14・ゾンビアトラクションデートも乙なものよ

 背中に大きな衝撃がきた。


「生きてるか?」

「あんたの体、臭いわ」

「惚れたら良いにおいになるぜ」

「絶対にならない自信あるわ。なんであんたとベッドで抱き合っているのよ」

「映画でいうベットシーンだな」

「ロマンもなんもないけどね」


 運の良いことに、俺が落ちた先はエステのマッサージ用ベッドの上だった。クッション部がダメージを和らげてくれた。人間二人が落ちた衝撃で、ベッドの中央部が割れてしまい、使い物にならなくなっていた。


「姫さんよりも、命を捨てて俺を救ってくれたマッサージベッドちゃんに恋をしそうだ」

「んな高さから落ちたところで、死にやしないわよ」


 美桜はベッドから起き上がる。


「立てる?」

「立とうとしてるんだが」


 起き上がれなかった。

 美桜は、俺の手を両手で引っ張ってくれる。それから、床に落ちていた日本刀を渡す。

 口は悪いが、頼りにしてくれているようだ。

 直立するが、真っ直ぐにならない。自分の体かと思ったが、そうではなかった。揺れているのはホテルだった。ミシミシとした亀裂の入る嫌な音も聞こえてくる。


「もうすぐ倒壊するわ」

「今までしなかったのが奇跡なぐらいだ」


 あれだけの攻撃を食らってよく耐えたものだ。建築三十年以上ありそうな古びたホテルだが、基礎がしっかりしているようで、頑丈にできている。


「入り口はふさがれてるな」


 エステのドアは、のしかかってきたコンクリートの重みで、ぺしゃんこに潰されていた。


「また、飛び降りるしかなさそうね」

「お姫様だっこしてやろうか?」

「そんな時間も……」


 イッヤーソンの片目が見えた。

 さきほどのビームで出来上がった穴から、ミニチュアをのぞき込むように、俺たちのこと眺めていた。奴の顔が動いた。口が見えた。

 大きな口だった。

 その奥からどす黒い光が漏れる。


「……なさそうだな」


 行動は、美桜の方が速かった。

 俺の手を取った。

 足を動かそうとすると、痛みで全身が悲鳴をあげた。立ち止まる暇はない。美桜は、エステの店の名前が逆向きに書かれてある横並びになった窓から、外の通りを素早く見まわす。


「こっちよ」


 鍵をあけ、窓を全開にする。その下にはネコさんマークの宅急便のトラックがあった。キャブがホテルに突っ込んでいる。ゾンビの怪物の登場にパニックとなり、事故を起こしたのだろう。

 美桜に引っ張られて、ドライバンの上に飛び下りる。髪の毛スレスレに、イッヤーソンが発したビームがかすった。手前にある駅の線路を破壊し、その先にある西口のビル群をも巻き込んでいく。もう少し遅ければ、脳みそを失うところだった。

 転ぶように荷台から降りる。手前にエンジンがかかったピンクの乗用車があった。運転席のドアを開ける。


「のうみそぉぉぉぉぉ!」


 発砲した。女の頭がハンドルにぶつかり、クラクションが盛大に鳴った。


「ちっ、弾の無駄遣いをしてしまった」

「なにやってるのよ」

「車で逃げようとしたんだ」

「この道でどうやって? 追いつかれる未来しか見えないわ」


 駅前の二車線の狭い通路は、無数の亀裂が出来ていた。下水管が破裂し、水が吹き出ている。通りにある自動車は、事故に遭ったり、炎上したり、ひっくり返ったりして、通行の邪魔をしている。

 運転者たちはといえば、


 「ノーミソだぁ」「ノーミソくわせろぉぉぉ」


 と元気よくウォーキング中だ。


「ドライブデートは中止か」

「ゾンビアトラクションデートも乙なものよ」


 日本刀を両手で握り、こちらにやってくるゾンビたちを斬った。


「いつになったら地獄のデートは終わるんだ?」


 ロケットが発射したかのような爆発音。

 ホテルアプロディーテが一瞬で崩れ落ちた。灰色の煙が立ちのぼるなか、イッヤーソンが巨大怪獣のようにのっそりと姿を現した。

 全長20メートルといったところだろうか。干涸らびた巨大な手を地面に付ける。指が六本あり、爪はなく、どれも人差し指のように同じ長さをしていた。首を伸ばし、両手をぎょろりと開けて、辺りを見回す。

 降りしきる灰によって、俺たちの姿は隠されていた。視力が悪いのだろう。近くにいるというのに、俺たちのことが分からないでいた。


「死ぬか、生き残るか、どっちかね」


 美桜は、囁くようにして言った。普通に声を発した所で、アラーム音でかき消えただろう。


「生き残ってやるさ。美桜、俺に付いてこい」


 俺も声を落として言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料