7・ああ、あなた弟なのね


「誰だ?」

「斬りなさい」


 黒セーラー服の少女はそれしか言わない。目線は、篠崎の方を向けたままだ。


「これはこれは、お姫様じゃありませんか。どうやって捕らわれの城から抜け出したのですかな?」

「闇の世界の小物界の大物イッヤーソン。あなたのクソ最悪なワル知恵に、ちょっとは惚れそうになったわ」

「お美しき姫様が私ごときの小物に惚れるだなんて、大変恐縮であります」

「惚れたのは0・001%ほど。その残りは、殺したい感情でウズウズしているわ。そこの男。イッヤーソンの動きは封じている。その刀で、さっさと首を切りなさい」


 言われたとおりにした。

 篠崎の首が飛んでいった。首から血が噴き出し、胴体は後ろに倒れていく。顔がコロコロと転がっていき、暫くして停止した。

 その目はこちらを向いている。


「赤沢くん、この娘があなたの妹の居場所を知っていますよ、なぜなら……」


 口を動かさず、声が出ていた。


「撃ちなさい。早く」


 奴の言葉を遮って命じた。


「弾切れだ」

「代わりがあるじゃない、ほら」


 篠崎に姫様と呼ばれた少女は、床に落ちている拳銃を足でコツコツと叩く。ゾンビとなったヤクザのコートから落ちたものだろう。


「渡してくれ」

「重いのは持てないの」

「あんたは箸も持てないお姫様なのかい?」

「ええ、今の私には箸だって、鉄球のような重さよ」

「服を着るのも重いだろ。素っ裸になったらどうだい?」

「できればそうしたいけど、男の人の前で裸になってはいけないという知識ぐらいは、私にも持ってるわ」

「誰でも持ってるだろ。最近の若い女は、そうでもないのかねぇ」


 銃を拾った。M1911だった。どっから手に入れたブツなのやら。


「あんたが撃つかい?」

「だから重いのは持てないの。気味悪いから早く殺して」

「お姫様の頼みだ。了解した」


 スライドを後ろに引いて弾を発射させる。

 パン! パン! パン! カチ、カチ……。

 残念。四発目は無かった。

 顔に銃弾の跡ができたが、血は流れていない。足でつついてみる。無反応だ。


「殺したか?」

「中身の人間はね」


 彼女は篠崎の胴体を、首をかしげながら眺めている。


「中身?」

「分からなかった? こいつは肉体を操っていただけ。イッヤーソンが持つ能力よ。本体は、私たちが漫才している間に、さっさと逃げちゃったわ」

「つまりは、篠崎もゾンビだったというわけか。まともに動いていたし、70%とかかね?」

「ゾンビ?」

「こいつらのことだ。それとも別の呼び名があるのか?」


 俺は、銃を携帯しているヤクザのコートをまさぐる。弾を見付けると、空になった弾倉に詰めていく。


「本来は死者を生き返らせる術なの。名称はあるにはあるけど、人間には発せられない言葉よ」

「翻訳すれば?」

「蘇りの奇跡といったところね」

「蘇りったって、ゾンビだろ。嬉しくもねぇな」

「こいつらは失敗作。わざとそうして、人類を滅ぼす兵器として使おうとしているの。一応は主人の言うことを聞いてくれるし、脳みそしか欲しがらないから、人望のないイッヤーソンが、子分を大量生産するのに手っ取り早い方法ね」

「成功したらどうなるんだ?」

「魂が入るわ。体のメンテナンスが必要となるけど、生きている頃と殆ど変わりがなくなる。もちろん、自分の意思を持つし、知能も生前と同じだから、イッヤーソンの命令を聞くこともない。イッヤーソンの目的は兵士の増産。人を生き返らせることじゃないわ」

「そんなの、なんの奴に立つんだ?」

「ゾンビの力がどれだけ強いか、あなたは身をもって経験したんじゃない?」

「馬鹿だし、動きは鈍かったぜ」

「感染し、増殖が可能よ。百や、千もの大軍が襲いかかってきたら、ゾンビとチャンバラしていたあなただって、ひとたまりもないでしょ」

「たしかに、それはやっかいだな」

「質が低ければ低いほど、増殖は簡単にできる。特別なことは必要とせず、人間の体内にゾンビの細菌を入れればいいだけだもの。しかもゾンビは脳みそを求めるから、命令しなくても勝手に襲ってくれる」

「下手すると世界中がゾンビだらけになっちまうな」

「そんなのばっかになったら、イッヤーソンですらコントロールできないでしょうね」

「奴の狙いはなんだ?」

「世界征服なんじゃない?」

「どうなったら世界征服といえるんだ?」

「世界征服って言葉の響きが素敵よね」

「そんな理由か? イッヤーソンの頭の中も、ゾンビ並っぽいな」

「そりゃ、闇の世界では下っ端扱いされていた奴だもの。出世できないのが嫌になり、地上界に逃げてきたのが、優秀のはずがないじゃない」

「んなバケモノの入国を、政府は許可したのか?」

「当然、不法よ」

「姫さん、あんたは?」

「ちゃんと闇世界管理組織の許可を貰っているわ」

「つまり、そういう組織があるんだな」

「ええ、数年前までは厳しく取り締まっていたのだけど、最近はザルね。入り放題よ」

「それでご覧の有様ってわけか」

「予算がなくなってどうしようもなくなったって、ボヤいていたわ」

「んで、その闇の管理組織は、この事態をどうしようというんだ?」

「さあね、会ってないから分からないわ」

「それで」


 俺は弾倉を銃に挿入し、スライドを引いた。


「おまえはだれだ?」


 少女に拳銃を向ける。


「ごく普通の中学生」

「ゾンビの死体を見ても、銃を向けられても、一切動じない中学生のどこがごく普通だ?」

「ごく普通でない中学生」

「なにものなのか聞いているんだ。イッヤーソンってバケモノの仲間か?」

「同じ世界の住民ってだけよ。さっきも言ったけど、私は許可を貰って地上界にいるわ。あんなやつと一緒にしないで」

「篠崎だった奴が死ぬ前に、おまえが妹の居場所を知っていると言っていた。それは本当か?」

「あなたの妹?」

「赤沢澄佳」


 少女の首が傾いた。


「ああ、あなた弟なのね」


 首を戻してから言った。


「俺は兄だ」

「弟よ。まさかそっちが先に舞台に上がってくるとわね、予想外だったわ」

「俺に分かるように説明してくれ。人をゾンビにする能力を持つ化け物イッヤーソンは、妹を探している。妹の居場所は、おまえが知っている。それでいいか?」

「間違いがあるわね。イッヤーソンは、人をゾンビする能力を持ってない」

「じゃあ、なんだ?」

「その方法を知ったのよ。蘇りの奇跡は、素材さえ集めたら、魔法力のない人間だってできることなの」

「どうやる?」

「説明すると長くなるわよ」

「つまり、おまえはその方法を知っているってわけだ」


 少女は何もいわない。俺は引き金に手を付けた。


「イッヤーソンにゾンビを作る方法を教えたのは、あんただな?」


 撃つ仕草。少女は動じない。俺の目を見続けていた。


「……不本意ながら」


 暫くして答えた。

 ビンゴというわけか。

 元凶はこの少女だ。


「澄佳はどこだ? 安全な場所にいるのか? そもそもおまえは何者で、なんの目的があってここに来た? ゾンビが出てきたり、銃が効かない化け物がいたり、現実では考えられないことばかりだ。一体、なにが起こっている?」

「なにも知らないのね。混乱するのも無理はないわ。知りたい? 全てを? いえ、あなたはもう、選択の余地はない。嫌でも知ることとなるでしょうね……」


 少女は数歩あるいて、銃口に自分のあたまを付けた。


「引きなさい」

「なにを言っている?」

「撃ちなさい」

「俺の哲学は、女を傷つけないことだ」

「じゃあ、なぜ銃を向けているの?」

「ただの脅しだ」

「撃っていいの。いいえ、撃ちなさい。それがあなたにとっての、真実の扉を開く鍵だわ。答えを知りたいのなら……」


 少女の両手が、俺の手に触れた。感触がなかった。とても軽い。


「撃ちなさい」


 銃が火を放った。

 少女の姿はなかった。

 その代わりに、ヒラヒラと何かが落ちていった。人の形に切られた白い紙。頭の所には穴が開いていた。

 それを拾った。

 油性マジックのインクのにおいがした。


『神ノ山駅前ホテルアプロディーテ705号室』


 紙にはそう書かれてあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料