17・お父様を倒した奴ならいるじゃない


 イッヤーソンはゆっくりと歩いてくる。処刑人を前にした囚人になった気分だ。


「何してるのよ。早く逃げるわよ!」


 美桜の声がした。

 俺のスーツを掴み、肩を引っ張っていく。


「姫さん、いるのか?」

「いなきゃ、引っ張っているのは誰よ?」


 グイグイと俺を動かそうとするが弱い力だ。一ミリも動かない。


「よく見えないんだ。メガネ持ってないか?」

「目のいい私には、不要のアイテムよ」

「ちっ、メガネっ娘の姫さんを見てみたかったぜ」

「ここを生き延びたら、それぐらいのサービスしてあげるわよ」

「服はゴスロリで頼む。頭はネコミミカチューシャを付けてくれ」

「変な趣味してるわね」

「どSな姫さんに似合いそうに思ったんだ」

「ムチで、あなたを叩いてあげようかしら?」

「そんなご褒美より、早く逃げろ」

「あなたを置いて?」

「そうだ」


 日本刀を持とうとしたが、指に力が入らなかった。握ることすらできない。


「死ぬわよ」

「負け犬は死ぬまでだ。足止めぐらいはなってやるさ」

「今のヤクザじゃ、十秒も持たないわ」

「じゃあ、十秒で逃げろ」

「……三秒もないわね」


 目の前。

 イッヤーソンの足があった。

 奴は立ち上がったまま、人形のような俺たちを見下ろす。


「かっかっか、ごっ、ごあん、ごあんしん……」汚い声を発する。「くださぁぁぁい、あささ、さわくんは、ころぉぉしは、しま、しませぇぇんよぅぅぅぅ」


 俺たちを包囲するように、両手を地面に付け、顔を近づけてきた。


「あか、あかあか、あかさわくん、くんは、わたしの、体になるのですからぁぁぁぁぁ」

「姫さん。日本刀で俺を斬ってくれ」


 体を取られるぐらいなら、死んだ方がマシだ。


「箸も持てない私に、なんて残酷な命令をするのかしら」

「銃でもいいぜ」

「私がそんなことしたら、澄佳になんて言えばいいのよ」

「私の愛するあなたのお兄さまは、かっこよく死んだと伝えてくれ」

「できるわけないでしょ」


 イッヤーソンの手が開かれた。

 動く壁で押しつぶすように、こっちに向かってくる。分かっていても、避けようがなかった。テレビの映像をみているかのようだ。ぺしゃんこにはしなかったが、俺の体をとらえると、ぎゅっと握った。


「こういう役目は金髪美女だろ」

「わたぁぁぁしは、お、おんなぁぁぁよりも、あかさわくぅぅぅんの、ほおおおがぁぁぁぁ、こふぶぅぅぅつなんでぇぇぇす」

「ホモは帰ってくれ」

「こ、ここここんなじょうきょぉぉぉでも、じょぉぉだん、いぇぇぇぇる、あかさわくぅぅぅんが、わたぁぁぁしは好きでぇぇぇすねぇぇぇぇ」

「口よりも、体が回るようになりたいぜ」

「わたしの、ものぉぉぉぉになればぁぁぁ、か、かんたぁぁぁんに、強よよぉぉくなれまぁぁぁすよぉぉ」


 イッヤーソンの俺を掴んだ手が動いた。体を持ち上げようとする。


「ヤクザ」


 奴の手があがろうとするとき、姫さんは両手をあげてジャンプし、イッヤーソンの手の上に乗った。


「馬鹿野郎。逃げろ」

「できるわけないわ」


 俺を助けるべく、堅く握られた手を開かせようとする。少女の力だ。ぴくりとも動かない。

 美桜は顔を上げ、イッヤーソンを見る。


「イッヤーソン。今すぐ離しなさい」

「お、おややややや。姫ささささ、さまはあかさぁぁわくんを、助けたいの、でしょうかねぇぇ。感動のあまり、なみ、涙が、でま、でま、でまま、ませんねぇぇぇ、ゾンビのからだじゃぁぁ」

「闇の王ガディスの娘である私の命令よ」

「がでぃすさまぁぁぁ、なつかしぃぃぃ、なま、なまええええを、きいたぁぁものでええすねぇぇぇ。もはや、あのおかたがぁぁぁ、存在しなぁぁぁい、いまぁぁは、あなたさまのぉぉ地位はぁぁガタおちぃぃぃ、命令なんぞ、無効果でありまぁぁすねぇぇぇぇ」

「そうね……でも」


 なにかに気付いたのか、彼女の口が僅かに笑った。


「お父様を倒した奴ならいるじゃない」


 空から隕石のような光の物体が降ってきた。

 肉眼で確認できないほどのスピードを出して、イッヤーソンの額に直撃する。


 パァァァァァーン!


 激しい衝撃音がした。

 土粘土のような頭蓋骨が割れて、中から輝かしい光を放っていく。


「おまえはぁぁぁぁっ! おまえはぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」


 光の物体は、頭部に打撃を与えた足を引っ込めると、くるりと一回転して、勢いを付けてさらに蹴った。

 イッヤーソンの巨大な体が剛速球に飛んだ。

 何百メートル先まで吹っ飛び、高架鉄道の上に墜落する。

 イッヤーソンの手から抜け出た俺は、高々と宙にあがった。

 五階ほどの高さから、アスファルトの硬い地面を目掛けて頭から落下していく。

 このままでは死ぬと分かっていたが、体が言うことを聞いてくれない。ただ待つのみだ。

 走馬燈のように俺の二十四年間の人生が回想されていく。

 ろくな人生じゃなかった。

 強くなろうと決心し、どんなに体を鍛えても、俺の理想とする強さにはなれずに苛立ってばかりだった。

 結局、俺は弱っちいままで、あの人に守られる存在でしかなかった。


 あの人?

 誰だ?


 いや、もう、考えるまでもない。

 十年以上前。似たようなことがあった。

 イッヤーソンのような巨大な怪物に捕まって、俺はこのように高いところから放り投げられた。

 それを人間離れした女が飛んできて、俺のことをキャッチし、間一髪のところを助けてくれた。

 体が軽くなった。

 クッションのような柔らかいものが背中に触れる。誰かが、俺の体を両手でがっちりと支えてくれていた。男のものじゃない。細くて、柔らかい女の体。それでいて、懐かしかった。

 ぼやけた視界からは、一人の女の姿が見えた。

 あの頃と同じ光景を俺に見せていた。


「姉ちゃん」


 結局俺は、姉ちゃんに守られる存在でしかないんだ。

 着地する。光のオーラをまとった姉は、いたわるように、そっと俺の体を地面に下ろす。

 そして、イッヤーソンの方を向いた。

 背中。

 尻の割れ目まである真っ赤な髪に、白と黒の、派手で肌の露出の高いドレス姿。

 姉ちゃんの戦闘用衣装だ。かつてはこの格好で、どんな敵とも戦っていた。

 命がけで。俺を守るために。


――鏡明はあたしが守る!


 記憶のなかの姉ちゃんの姿と重なった。十代前半の少女じゃない。二十代半ばの大人の女性。

 だが同じだ。

 十年前に見たはずの、失われた記憶、そのままだった。


「夢じゃなかったんだな……」


 畜生。姉ちゃん、ええケツしてるぜ。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料