15・澄佳の友達。守るには十分な理由だ

 音を立てぬよう気をつけながら、障害物となっているゾンビを斬った。

 一人、二人、三人。

 いや、「人」ではなく「体」か「個」と数えたくなる。かつては人だろうと、ゾンビを人として見たくはない。生き物ではない。脳みそを求めて徘徊する物体だ。

 そう自分に言い聞かせるが、元は人間である事実は変わりない。ゾンビを斬る感触は慣れそうにないし、慣れたくもなかった。

 これが快感になったら、俺は辻斬りを趣味にする浪人のようなもので、人殺しの素質を持っているということだ。

 細い路地を曲がった。

 ポリバケツを蹴飛ばし、中身のゴミを散らかした。破れたビニールから出てきたリンゴの芯を踏みつぶす。


「あら残念。転ばなかったわ」

「コントじゃねぇよ」

「きゃっ」


 美桜は、生ゴミの入ったビニール袋で足を滑らしていた。転びはしなかったが、俺が振り向いているのに気付くと、両足を真っ直ぐにする。


「冗談よ」


 うそつけ。

 ガラスが割れる音がした。ビルの上からゾンビが飛び下り、頭から落ちてきた。生身の人間のにおいに誘惑されての自殺か。俺たちが足を止めてなければ、下敷きになるところだった。

 俺の足首を掴むべく、手が伸びてきたので、割れた頭を日本刀で突き刺した。抜くと動かなくなった。

 自動車の物陰で、犬の死体を貪るゾンビがいた。そいつも、においをかぎつけたのだろう。のろりと立ち上がった。


「のうみぞだぁぁぁ!」

「静かにしろ」


 イッヤーソンに聞かれるだろうが。

 全力疾走し、奴の大好物である脳みそを破壊する。ビルとビルの間の、小さな隙間から、ゾンビが顔を出した。

 銃で撃った。

 ガクンと頭が落ちて、動かなくなった。


「びっくりして、使っちまったじゃないか」


 銃声を聞き取ったようだ。

 通路を渡った先にある大通りから、ゾンビが数人、こちらへ近付いてくる。


「ちっ、次から次へと」


 銃を放つが、三人倒した所で、弾切れとなった。


「二人残ってる」

「分かってる!」


 銃を投げた。

 ストライク。ゾンビの頭を直撃した。顔が上向き、後ろへと倒れようとする瞬間に首を斬り、勢いのまま残ったゾンビも斬った。

 ビルの壁に寄りかかって、口で息をした。

 呼吸が苦しかった。

 体が重く、眩暈がする。スタミナが切れてしまい、立つのもやっとの状態になっていた。

 ここまで体が持ってくれたのを褒めたいぐらいだが、ここで倒れちゃ俺も美桜も死ぬ。限界を超えようとも、まだ動かなくてはいけない。


「無事か?」

「あなたよりは」


 ちゃんと付いてきていた。

 美桜は、なにを考えているのか分からないほど、表情の変化はない。そもそもこいつは何者だ。胸のふくらみは貧相だが、美少女として何一つ欠点のないパーフェクトな顔立ちをしていて、それに相応しいように謎だらけだった。


「代わってくれ」

「私、お箸より重いもの持てないの」

「魔法を使えるんだろ?」

「残念ながら、私は闇の力を失っているわ。無力な存在よ」

「じゃあ、篠崎の屋敷でのあれはなんだ?」

「誰にでもできることよ」

「俺にもか?」

「方法さえ知っていれば」

「なにか教えてくれ」

「修行が必要よ」

「五秒で修行する」

「無茶いわないで。毎日十二時間以上修行しても、最低三年はかかるわ。それでも、お尻から火を出す程度のものにしかならないでしょうね」

「最高だ。姫さん、ぜひ見せてくれ」

「それよりも、身体能力を三倍にする術のほうがいいんじゃない?」

「できるのか?」

「可能よ」

「やってくれ」

「ただし、三分も持たない」

「構わん。すぐに頼む」


 その前に、イッヤーソンを倒せばいいだけだ。


「後で怒られそうだから、前もって言っておくけど、身体能力が三倍になるということは、効果が切れたときの負担は三倍来るということでもあるわ。いまのあなたが耐えられるものじゃない」


 周囲が光った。

 大通りを、黒い光が走った。一瞬だけ時間が止まり、その後に爆発音。


「ひめさまはどごですかぁぁぁーーーっ! あかさわくぅぅぅぅーーんの、のぉぉぉみそがくいたぃぃぃぃぃーーーっ!」

 イッヤーソンの声だ。ドシン!ドシン!とのっしりとした巨大な足音も聞こえてくる。その音が段々と大きくなっていた。


「ゾンビ使いがゾンビに食われたってところね」


 俺が現れない限り、町を荒らし続けることだろう。このまま逃げ続けているわけにはいかない。

 なんとかしなければ……。


「早く頼む」

「本当にいいの?」

「やってくれ。そうしなければ、俺は姫さんを守ることができない」

「そこまでする理由が、あなたにはあるわけ? 私のことはほっといて、逃げていいのよ」


 美桜を見る。美桜も俺のことを見る。瞬きせずにじっと。


「小麦美桜。あんたのことは、妹からよく聞いている」

「あなたの手紙を、読んだことがあるわ」


 やはりそうだ。

 澄佳と一緒に行方不明になっている少女。


「澄佳の友達だろ?」


 なにも言わない。


「違うのか?」

「友達だった。最高の、大切な友達だった。でも私は……」


 俯いて、憂い顔を見せる。彼女が表情を出したのはこれが初めてだ。


「澄佳を裏切ってしまった。私たちは、出会ってはいけなかった」

「姫さんがなにをしたのか知らないが、澄佳は許すだろう」


 兄だからこそ分かる。

 澄佳は、人を恨むことを知らない。


「あの子は優しすぎるのよ」

「そうだな」


 ヤクザになった兄を、あっさりと許したぐらいだ。


「澄佳の友達。守るには十分な理由だ」


 イッヤーソンの足音が止まった。自分が蟻になって人間を眺めるような、巨大な足があった。

 奴の顔がこっちを向いた。

 俺たちがいる路地の幅の倍以上もある、ばかでかい頭だった。両側のビルを邪魔そうにしながら、片方の目をのぞき込んで、真っ白な瞳孔を拡げた。


「みぃぃぃぃつけたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」


 生温かい息が顔にかかる。即座にゾンビになりそうな激臭だった。イッヤーソンは、嬉々として、最大限まで開いた口の奥に、黒々とした光を吸収していく。

 まずい。

 ここで光線をだされたらひとたまりもない。


「術をかけろ! 今すぐ!」

「後悔しないわね?」

「死んだら後悔できないだろ」

「ならば、生きて後悔させてあげるわ」


 細かな文字が書かれた縦長の札を俺の背中に貼った。そこを中心にして、模様のついた光の円が浮かび上がっていく。


「アレス、ダーレット、レーシュ……」


 俺の背中にある魔法円に向けて、指を素早く動かし、何かを描きながら、まじないを唱えていく。人間の言語ではないのか、所々の発音が聞き取れなかった。

 ふぅと、ろうそくの火を消すように、美桜は息を吐いた。


「ヤクザ」

「それは俺のことか?」

「初恋の女の名前を叫びなさい」


 迷いもなく、一人の女が浮かんだ。

 失恋の傷。酸っぱい感情が湧いた。


「あおいひびかぁぁぁぁぁぁぁーーっ!」


 発した途端、全身から青白いオーラが出てきて、宙に浮きそうなほどに体が軽くなった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料