11・かくれんぼはおしまいですよ


 七階に到達した。

 カーペット張りの廊下は、カビのにおいがした。

 真っ暗だ。

 非常口のピクトグラムがダイアモンドのように光っている。

 ドーン!ドーン!

 外からは爆撃を受けているような地響きがする。だけど、ホテルの廊下は不気味なほど静かなものだ。

 705号室の前に、ゾンビが二人突っ立っていた。頭だけを左右に動かしている。

 見張り役だろう。その付近に、何人かの人が食われていた。

 ゾンビの顔がこちらを向く前に、脳みそを撃った。

 続けて、もう一人も撃つ。

 両方とも倒れた。

 ドアノブを捻るが動かない。鍵が掛かっていた。


「ちっ、せっかく着いたのにこれかよ……」


 倒したゾンビの衣服から鍵を探すが、見あたらなかった。

 ドアをガンガン蹴ったり、銃を撃ったりするも、ビクともしない。

 おむすびの封も開けられない不器用な俺だ。ピッキングの技術なんて持っているわけがない。

 どうするか。

 フロントに戻って、マスターキーをもらってくるなんて、自殺行為もいいところだ。

 706号室、707号室と、鍵の閉め忘れはないか順番に確認する。

 710号室のドアがうっすらと開かれていた。

 助かった。

 部屋に入ると、ダブルベッドの上で「ノーミソ、ノーミソ」と唸りながら、ゾンビが仰向けに倒れていた。なんらかで足を潰され、起き上がらなくなったようだ。

 そいつを斬って、動きを止めた。

 カタンという音がした。

 クローゼットからだ。開けると、若い女が隠れていた。

 グラリと頭から倒れていった。

 死んではいない。かすかに身体が震えている。


「大丈夫か?」


 女の目が開かれた。

 真っ白い目だ。


「ノーミ……」


 頭を撃った。彼女が生きていたならヒロインとなって、ベッドシーン付きのラブストーリーが展開していたかもしれないが、ゾンビならば構ってられない。

 窓を静かに開けてベランダに来る。

 イッヤーソンの胴体が真横にあった。ビルをはい上がるキングコングのように、ホテルを登っている。


「あっかさわくーん、どこですか。かくれんぼはおしまいですよ」


 俺が最上階にいると思っているようだ。

 部屋の中に手を突っ込んで、ガラクタ類やゾンビを捕まえていっている。外壁や窓ガラスなどが派手に落ちてくる。


「赤沢くーん、こっちですかな? でてきてください。逃げてばかりじゃつまらないですよ」


 アリの巣をほじくっているかのように、上の階をかき回している。

 今の内だ。

 俺は、奴に気付かれないように慎重になって、ベランダを渡った。

 ありがたいことに705号室は無傷だ。荒らされた跡はない。

 拳銃のグリップでコンコンと窓ガラスを叩く。

 反応なし。

 カーテンが敷いてあるので、中の様子は見えなかった。


「そろそろ、出てきてもいいじゃないですか」


 イッヤーソンが、上階にある部屋を叩き壊すタイミングで、705号室の窓ガラスを割った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料