27・闇の王ガディス




 闇の王ガディス。

 別名、破壊をいざなう者。

 絶対的なパワーによって、闇の世界を何百年もの長きに渡って支配し続けた独裁者。

 彼の哲学はただ一つ。


 力こそが全て。


 強きものがこの世を支配でき、弱きものは、死あるのみ。

 弱者への慈悲はない。

 殺しをしようとも法によって裁かれることはない。

 むしろ、殺されたほうが悪いと、被害者はさらなる屈辱を受けることとなる。

 無法状態といえるけど、調子に乗った魔物は、ガディスに潰されるから、治安はそれなりに保っていた。

 むしろ、ガディスが天下を取る前の方が、裏切り、殺し合いの連続。

 闇の世界を統一できる支配者が存在しなかったから、荒れ放題だったぐらい。

 だから今も、ガディスを恐れる者がいると同時に、畏敬する者も数多くいる。

 最悪な男ではあったけど、独裁者として有能だったと言えるわね。


 ガディスは戦闘中毒というたちの悪い病気を持っていた。

 自分と互角、またはそれ以上の強豪と戦いたくて戦いたくて、ウズウズしていた。

 素質があるものは、最強の戦士にするべく、徹底的に鍛えていった。

 そして、自らの力にうぬぼれて、ガディスの座を奪うべく、裏切ってくれるのを楽しみにしていた。

 子供を作ったのだって、自分の遺伝子をつぐものなら、強くなるんじゃない、という考えでしかなかった。

 それが娘で、希望に添える力を持ってないと知った時のガッカリようは……。

 とはいえ、親というのは、どんな悪党でも親バカになってしまうようね。

 ガディスも例外なく娘を溺愛したわ。

 こっちが、うんざりするほどに。


 彼自身もそれを自覚していたようで、自分にとっての弱点になると、私、ひとりしか作らなかった。


 ガディスの不幸は、最強の力を手に入れたことだった。


 彼の持つ圧倒的なパワーは、星をも消し飛ぶほどのもの。

 どんな強い者が束になって掛かったところで、赤子をひねるように簡単に倒してしまう。

 その桁外れの強さに、裏切るものはいなかった。どいつもこいつも、自分に忠誠を誓うか、へらへらとすり寄ってくるか、怒らせないようにコソコソとするばかり。


 弱い、弱い、弱すぎる。


 ガディスは、毎日を退屈していた。

 暇で暇でどうしようもなかった。

 そのとき、彼にあるアイデアが閃いた。

 それは残酷で恐ろしいもの。

 彼が目につけたのは光の世界。

 慈愛の女神エリーゼが治める愛と平和の象徴。

 世界といっても、中心に神殿があって、その周りを緑と泉で囲まれている、空に浮かぶ島みたいなもの。

 そこに精霊たちがのどかに暮らしているの。

 人間のような知的生命体もいることはいるけど、精霊たちの召使いでしかない。

 そんなこと言ったら精霊は、「お友達だ」なんて怒るんでしょうけど。

 光の世界は、エリーゼの光の力による結界によって守られていた。

 光の世界の住民たちが、戦争に巻き込まれず、平和に暮らしていけるよう、周囲に結界が張られてあったの。

 余程の力でなければ、破ることは不可能よ。

 だけどね。

 ガディスは、その余程の力を持っていた。


 結界を破壊したわ。

 いとも簡単に。あっさりと。

 エリーゼに、新たな結界をはらせる余裕なんて与えなかった。

 ガディスは、女神エリーゼを石化させた。

 エリーゼという光の象徴を失った光の世界は、闇に染まっていった。

 光の世界に住む人間たちは、刃向かったものは殺し、降伏するものはドレイにしていった。

 ガディスは精霊たちに、容赦がなかった。

 見付け次第、次々と無残に殺していった。

 精霊たちは無力な存在。

 動くぬいぐるみのようなもの。

 戦う力なんてなにひとつ持ってない。

 生き残るために精霊たちは逃げた。仲間が殺されていき、大好きだった光の国が滅ぼされていく中を、精霊たちは必死になって逃げていった。

 向かった先は地上界。

 あなたたち人間が住んでいる世界。

 つまりはここよ。

 光の国と地上界への扉は、女神エリーゼの光の力によって開くことが可能なの。他に方法はない。

 エリーゼが石になっている今、それは不可能なこと。

 それでも希望を失わないためにも、精霊たちは、地上界への抜け道を探していった。


 一人、また一人と、殺されていくなかを……。


 奇跡的なことに、精霊たちは地上界への抜け道を見付けることができた。

 だけど、地上界に来ることができたのはごく僅か。

 しかも精霊を見ることができるのは、一握りの素質のある少女しかいない。

 精霊は、その特別な少女たちを探していった。

 そして、彼女たちに、


「魔法少女になって、光の世界を救って欲しい」


 と頼んでいったの。


 それこそがガディスの狙いだった。


 光の国に危機が訪れたとき、精霊たちが不思議な力を使って、人間たちを特殊な能力を持つ戦士に変えることを知っていたのよ。

 しかも、地上界は、闇の世界の者達には知られていない未知の世界だった。

 ガディスも例外ではなかった。

 新しい世界の発見に歓喜した。

 ガディスは地上界をも支配するべく、闇の世界の刺客を送っていった。

 魔法少女は、光を救うだけでなく、自分たちの世界を守るために、戦いを余儀なくされていった。

 精霊の力で魔法少女になったとはいえ、中身は、平和ボケした世界に住む、思春期をむかえた少女でしかない。

 メンタルの弱さや、実力のなさで、コテンパーンに一方的にやられていった。

 泣き喚いて逃げ出すか、大怪我で戦闘不能状態になるか、最悪死んでしまって、戦意喪失するか。


 使い物になる人材はいなかった。


 それでも精霊たちは戦力になる魔法少女を探していった。

 精霊は、子どもと無邪気に遊ぶのが大好きなの。その子どもたちに、過酷な使命を与えなくてはならないなんて、辛かったことでしょうね。

 それでも、光の国を救うために、魔法少女になってほしいとお願いしていったわ。

 他に方法がなかったから。


 そして、二人の少女が魔法少女になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料