16・あばよ。楽しいデートをありがとな


 両手に持つ日本刀が、スポンジのように軽くなった。

 片手で持つ。

 開いた方の手で、美桜を持ち上げた。赤ん坊を担ぐように軽かった。

 イッヤーソンがチャージしていた光が停止した。

 嵐の前の静けさ。発射する前兆。

 突進した。

 光のように速い。自分の足が、この速度に追いつけないのではと不安になるぐらいだ。

 イッヤーソンが光線を発した時には、俺は奴の下にいた。

 ジャンプ。

 真上にあるイッヤーソンの顎を目掛けて蹴り上げた。


「ぐあげあがぎゃぁぁぁぁぁぁーーっ!」


 光線は、口の中で暴発した。イッヤーソンは言葉にならない絶叫をあげる。

 聴覚も三倍になっているようで、鼓膜が破れそうになる。ゾンビでも痛みがあるのか、イッヤーソンは、上体を上げて、自爆した顎を両手で押さえて、悶えている。ボロボロと、腐った肉の塊が泥のように落ちてくる。

 俺は、二本の足を斬った。

 さすがは三倍の力だ。大木のような足が、スパっと切れた。

 支えを失った巨大な体が、ゆっくりと横に倒れていく。六車線の大通りを渡った先にあるビルが、イッヤーソンの体に押しつぶされていった。


「ここで待ってろ」


 大通りに来ると、かついでいた美桜を下ろした。


「なにをする気?」

「粗大ゴミを焼却しにいくのさ」


 斜め向かいの交差点前のガソリンスタンドに、タンクローリーが止まってあった。運転席のドアは開かれたままだ。

 運転席に乗り込む。

 虎柄の毛皮で覆われた派手なシートだ。座りにくかった。ダッシュボードの上は、 銀色をしたドクロやエイリアンの置物が飾ってある。ホラー系が好きな運転手のようだ。

 キーはかかっていた。持ち主はゾンビを見て、慌てめいて逃げ出し、ゾンビの仲間入りか、イッヤーソンに食われたりかしたのだろう。

 キーを回し、エンジンをかける。

 エンジンがうなりをあげるが、吠えてはくれない。焦る気持ちを押さえながら、俺は何度もキーを回し続ける。

 大通りの中心で転倒しているイッヤーソンの顔があがった。顔の下半分が欠けている。土色をした肉塊から、喉の骨が見え、排気ガスのような息を「シューッ」と吐き出していた。あの息を吸ったなら肺が黒くなりそうだ。

 両足は回復しているようだが、立ちあがれるまでに至っていなかった。ずるずると匍匐しながら、こちらへと近づいてくる。

 エンジンがかかった。タンクローリーはうなりをあげる。それと同時に、ロックミュージックが大音量で鳴った。ギンギンと頭を響かせ、気が狂いそうになってくる。俺は音量を下げた。テンションをあげるのに良さそうだったので、音楽はかかったままにする。

 ギアを入れ、アクセルを踏む。タンクローリーはゆっくりと動いていった。踏む力を強め、速度が上がっていくのを確認してから、俺は限界まで踏んづける。

 フルスピード。

 上下にガタガタと揺れていく。車内にある飾り物は、パーティーの始まりを歓迎するように、あっちこっちに飛び跳ねていく。

 イッヤーソンとの距離が百メートルほどに迫ったところで、俺はタンクローリーから飛び降りた。肩で受け身を取り、亀裂だらけのアスファルトを転がっていった。

 ズボンに差し込んだニューナンブM60を取り出した。

 おやっさんの形見だ。


「あばよ。楽しいデートをありがとな」


 銃を撃った。

 一発。タンクに穴を開け、ガソリンが漏れた。さらに一発。ガソリンの導火線を狙ったが外れた。もう一発。当たった。

 さらに一発。

 爆発した。

 爆風に、俺は吹き飛ばされた。

 炎は、ビルのてっぺんまであがっていった。タンクローリーのキャブが飛んできて、俺が倒れている場所のスレスレに落ちて来る。後ろへ何バウンドかすると、電柱にぶつかって、止まった。真っ黒に焦げる中から、ロックミュージックが聞こえてくるが、暫くするとそれも消えた。

 燃え上がる炎のメラメラとした音。

 猛煙が黒々とあがっていた。

 イッヤーソンがどうなったか確認できないが、あれだけの大爆発を食らったんだ。

 生きてはいないだろう。

 さてと、美桜はどこにいる? 安全な場所に避難していて、爆発に巻き込まれてはいないといいが。

 刹那。

 ズン!と体が重くなった。

 何百キロもの重みに押しつぶされたかのようだ。

 目を開いているのに、電球のない夜更けのように、辺りが見えなくなった。全身に激しい痛みが襲い、顔を少し動かすだけでも苦痛だった。

 三分切れだ。


 ズシン! ズシン!


 地響きがした。

 アスファルトが生き物のように動いている。

 これはまさか……。

 悪化した視力で目を凝らす。

 炎上のカーテンから、人型の巨大なシルエットが浮かんだ。

 上空の煙が薄れていき、イッヤーソンの顔が覗いた。

 俺のことを見ていた。

 顔半分は潰れたままだったが、ニタニタとした笑いを感じ取れた。


「くそっ、せっかくの決めぜりふが台無しじゃないか」


 最悪な状況だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!