトゥーク……」


 とブツブツと意味不明な言葉をかけていく。


「彼の剣の主となりし赤沢鏡明。この剣の名前を口にし、契約を交わしなさい」

「名前?」

「剣の名よ。さっさと決めなさい」

「えっと、そうだな……」

「グレートダギャーソード!」


 迷っていると、澄佳が言った。


「グレートダギャーソード」

「はぁっ!」


 美桜は腕を延ばし、上向けた短剣を俺の胸に当てた。

 まばゆい光が起きた。

 光に吸い込まれるように短剣が消えていった。


「契約は成立したわ」


 手を引っ込めて、美桜は言った。


「剣はどこにいったんだ?」


 きょろきょろ見回すが、どこにもなかった。


「あなたの利き手はどっち?」

「右だ」

「その手で剣を持っているイメージをしながら、剣の名を心の中で言いなさい」


 右手を意識する。

 グレートダギャーソード。

 何かを握る感触が訪れた。俺はさきほどの剣を持っていた。


「これはすごいな」

「便利でしょ。不要になったら、手放せば消えるわ」


 手を放してみると、短剣は地面に落ちるところで、ふっと消えた。再び手を意識すると、短剣が現れた。手を放すと、同じように消えていった。


「この魔法は回数や時間制限はあるのか?」

「無限よ。嫌になったら、解除してあげる」


 ないようだ。ありがたい。


「ナホカソードのほうがよかったんじゃない?」

「グレートダギャーソードっ!」


 姉貴に同意だ。ナホカソードの姉以上にネーミングセンスのない澄佳は、かっこいいと思っているようだが、反芻したことに後悔した。


「さーてと」


 姉貴は、足を伸ばしたり、上体を左右に回したり、両手を地面に付けたりと、ストレッチをしていく。さすがは体育教師。柔らかい体だった。


「犬はどうなってる?」

「悪戦苦闘中」


 響歌さんはスマートフォンで指示を出し、報告を聞いていた。


「被害者四名。倒した犬は三匹。残りの十二匹を、戦車や盾で、取り囲んでいるところ」

「第二、第三陣がきたら、あっさり壊滅ね」

「カラスなんか来そうだな」

「ゾンビが空を飛べるかしらね」


 空飛ぶゾンビが攻めてくる、という心配は無用のようだ。


「鳥だろうが、怪獣だろうが、あたしにまっかせなさい。さっさかやっつけてやるわよ。小麦、ゾンビに気をつけることはない?」

「噛まれたら、ほんの小さな傷でも、即アウトだけど、あなたならいくら噛まれようとも平気でしょうね。ゾンビはアンデット系よ。光に弱い。特に回復魔法には」

「なーるほど、最高の手じゃないの。回復魔法なら、人間を巻き込む心配もないし、最初からやっとけって話よね。つーか、それを早く教えなさい」

「あなた、使えるの?」

「エリーゼ様じゃないから使えませーん。回復系が得意な子はいたけど、いなくなっちゃったし……」


 僅かに哀惜の顔を覗かせた。死んだか、消えたかしたのだろう。


「響歌はサポート系だけど、ちょっとは使えたよね。あたしと手を取り合えばさ、その力を倍増できるでしょ。懐かしいな。響歌、一緒にやろ」

「嫌よ」


 響歌さんはきっぱりと断った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料